鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

お母様は、まだ、咳が出るのと痰が絡むので、まだ、お部屋でお食事を取って頂いています。2日の今日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会へ行きました。ユニットの入り口で、スタッフさんから言われました。あらら、まだ、風邪が治ったとは言えないんや。母はパジャマ ...

2020年が始まりました。今年もよろしくお願い申し上げます。年末年始と言っても、アタクシには、いつもと変わらぬ晦日に朔日でした。あ、一つ、お正月らしいことをしたのは、お昼にお雑煮を作って食べたこと。元々、元旦は面会に行かない予定をしていました。何故なら、テレ ...

今日の母は…。まだ、咳は出るものの、熱はなく、食欲もあり元気でございました。おやつに、みかん半分とプリンを食べ、ご機嫌さんだったのですが…。それは、もうじき、夕食というとき、突然に始まりました。いつもならば、ベットで布団を被っている母を着替えさせて、リビ ...

母が風邪を引きました。先週の26日はいつもの通りでした。翌日27日はアタクシは、胃カメラの検査で母の施設(特別養護老人ホーム)に行かずでした。28日、兄と面会に行ったときは、咳込みもあり、鼻がグジュグジュ状態でした。その夜、38Cの熱が出たと、昨日、行ったときに知 ...

昨日は、お昼少し前、兄と一緒に面会に。母はいつもと同じように、自室のベットで横になっていました。9月初めに会ったときは、兄とわからず、先生と呼びました。なんだよ、おふくろ、〇郎!忘れたぁ?と、兄から言われてしまい、最後まで、母はわかったふりをしていました ...

このページのトップヘ