鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2019年07月

(先日、あまりの猛暑で、母の集団リハビリのあとで散歩に連れて行くつもりでした。散歩、まだなの?と言いだげな文福です。)母の居る施設(特別養護老人ホーム)は飼っている犬や猫を連れて一緒に入所出来るユニットがあります。1ユニットが10人単位で、犬のユニットと猫の ...

平年より8日ほど遅いという関東の梅雨明け。昨年と比べれば、1ヶ月も遅いとか。梅雨の間は、日照がなく、寒い毎日でした。ところが、梅雨明けした途端の猛暑。施設(特別養護老人ホーム)の中は、もちろん、冷房が効いていますから、心地よい。いつもは、午後3時頃、母のユニ ...

特別養護老人ホームに居る母との面会を終えて、最寄のバス停へ行くと、毎週火曜日に施設で、行うイベントのボランティアを一緒にやっている方と偶然、お会いしました。彼女は、衣笠十字路で女子会をするためにバスを待っていたとのこと。彼女のお母様は、母の施設のショート ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会。入所当初は、じゃあ、帰るからというと、アタシも一緒に帰る!とか、なんで、アタシはこんなところに居るの!と言われて、辛く思うことが多かった・・・。認知症の母の症状の進行は、カメの速度。短期記憶力が衰えてきたのは、最 ...

今日も、昨日もですが、母の面会へは行かずに友人とレンチャンランチでした。二人とも、介護は終了し、それぞれの生活をしています。一人は二人目の孫が生まれて、そのお世話で、息子夫婦の住む関西地区へ月に三回は出かける忙しさ。彼女は、先にお母様、続いてお父様とそれ ...
| 鬼娘

このページのトップヘ