鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

我が家は、私道を挟み、4軒の家がそれぞれ、向かい合ったコの字型に建っています。8軒の家で一つのコミュニティのような集合体です。そのうち、公道に面した家が今まで空家だったのですが、今日、新しい住人が引っ越して来られました。夕方、その方が引っ越しの挨拶に見え ...

認知症を発症してからというもの、「物への執着」がひどくなったと存じます。亡くなった父と父方の祖父母との関係はあまり良好ではありませんでした。祖母は祖父の後妻、つまり、父からすれば義母。母が祖母のところへ出入りすることには、反対はしませんでしたが、祖母が我 ...

大学と一般企業が共同で、開発製品化したものがありますね。 株式会社ユーグレナミドリムシ(緑虫)を原料とした製品は、東京大学発。 ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。(引用元; ...

区から給付される介護用品もこの4月1日から点数が変更になります。今は、なんでもなく履いてくれる紙パンツ。そこに至るまでも、闘いだったっけ。体調が崩れると下の感覚もダメになるようで、日に何回も下着を取り換え、買い足しをしました。パットがついたパンツに尿取りパ ...

やっと、上あごの痛みや、口内のざらつきを訴えなくなりました。というか、上あごに、イボがあったこと、それが痛みを伴ったこと、年始早々に、レーザーで焼いて除去したこと、全ては、忘却の彼方。次に、母が見つけたことは、乳房のしこり。入浴のたびに、ねえ、ここ、こん ...

このページのトップヘ