鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

アタクシの日雇い仕事の場所のすぐ前には、トイレがありました。仕事の内容から、自由にトイレへ行くわけにはいかず、声を掛けてから席を立つことに。だもんで、トイレットペーパーホルダーの、ガラガラ(ホルダーは金属)という音が響いて聞こえてきました。その音を聞いて ...

今日は、集団リハビリがありました。いつものように、施設のワンコ、文福の散歩を終えて、母の部屋へ。ジュースを飲ませて、それから転倒して強打した右膝にクリームをつけてマッサージ。それをものの、10分で済ませて、母に声を掛けました。さっ、リハビリやから、身支度し ...

鬼娘のアタクシは、施設(特別養護老人ホーム)にいる母との面会時間をなんとか消化させるため集団リハビリを利用しています。施設の一階ホールに集まって、それぞれが、出来ることをしているだけなんですが。この頃の母は一緒に過ごす周囲の人への考慮の欠片もなく、自己チ ...

昨日は、海の日。母の施設(特別養護老人ホーム)へ向かう住宅地の中には、日の丸の旗が玄関先に掲げているところもあり、アタクシは、あれ?何の日だっけと考えてしまいました。アタクシが面会時間短縮の拠り所にしている集団リハビリは、休日のためになし。少々、チグハク ...

昨日から、日雇い仕事に行っております。短期とはいえど、安心して行かれるのも母が施設に入所しているからです。それに母の具合が悪くても、しばらく様子をみてくれてから、アタクシに連絡が入るので。仕事の内容はコンプライアンス遵守のためにここに書くことは控えます。 ...

このページのトップヘ