鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行くたびに言われることは、どうして、ここに居るの?とか、いつまで居なきゃいけないの?心臓が悪いから、医師が常駐していないとね、アカンねんよ。母の「アタシは心臓がよくない」という思いに付け込むのです。実際、狭心症に ...

さて、佑介君のお母さんに相談することですが。佑介君のお母さんは、ご自身の身体に不自由さを感じ、自ら、この施設(特別養護老人ホーム)へ入居を決められたそうです。施設を決めるポイントが、猫の佑介君と一緒に暮らせること。当時はそういう施設がなく、あきらめていた ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会は、基本、一日おきに。面会に行く理由の中には、集団リハビリへの参加と母のユニットいるワンコの散歩があります。犬の散歩は、ご近所の方がボランティアで連れ出してくれるので、アタクシはその穴埋めをやっております。火曜日の今 ...

アタシ、こんな生活、嫌なのよ。前日の菖蒲園での、嬉しそうな顔とは違う、少し目を吊り上げて、ムカついている風な母。おっかさん、アータが望むのは、娘のあたしと一緒に暮らすことやろ?10年間、あたしにかしづかれてきて、それが当たり前になってしまったんよね。母は認 ...

はとバスのコースにもある横須賀市衣笠の菖蒲園。東京ドームより2割程小さい広さですが、今の時期は菖蒲のほかにも紫陽花も楽しめます。今日は、母の施設(特別養護老人ホーム)の犬のユニットの菖蒲園散策の日。今、アタクシが住んでいるところから近く、現地集合で解散とい ...

このページのトップヘ