鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

2020年12月

長谷川先生の本からです。老いることは生きることである、生きることは老いること。それは「独自性」があり、「一回性」であり、「現在進行形で終わりない」ということです。誰でも年を取り、いずれは死にます。避けることができない自然の摂理です。年を取ると認知症になり ...

相変らず、東京都の感染者数は944人と数字が高いし、ここ横須賀市も34人と高止まり状態。在日米軍の様子が気になり、公式HPをみると、なんとまあ、感染者数133人中67人が横須賀基地内ではないですか・・・。今年は、兄のところへも行かず、一人静かにお正月って言うより、い ...

母を在宅介護している間は、お米は兄が10K袋を送ってくれていました。毎年、新米の頃、10Kを二袋。母と二人、1年で20K。充分でした。あの頃は、認知症初期の母で、とにかく、ご飯が出来上がるとアタクシを待つことなく、食べてしまいました。アタクシは、母に先に食べて貰い ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)のブログに、隣の椅子に座っていた介護犬である文福が、母に、ちょい、ちょい!とチョッカイを出している写真がありました。やっぱ撫でで貰うの最高じゃん!文章にあるように、文福はテーブルに手をかけ、母に、気が付いてよ!と前足で ...

ドイツの首相が珍しく、感情を露わにして訴えた演説、「クリスマス前に多くの人と接触し、その結果、祖父母と過ごす最後のクリスマスになってしまうようなことはあってはなりません」そのクリスマスイブの今日です。Merry Christmas !一昨日の22日、神奈川県では1日あたりの ...

このページのトップヘ