鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

2019年10月

だから、なんなん!そんなにいいなら、どうして着なかったん!!昨日は、2日振りに母の施設(特別養護老人ホーム)へ行きました。その日、アタクシは母のために昨年買ったユニクロのコーラルピンク色のカーディガンを着ていました。母の好きな色は、藤色と紫。でも、たまには ...

今日は、母の介護について、ではなく、アタクシ個人のお話です。6日前頃から、背中のウエストあたりに湿疹が出来ていました。最初は、痒みもなく、ウエストあたりですから下着やズボンのスレかもと思っていました。そのうち、その湿疹ではなく、脇腹近くにチリチリと痛みが走 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)に着いた時は午後7時近くになっていました。外から見ても、母の部屋はともかくリビング以外の部屋はすべて、暗かった。夜が早いと聞いていたけれども、こんなに早いとは・・・。今日、明日と母の面会はお休みとしてました。本来、火曜日は施設 ...

ねえ、アタシはいつまで、ここに居るの?面会の度に言っていたのが、ここしばらく、音沙汰なし状態。アタクシは、内心、ほっとしておりました。ところが、今日、母のところへ行くと、また、言い出しました。いつもの、同じ回答を母にしました。心臓が悪いんよ。24時間の見守 ...

午後5時過ぎになると、母が居る施設(特別養護老人ホーム)のユニットでは、夕食の配膳の用意が始まります。今日のように、日曜日だと集団リハビリもなく、母のところへは、午後4時を過ぎたころに顔を出します。そして、5時近くに母をベットから起こして、車椅子に乗せ、部屋 ...

このページのトップヘ