鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

一昨日、施設(特別養護老人ホーム)の母の面会時、居室の点けっぱなしのテレビが、「豊さんと憲武ちゃん!旅する相棒 思い出の神戸編」(テレビ朝日)でした。アタクシの父は、土木技師で、高度成長期の頃は、山深いダム工事が多く、引越しも数回ありました。しかし、その後 ...

母の居る施設(特別養護老人ホーム)へ行った昨日のことでございました。居室の流れっぱなしのテレビは、「豊さんと憲武ちゃん!旅する相棒 思い出の神戸編」(テレビ朝日)でした。母は、食事をするとき以外は、ベットで足を伸ばしたほうがよいと、お昼寝からそのままでおり ...

アタシも一緒に帰るからねっ!今日の面会の帰り際は、母に見つかってしまいました。見つかったというか、母の隣に座っていた、ミック君のお母さんが、帰るアタクシに気が付いて、母を突っついたからなんですが。まだね、部屋の片づけが終わっていないから。すると、スタッフ ...

東京の実家を処分した際に、お仏壇を兄に引き取って貰いました。在宅介護中は、毎朝、お水とお茶を供えて、チン!とおりんを鳴らし、手を合わせてお願いしていました。早く、お迎えに来て下さい。今は、というと、父の写真と下の兄と二人の義姉の写真を前に、お茶を供えてお ...

連休中の母の施設(特別養護老人ホーム)は、面会にくる家族が増えるわけでもなく、常連の顔ぶれのみ。いつもと同じ雰囲気が流れています。集団リハビリもなく、犬の文福の散歩を終えて、母の部屋へ行くと、小一時間の面会になります。そのときに流れているテレビの内容から ...

このページのトップヘ