鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

今日の午後02時05分、息を引き取られたナナちゃんのお母さん。特別養護老人ホームへ母より、数ヶ月前に、飼っていたキャバリアのナナちゃんを連れて入所された方でした。最近、食べられなくなって、お水のゼリーを飲んでおられました。そのときは、まだ、お元気でリビングに ...

昨日の日曜日は、特別養護老人ホームに居る母の面会に。午後4時からの集団リハビリのない土曜と日曜のいずれかに母の爪切りをしています。大体、2週間に一度。昨日はその日でした。母の爪切りは、13年前くらいに認知症を発症し、自分で切ることが出来なくなってから、ずっと ...

アタシはいつ、帰れるの?施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行く度に、今、なお、開口一番、言われます。ところが、そうは言うものの、そうやねえ。心臓が悪いやろ。その上、骨折して、もう、歩けへんねんよ。アタクシは、容赦なく、歩けないと言うようになりまし ...

11月14日、母がこの施設(特別養護老人ホーム)に入所した日。この頃のアタクシ、母に負けず劣らずの記憶がいま一つ。もう、5年位は経ったのかもと調べてみたら・・・2016年の11月でした。母より数ヶ月早く、愛犬のナナちゃんを連れて入所されたSさん。シャイなナナちゃんは ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、作業療法士さんのもとで、週に3日から4日、1時間集団リハビリと称して、希望者が集まっています。それぞれが、塗り絵、編み物など、出来ることをやっています。ほとんどが、認知症の症状がありますが、中にはしっかりとしておられる方 ...

このページのトップヘ