鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

本日は母のことではなく、アタクシのことにお付き合い下さいませ。この5月で、兄が会社を退職し、非常勤となりました。兄に給与が出ていた間は、母の施設利用料を全額負担して貰い、母の年金は、アタクシが生活費として使っておりました。しかし、兄もこれから年金生活。今ま ...

母のユニットのお隣のユニットに居るヨシコさん。3年前、母が入所(特別養護老人ホーム)に入所したときは、ヨシコさんは、常にニコニコ笑っていました。当時も、笑うだけで、お話が出来ませんでした。しかし、「こんにちは。」と声を掛けると、アタクシの顔を見てニッコリ笑 ...

月曜日の今日は、集団リハビリのある日。施設(特別養護老人ホーム)に居る母には、なるべく、ユニットの外に出すことと他人様と会話をして、脳の活性化になればとアタクシも一緒に参加しています。リハビリなんか、したくないわ。まあ、そう言わんで、いこやないの。集団リ ...

昨日の土曜日は、集団リハビリもお休み。さてと、母と過ごす時間をどうやって潰すかと考えました。そろそろ、爪切りのころ。前回から2週間経っていますから。今回は、足の爪切りも。夕食の配膳が始まる時間から、爪切りにかかる時間を引いて、それまでの30分ほど、テレビに頼 ...

その日、アタクシが母の施設(特別養護老人ホーム)に到着したのは、午後5時のこと。計画では、午後4時からの集団リハビリに参加するつもりでした。そのためにお泊りグッズの中に母の運針用のお針箱を入れておりました。しかし、後で聞くと、作業療法士さんが風邪を引いたと ...

このページのトップヘ