鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

テレビで頻繁に報道される新型コロナ肺炎のニュースのおかげで、面会禁止のことも口にしました。バイキン(母はウィルスとは言えず、このような表現をします)って見えないもの。怖いわよね。そうなんよ、だから、ここに居るのは安心なんよ。そう、わかった。アタシ、ここで ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、明日から面会禁止になります。今日は、最後?のイベントである「喫茶山科」いつも、お母様と参加されているご家族と話をしました。その方は、ほぼ、毎日、施設に来られています。母より、少し遅れての入所されました。エントランスでお ...

今日は、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の爪切りをしてきました。ニュースによると、「新型コロナウイルス感染症に関する見解」を政府の専門家会議が24日、まとめた。「これからの1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」だ。それから、すると、4週間、 ...

この頃の母は、面会のときに見ていたテレビの画面に関係したことを、何度も繰り返すようになりました。前回も、アナウンサーの徳さんの路線バスの番組で、多摩川沿いの風景を見て言いました。東京ってこういうところよね。今回は、新型コロナウイルスの話が気になったらしく ...

お兄さんとこぼちゃん(母にとっては次兄)は元気なのかしら。母が、突然にアタクシに聞いてきました。あんねー、ママは95歳なんよ。95歳のお兄さんだと、100歳を越えてるやんか。この世にはおらへんよ。すると、母の目が、まん丸くなりました。まぁ、アタシ、95歳なのぉ!、 ...

このページのトップヘ