鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

今日は、施設(特別養護老人ホーム)へ母の洗濯物を取りに行ってきました。施設の桜が咲いていました。桜の季節になったけれど、認知症の母には、ほら、桜の花が、と言われなければ、全くわからず。認知症になってからは、外出するのは通院のみ。車に乗って、桜を見に行かへ ...

ときどき、銭湯に行っています。アパートのバスタブが深めなもので、お湯を溜めるのが大変。特に、冬は、銭湯に行ってしまうほうが簡単。昨日は、母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を届けて、荷物もなし。そういうときは、山の上のアパートに帰ると出て行くのが億劫に ...

今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を届けました。それから、猫の佑介君へ焼いたササミを渡す日でもありました。施設のブログで、佑介君が「たまにはササミが食べたい。」とアニマルコミュニケーターを通じて、お母さんに訴えたとのこと。アネラさんがいらっし ...

或る朝のテレビニュースで、大阪に住む一人暮らしのお婆さんのインタビューの答えに、古き良き時代を感じました。外出はされないんですか?という質問に対し、不要不急の外出はお控えください、なんて言われると、行かんとこ、と思いますよ。だって、コロナウイルスにかかる ...

横須賀市内でも、新型コロナ肺炎に感染した人がいると発表がありました。それまでの横須賀市のホームページ上での、市長のメッセージの中には、まだ、感染者が誰もいないと書かれていました。学校が休校になり、バスの中は、私服姿の学生達が増え、横須賀中央駅の繁華街の辺 ...

このページのトップヘ