鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

2020年02月

この頃の母は、面会のときに見ていたテレビの画面に関係したことを、何度も繰り返すようになりました。前回も、アナウンサーの徳さんの路線バスの番組で、多摩川沿いの風景を見て言いました。東京ってこういうところよね。今回は、新型コロナウイルスの話が気になったらしく ...

お兄さんとこぼちゃん(母にとっては次兄)は元気なのかしら。母が、突然にアタクシに聞いてきました。あんねー、ママは95歳なんよ。95歳のお兄さんだと、100歳を越えてるやんか。この世にはおらへんよ。すると、母の目が、まん丸くなりました。まぁ、アタシ、95歳なのぉ!、 ...

集団リハビリを終えてユニットに戻り、廊下でスタッフさんに車椅子を押して貰うと、母は、アタクシが面会に来たことを忘れてしまいます。帰る支度をしているときに、ベランダへ出るガラス戸のところに、眼鏡を置いてきたことを思い出しました。その場所は、母の視線の先。ウ ...

とうとう、母の施設(特別養護老人ホーム)も来週水曜日からコロナウイルスのため、面会謝絶になることに。期限は?と聞いてみると、わからないという。そりゃ、そうだ。終息宣言が出るまでとは、言われました。昨年もインフルエンザの患者が施設内に出たことで、面会謝絶に ...

集団リハビリを終えて、一階のホールからユニットに戻る途中で、母が言いました。アタシの今日の予定は?母が今日の予定は?と聞くのは、これから、家に帰ろうねという答えを期待するからだと思います。また、この問い、もういい加減してやと、腹立たしさが少しと、帰ること ...

このページのトップヘ