鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2019年09月

先日、夜勤担当のスタッフさんと立ち話をしました。洗濯物を家で洗っておられるんですね。母の居る施設(特別養護老人ホーム)では、専用の洗濯室があり、頼むと手洗いもしてくれています。洗濯物を家に持って帰る理由には、二つあります。一つは、施設の洗濯だと綿100%だと ...

今朝、甥のお嫁さんから、母への贈り物が届きました。今日は、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行く予定だったので、持って行くことにしました。包装紙を剥がしかけて、このまま持って行き、母自身に開けて貰おうと考えました。「敬寿」という熨斗紙をみて、敬寿 ...

泣かれてしまいました。これも、食事を美味しいという母の瞬間の気持ちの持ちようと変わりないことであるともわかりました。昨日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行った際のことです。言わない日はないほど、母が申すことです。アタシは、いつ、帰れるの?こう ...

テレビの天気予報で、「この連休の~」という言葉で、ああ、15日の敬老の日と翌日の振替なんねとわかりました。いやいや、現在、15日は普通の日曜日で、9月の第3月曜日が敬老の日だそうで。「敬老の日」の由来は諸説あるものの、593年9月15日に聖徳太子が身寄りのない老人の ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会と文福の散歩を終えると、スタッフさんには、次に来る日を告げて帰ります。木曜日に来ます。そう、言って昨日、ユニットを出ました。今日は水曜日。先週から予約してあった歯科へ行き、そのまま横須賀中央にある銀行へ。猛暑でした ...

このページのトップヘ