鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

昨夜は、早い時間からパソコンの前で寝落ち。こういう状態に陥っても、夜中からシャンとして、ブログを書く?ことが出来るのですが、その力も出ませんでした。疲れること、何かやったっけか・・・。いつもの時間に施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会へ。犬の文福の散 ...

君の認知症研究は君自身が認知症になって初めて完成する認知症の判断に欠かせない、長谷川式スケールを開発し、「痴呆」と言われた現象を「認知症」という病気の名前に変えてしまった長谷川先生。先輩医師が言った言葉をそのまま、自ら認知症を公表して、NHKスペシャルで2年 ...

今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)の餅つき大会の日でした。ボランティアとして、お手伝いをしました。つきたてのお餅を千切って、餡子、黄な粉、大根おろし、だだちゃ豆餡、海苔の5種類をからめていく。ただ、それだけなんですが。小さめに千切るのですが、実際に、母 ...

運針なんか、アタシ、やらないわよ。集団リハビリに連れ出して、テーブルの前に座らせ、一昨日の続きを広げるとそれを見て母が言いました。はいはい、いつもの一言ですから、無視。猫の祐介君のお母さんがいつものように、クスッと反応してくれる。始点に針を通して、はい、 ...

昨日の火曜日は、母の施設(特別養護老人ホーム)では、「喫茶 山科」と称して、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーや紅茶をお出ししています。食料品店、パン屋さん、ヤクルトと出店もあり、お買い物気分でご本人が選べるようになっています。ちゃんと、コーヒーが飲みたい ...

このページのトップヘ