鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

来る9日に、母の施設(特別養護老人ホーム)でお隣のユニットと合同で、夏祭りをするという連絡を頂きました。浴衣があれば、送って下さいとのことで、母が自分の死装束として作った浴衣があるので、それを持っていくことに。明日、施設に届けるものがあるので、ついでに浴衣 ...

今日は、8月2日。母のすぐ上の姉、伯母の祥月命日でもあります。母の兄弟は、兄が二人、姉が二人の5人兄弟。それぞれの連れ合いを勘定すると、8人の伯父伯母、そして、義理の伯父伯母と・・・。それぞれのご命日なんぞは、覚えておりません。しかし、すぐ上の伯母だけは、強 ...

今日は、朝からいいお天気でした。関東地方も、やっと梅雨明け宣言が出ました。シーツを洗い、ベランダに布団を干すというだけで、汗をかく。日差しが強く、ああ、夏だなと思いました。そんな中、崖下の老人施設をみると、車が駐車スペースに入ってきました。子供を連れた夫 ...

昨日の夕方、打ち合わせをしていた店でスマホが鳴りました。見ると、母の施設から。立て続けの電話で、ありゃ、どないしたん?また、熱でも出たかいなと、同席していた方々にお断りして、その場で出ました。今度、お隣のユニットと夏祭りを一緒に開催する予定なんですが。あ ...

毎朝、お茶を入れ、父の写真の前に置き祈る、いや、願うこと。母が穏やかに生活して、最期も穏やかであって欲しい。そして、母方の祖父母には、コロナを乗り切り、長生きできるようにと。思えば、願うというか祈るというか、内容が在宅介護中とは、大きく変わってきています ...

このページのトップヘ