鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

母の部屋の雨戸を開けると、開口一番、母がいうことは、今日はどこにも行かない?あるいは、誰か来るの?ついつい、イジワルな鬼娘は、今日は誰も、来ないけど、明日はマッサージの日や。とわざと言います。母は結婚前、幼稚園の教諭をしていました。昔の後輩の先生方に聞い ...

時が経つのは早いものでございます。先日、髪をシャンプーしたくないと抵抗していた母を、無理やり洗って、はや一週間。またもや廻ってきたデイケア前日。しかし・・・・修理に出した上の義歯が、出来上がってくるのが6月20日。入れ歯がないのに、行けって言うの!と外見を気 ...

“あなた、2億円返してくれる? 持ち出したわよね!”兄は義母から突然に、電話で言ってきたとき、おかしいと思いつつも腹立たしくもあったと申しておりました。認知症の初期には、「物盗られ妄想」があり、事実ではなくても、「盗った」という言動がございます。現実が正し ...

ありがとう、悪いわね。これが、現在の母の口癖でございます。先日の在宅訪問マッサージのときも、施術の方が、少し肩を触っただけで申しました。「ありがとう」という言葉。口からスラスラと出てきませんが、母の場合簡単に言うのです。その「ありがとう」はやめて欲しいか ...

ねえ、お昼ご飯はどうなってるの?階下から、少々、尖がった母の声がしました。昨日のことでございました。日曜日でございましたでしょ。アタクシは二度寝、三度寝をしてしまったがために、母に朝食を出したのが、11時近くになってしまいました。正午にお昼にするには、ちょ ...

このページのトップヘ