鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

昨日の平成最後の日には、母は、今日は、時代が終わるのよね。おっかさん、ようわかってるやんか。と思えば、そうでもございませんでした。アタクシが、よっこらせと母のベットの横に椅子を置いて座ったとたんに、アタシは、今日はどうするの?帰りたいと言いたいけれど、母 ...

平成最後の日とは言え、母との面会はいつもと変わらず。帰りも、いつものスタコラサッサ。ユニットの出入り口で、母の大きな声が聞こえました。今日は、時代が終わるのよね。いつもと少し違い、犬の文福のお散歩が雨のために、短くなり、時間がいつもの30分ではなく、1時間だ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットのスタッフリーダーさんはアタクシが帰るときは、出入り口まで送ってくれます。そのとき、母の日頃の様子をお話してくれます。或るとき、スタッフリーダーさんから聞かれました。みっちゃんさんは、昔から声が大きかったのですか? ...

認知症遺伝子リスク検査を受けてみませんか?こんな治験のお知らせのメールが、目に留まりました。母が認知症なんだから、発病の可能性は大有りなんですが。この検査は、アルツハイマー型認知症の発症リスクを調べるもので、将来の発症の有無を判定するものではないと述べら ...

この間ね、認知症遺伝子リスク検査っていうのを受けてきたんよ。認知症の母に、認知症の話はどうかなと思ったのですが。認知症って、頭のあれ?母はそう言って、自分の頭を指差しました。「アタシは、トンチンカンだから。」とか、「アタシは、頭が悪いから。」とよく自ら、 ...

このページのトップヘ