鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

あんずさん、そんなお時間はないと思いますよ。母の施設(特別養護老人ホーム)では、面会が再開される予定です。ただし、電話で予約を入れなければなりません。アタクシは、母のオールシーズンの衣類を入れるチェストを持ち込むことを考えました。一家族2名。それでも、兄に ...

今日の郵便の中に、母の施設(特別養護老人ホーム)からのハガキがありました。面会再開のお知らせ、でした。6月22日から、一応、7月19日までの期間。完全予約制で、1ユニットに1組のみ。時間は10分。で、アタクシ、考えてしまいました。6月28日からは、東京でバイトの予定。 ...

テレビを何気になく見ていたところ、落語家の立川志らく師匠によく似た、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授の紹介に、思わず、賛同しました。危険なことわからんやつはとっとと感染しちまえ。そんな“過激”な注意喚起のツイートが、話題を呼んだことで有 ...

昨日の土曜日は、月末に始まるバイトの研修がありました。研修日を決めるに際して、以前、一緒にバイトをした方と打ち合わせて、同日同時刻にしました。研修があると通知がきたのは、2週間以上も前。希望通りになったということで、アタクシの頭の中からは、研修のことはスッ ...

母を施設(特別養護老人ホーム)に入所させたとき、まさかこんな状況の時代になるとは、全く、思いもしませんでした。だから、面会の度にいつ、アタシ、退院できるの?と言われたくないがためにと、頻繁に母のところへ行っていたのに。新型コロナウイルス、京大の山中伸弥教 ...

このページのトップヘ