鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

今日は、新年になってお墓まいりに行っていなかったので、義姉の祥月命日でもあり出掛けました。外出する際、返礼の年賀状を投函するつもりで用意をしました。それと必需品の老眼も。ところが、駅に向かう途中で、年賀状を置いてきたことに気が付き、電車に乗って、スマホを ...

アタクシの友人のうち、二人は膵臓に嚢胞があります。そのうちの一人、クラスメイトからお昼に電話があり、一昨日にエコーを受けてきたけれど、何もないと言われたそうです。彼女の嚢胞は、3年ほど経っています。3ヶ月に一度、エコーを受け、半年に一度、血液検査をして経過 ...

母は、特別養護老人ホームにお世話になっていて今は、コロナ禍で面会禁止。世の中は、緊急事態宣言が関東、一都三県に1月8日から2月7日まで発出されるという。世間的に高齢者である65歳のアタクシは、不要不急の外出はしない予定です。ま、ネットサーフィンでも、って、この ...

認知症という病気は、それぞれによって違います。脳細胞が、性格が、環境が、と人それぞれ。寿命もまた、さまざまな研究結果があり発症してまもなくという人もいれば、母のようにすでに10年を過ぎた場合もあります。思えば、これはヘンだと感じてから、挙動不審な行動や、中 ...

今年も、母の施設(特別養護老人ホーム)ではお節料理が出たとブログに載っていました。母が入所してから、施設側のご好意で家族と一緒にお料理を頂く機会がありました。その時も、母は、言っていました。ここはお料理が美味しいのよ。ほんと、美味しかったです。昨夜、新年 ...

このページのトップヘ