鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

神奈川県内では10日、新型コロナウイルスへの新たな感染者数はゼロ。新聞によると2日ぶりだそうです。母の施設(特別養護老人ホーム)のブログによると、緊急事態宣言が解除されているけれど、福祉施設の感染防止指針がまだ出されているので、このまま、面会制限を続けるそう ...

猫好きが高じて、捨て猫や怪我をした猫など、放っておけなかった友人がいます。彼女に助けられた猫たちも、年を取り、一匹、また、一匹と虹の橋へ逝ってしまい、先日、とうとう、最後の子が・・・。悲しくて、悲しくて、ここ3日間抱いて寝てた。えっ、3日間もそのままやった ...

アタクシは、上に二人の兄がいての3人兄弟の末っ子。母は、二人の兄に、二人の姉の5人兄弟の末っ子。子供の頃、二人の姉がいる母がとても羨ましく感じていました。示し合わせて、旅行に出るのも三姉妹でしたし、困ったこと、悩んでいること、あれば、すぐ上の姉である伯母と ...

アタクシが住んでいる、ここ衣笠のアパートの眼下には、規模の大きな介護施設があります。衣笠駅から歩いて帰宅する際は、この施設内を通らせて貰い、端にある100段近い石段を使うとアパートの横にたどり着きます。夜中、ベランダから下を見ると、事務室の電気がいつも、点い ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の名前に「山科」という地名が使われています。母はその「山科」に反応します。亡き父が、勤めていた土木会社の現場が京都の山科にあったためです。正面玄関のマットに施設の名前があるのに気がつき、まあ、ここは山科なの?パパも来たことが ...

このページのトップヘ