鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

施設(特別養護老人ホーム)でも、昨日からお正月休みが終わり、日常が戻ってきました。とは言っても、認知症である母達には、年末年始とは関係なく、時間は淡々と過ぎているんですが。集団リハビリに連れ出し、ホールの入り口に「賀正」と貼られた紙を見て、母が申しました ...

午前中、アタクシは横須賀中央にある、総合病院の耳鼻科へ受診しました。数回、行っていますが、行く度に思うのは、高齢者、それも、付き添いが必要なご老人が多いということ。隣に座ったお爺さんは、ヘルパーさんと来院しているようなのですが、明後日も来るのだと話してい ...

お熱が出るということはないのですが、咳をされるとクッタリとされてしまうもので。朝はリビングで召し上がって頂いたのですが、昼食は、お部屋にしました。今日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会へ行きました。確かに、ゲホッとした咳をして、痰が出るようですが ...

施設(特別養護老人ホーム)の母の部屋は、ユニットの一番端にあります。そのため、夕方5時に母をリビングに連れ出し、さぁ、帰ろうとすると、今までは、母から、見つかってしまう可能性が多ございました。しかし、席替えがあり、母は通路に対して、背を向ける場所になり、サ ...

今日の母は、パジャマではなく、ちゃんと洋服に着替えて、ベットの中にいました。おやつには、昨日と同じみかんゼリーを。甘酸っぱいけれど、美味しいわ。みかんなんて、久しぶり。おっかさん、昨日もみかんゼリーだったんよ。この頃のアタクシは、黙って頷くだけになりまし ...

このページのトップヘ