鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

火曜日の今日は母の施設(特別養護老人ホーム)での喫茶イベント。アタクシはコーヒーか紅茶を入所者さんに、お出しするボランティアをやっています。一階ホールへ入ってみると、会議室用の机の配置がいつもと違っていました。会場設定する職員さんが、間違えた?そうではな ...

三浦半島を掠めて、千葉に上陸した台風15号。今回の台風は、北風の強く、南に向いているベランダは、さほどの風雨を感じずに過ごしておりました。しかし、どこかで、ドアを閉め忘れたようなパタンパタンという音。隙間から見てみるものの、わかりませんでした。パソコンには ...

突然に・・・。介護に関しては、殆どの事例が「突然に」で始まることが多かったと思うし、これからも多いのだろうと推測します。施設(特別養護老人ホーム)に居る母は、現在、立ち上がることは出来ても、歩行は出来ないという状態です。しかし、まだ、内容的にはよくわから ...

みっちゃん様は、今度のお誕生日で95歳ですよね?この頃のみっちゃん様は、以前のように長時間、リビングで新聞を読むなどということが出来てないんですよ。逆に、寝てしまわれることが多くなりました。今日、施設(特別養護老人ホーム)へ面会に行ったとき、ユニットリーダ ...

昨日、施設(特別養護老人ホーム)の母との面会でのことでした。左大腿骨を骨折後、すぐにリハビリが出来ず、そのまま、車椅子生活に。もともと、変形性膝関節炎で歩行困難だったこともあり、在宅介護中も昼間はベットの中におりました。入所後に、転倒し、右膝を強打。立ち ...

このページのトップヘ