鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

あら、先生、ありがとう。へっ?!、アタクシにも、とうとうその時がきたかと思いました。昨日のミカン狩りの帰りに、マイクロバスの中でも、一心不乱的にミカンを食べていた母。やがて、食べ終えて、膝の上においたミカンをどこへやろうかと思っているのがわかりました。そ ...

今日の午前中は、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットイベントのミカン狩りへ。昨日も「明日はミカン狩りに行く」と言ったところ、まあ、ミカン狩り?!、楽しみだわ。と喜んでいました。午前10時過ぎに母の部屋を訪ねてみると、うとうとしていたらしく、少々、寝ぼけ ...

昨日と今日の2日間、アタクシは故意に面会に行きませんでした。いつものアタクシなら、一日おきにと考え、昨日の土曜日を休んだとしたら、今日は行くという行動パターンなんです。何故、行かなかったかは、その理由を別に、分けてお話しようと思います。昨日は、友人に話を聞 ...

初めて入る病院の、会計を待つ待合は、朝、9時半だというのに、すでに超満員、それも、殆どがお年寄りばかり。総合受付で、内科の初診申し込みを済ませて、待合に行くと、これまた、息子、娘が同行し、順番を待っている老夫婦が多い。アタクシの隣にも、父親を連れた男性がい ...

面会から帰ってきて、洗濯機の母の物を一つ一つ、確認しながら放り込んでいました。一応、施設(特別養護老人ホーム)のスタッフさんは、ズボンのポケットのティッシュを出して下さってはいます。しかし、パジャマのポケットに小さく畳まれたちり紙が入っていることがありま ...

このページのトップヘ