鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

トイレットペーパーが少なくなったとき、母と同じようなことをやっているアタクシがいました。と、書き出したのですが、ふと、違うことを思い出しました。トイレが間に合わない母が、リハビリパンツを勧めても、嫌がっていた時期がありました。それじゃあ、尿取りパットはど ...

先日のことでございます。午後7時過ぎにピンポンが鳴りました。こんな時間に?、宅配便?ドアを開けてみると、警官でした。まさか、ニセ者? 一応、疑ってみました。制服は確かに神奈川県警という文字があるし、御用向きを聞いてみました。A4版の巡回連絡カードという書類を ...

「認知症は100人いれば、100通り。2人と同じケースはない」最期まで一人暮らしができる人とは?認知症であってもひとり暮らしができる人には、いくつか共通点があるという。Webで婦人公論.jpのこの一文を見て、興味を持ちました。独居ができる人に共通するポイントは?長年、 ...

今年の桜は例年よりも早く咲いたと思ったら、あっという間に葉桜になってしまいました。桜に続き八重桜が咲いたと思えば、つつじが咲いています。さらに、ベランダから見える崖にある畑には、藤棚があり、その藤が咲いています。そんな暖かいというか、初夏のような春先でし ...

全国初、パンパースが店頭で使用済み「おむつ」を回収P&Gジャパンが展開するおむつブランド「パンパース」は4月6日、全国で初めて店舗で参加できる「おむつ回収プロジェクト」を開始することを発表した。使用済みのオムツを回収するなんて、あり得ることだと思いました。ほん ...

このページのトップヘ