鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

2020年07月

お母さん、どう?、元気なの?知人から、そう言われても、アタクシはどう答えればよいのかわかりません。6月末に面会したときは、とても元気だった、施設(特別養護老人ホーム)から電話がない、だから、母は元気で過ごしていると判断しています。だから、どうなの?って聞か ...

母の施設(特別養護老人ホーム)が、再度、面会禁止となりました。折角、2回目の完全予約制による10分間の面会という話になっていましたのに。神奈川県独自の「神奈川警戒アラート」が発動されたからです。新たな感染者数が、直前の1週間の平均で1日当たり33人以上となった場 ...

コロナ禍で以前のように、頻繁に施設(特別養護老人ホーム)に面会に行くこともなく、認知症の母の日頃はどうなのかはわかりません。6月末の10分間の面会では、一緒に行った兄を、比較的早めに理解出来ていました。アタクシは、衣類の入れ替えなどをしながら母と話をしました ...

GoToトラベルは、東京都在住の方は利用することが出来ないと、摩訶不思議なことになっております。旅行ねえ・・・。在宅介護だった10年と少しの間は、旅行へ出ることは全くなかったのです。だからでしょうか、母が施設に入所しても、気軽に旅行に出ることはありませんでした ...

母の施設(特別養護老人ホーム)から毎月届く請求書とお知らせの中に、面会再開の継続がありました。以前の面会再開はステップ1として10分間のみ。その次のステップ2は、その後のコロナ禍の状態をみて、感染者が少なくなっていたら、30分間とするとなっていました。お知ら ...

このページのトップヘ