鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

筋道を立てて論理的なお話ができないというアタクシの悪いクセ。ま、才能がないっつーことですけど。お伝えしたいことは、「若年介護者」というジャンルの方々がとても多く、彼らに対する支援が殆どなされていないこと。介護真っ最中のアタクシも、そこまで、気が廻りません ...

アタクシの年代ともなると、連絡を取り合う最初の挨拶は、「どう?お母様(またはお父様)お元気?」友人、知人の誰かしらは、親(自分の両親にパートナーの両親を含む)の介護しています。その一人に、お母様が悪性リンパ腫を発症し、もう長くはないと言われたのが、ステロ ...

母は、就寝するときは、パジャマのズボンを履きません。ズボンのゴムと、布団の中では足にまつわりつくようで鬱陶しいのだそうです。トイレへひざ掛けやバスタオルを腰に巻いて行っています。しかし、尿意があって、危機一髪というとき悪いわねと言ってそのままで、行く場合 ...

夜中のトイレ徘徊。アタクシが、1時間置きにトイレに起きる母のことを揶揄した言葉でございます。細胞も内蔵も、老化するのですから、身体の機能が衰えていくのは、仕方のないのこと。膀胱炎の検査をしましたが、菌は病気になるほどないと言われました。膀胱の機能低下で、ど ...

NHK連続テレビ小説「花子とアン」大ベストセラー「赤毛のアン」の翻訳をした村岡花子氏の生涯を、孫である村岡理恵氏が書いた「アンのゆりかご」が原案です。 連続テレビ小説と称されるだけに、ついつい毎朝見てしまいます。結果が知りたいと思うこともございますしね。毎朝 ...

このページのトップヘ