これから、そちらへお迎えに伺います。

母のショートステイから、いつも連絡があり
ます。

送迎を専門にしている運転手さんは、
「少し、早いけれど、早い方がいいでしょう」
といつも、お迎え予定時間20分前に来てくれ
ます。

この電話を貰うと、前もって用意しておいた
着替えや持っていくものを、母の前で、説明
しながら、バックに詰め込みます。

以前は、2時間前くらいから用意しましたが、
パジャマは?、タオルは?と何回も聞くので、
このごろは、30分前に、バタバタと支度して、
はい、行ってらっしゃい。

母に言うことは、毎度おなじみ。

「忘れてしまう」ことで、大嘘が、
アナタがそんな病気だなんて。
と了解してくれるようになりました。


しかし、なんとなく、チクッと鬼娘の心も、
痛むのでございます。

ま、そのときだけで、車のテールランプが、
私道の角を曲がって消えると、

よっしゃー!!


まずは洗濯に掃除、二階に寝場所を作ってと
しばしの安息日を迎える支度をします。


今日は珍しくお昼ご飯を食べると言い出し、
ショートへ行くことを話して、ランチをなし
にするかと考えました。

いやいや、2時間近くの待ち時間。
また、痰が切れないのなんのって言いだすの
だから、食事を出すことにしました。

そのときも、なんだか、騙しているような、
胸がチクリ。

案の定、さあ、用意して、と言うと言い出し
ました。

アタシ、吐きそう。気持ち悪い。

それに、めげてはなりませぬ。

大丈夫、さっき消化剤も飲んだし、向こうに
お医者様もいるからね、看て貰ったら?

これまた、騙しのテクニック。


胸がチクッとせずに送り出せるのは、やはり、
あの世に送るときでしょうか。

001


さて、コインランドリーに、洗濯物を取りに
行って、トイレを掃除すれば、束の間の休日。

スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (34)

    • 1. ニャンコ
    • 2015年12月08日 17:11
    • あんず様
      ショート送り出しお疲れ様でした。
      しばしの休息時間をゆっくりしてくださいね。

      >胸がチクッとせずに送り出せるのは、やはり、
      あの世に送るときでしょうか。

      これを読んで涙がジワーッとわきました。

      午後母の家に行くと
      母は電話の前に座っていました。
      叔母(母の妹)に電話したらしく
      「今 ○○ちゃん(叔母)に電話して腹立ったからガチャン!と切ったところ」
      と言います。母はこれをよくやります。
      「毎日つまらない、死んだ方がまし」
      と愚痴ったそうです。叔母が
      「でも隣に娘がいるし毎晩一緒にご飯食べているし姉妹で一番幸せよ。
      ぜいたくよ」
      と言われて 頭にきてガチャン!をしたらしいです。
      叔母には
      「娘も忙しく出ていて私はひとりぼっち」
      と言ったそうです。
      私は毎日出かけているわけではありません。
      午前2回、午後2回 そして夕飯~夕食をともに
      と言う1日のスケジュール。
      でも、母にはその実感がないのでしょう。
      散歩も嫌、自治会のサロンも嫌、百歳体操も嫌、
      今後受けられるかもしれないデイサービスも嫌な母

      「おかあさん どうしたいの?私が一日中ここにいなくちゃならないの?」
      と聞きました。
      この質問って酷だったかな・・・・
      その立場になったものにしか
      この気持ちはわからないのでしょうね。
      叔母が「お母さんのこと気にしないで 日帰りでもっとでかけたらいいよ」
      と言ってくれました。
      でも今の私はその気力を失っています。
      自分の家で待機している方が気が楽になってしまいました。
      母の家に入り浸るのはしんどいからしませんが。
      私も澱んでしまいました。
      以前認知症外来でこの症状を話したらメマリーの処方を言われましたが
      近くのかかりつけのお医者さんはメマリーを服用すると攻撃的になると
      おっしゃる。もともと攻撃的な母に飲ませたくないですし。
      本当に難しい母です。
      すみません愚痴です。
    • 2. ひろちゃん
    • 2015年12月08日 17:25
    • あんず様、チームあんずの皆様、今日もお疲れさまです。ひといきお茶飲んで休憩タイムとってくださいねー。
      あんず様、ショートの送り出し成功、お疲れさまでしたー。
      あんず様ペースの生活送って充電されてくださいね。
      さてさて、我が家は今週から週4から週5デイとしています。
      先週からデイは機能訓練週間で体力測定など運動が多いスケジュールになっています。
      義母は、この機能訓練週間になると、毎月デイへ行くのをイヤがります。
      そんなことは、とうにお見通しの鬼嫁です。(笑)
      ふむふむ、先週、今週は機能訓練週間か・・さてと気合を入れ送り出しするぞ!と気をひきしめますよぉ~。
      朝、鍵をあけ「おはよぉございます。」侵入すると、「さっき、アンタに電話かけたところやったが・・」と言う。「あらそう?もう家出てるから誰も出ないでしょ。」というと「あのね。私ね、体にカイカイ(皮脂欠乏症の湿疹の事)ができているので皮膚科行こうと思ってね。アンタに保険証持ってきてもろうて、病院代もないがもらうおうと思うてね。」という。
      ふふーん、皮膚科に行くを理由にデイなど行かぬの作戦か・・・。と字幕状態の鬼嫁。
      「そうねぇー。薬は私がいっぱい持っているからお医者に行かなくていいんよ。だってね、10月月末に皮膚科に連れて行ったときお医者さんにぬり薬多めにくださいと言ってもらったからね。ほらね、これだけあるし・・。この大きな容器2コ分もらって、毎日その日のぬる分を小さな容器にと取り分けて入れているんだから。ねっ」
    • 3. K
    • 2015年12月08日 17:27
    • 今朝、母が亡くなりました。
      母もデイサービスもショートステイも嫌がってたから…なんだか当時が懐かしく思いました。
      嫌がる母をなだめて見送って、無事帰って来るとホッとして…。
      今考えると、そんな生活がとても愛おしく思えます。
      アンズ様は今でも、もちろん頑張っていらっしゃいますが、
      命には限りがありますから、どうか悔いのない介護をなさってくださいね…
    • 4. くま
    • 2015年12月08日 18:20
    • K様
        お母様のこと 心よりご冥福をお祈りいたします
        K様が 一生懸命お母様の介護をされたことは
            お母様が 誰よりも一番わかっています
          きっとね 長いこと本当にありがとうと言っていますよ     くま     
    • 5. K
    • 2015年12月08日 19:13
    • くま様。
      ありがとうございます。そのひとことで、今までの苦労もすべてむくわれた気がいたします。
      本当にありがとうございました。
    • 6. いちろく
    • 2015年12月08日 19:18
    • K様m(__)m
      新参者が僭越ですが、心よりお悔やみ申し上げますm(__)m
      愛情いっぱいのコメントを拝見致しておりましたm(__)m

      (あんず様、拝借致しましたm(__)m)
    • 7. チコ
    • 2015年12月08日 20:38
    • あんずさん こんばんは☆

      この場をお借りして、、Kさんへ
      お母様のご冥福をお祈りいたします。
      お母様はKさんの温かいお心をたくさん感じて天寿を全うされお幸せだと思います。
      Kさん。私も父の時にそうでしたけど、、とてもつらいですけど子としてお見送りを力いっぱいにして成し遂げなければなりませんね。体調にお気をつけ下さいね。応援してます。(コメントの心配はなしですヨ)

      あんずさん、お母様はお泊まりに。今夜が一番ホッとしますかね?!ぐだぐだぐぅーもいいですね~。
      あの、ショート可能と言われたのはまさに一軒家改造タイプでした。おばあさまが二人いる部屋に一応男の父が入るのは、、父の気持ちを考えると。それに病院と同じで夜中12時を境に1日カウントで20000円になります。日帰り8時間なら10000円。なんだか困った人に目をつけてるような嫌な感じでした。
      では、あんずさん!のびのび~ホリデー♪をお過ごしくださいね。


    • 8. ひろちゃん
    • 2015年12月08日 21:06
    • 「カイカイはどこ?背中?ちょっと肌着めくって塗ってあげようね。」と親切そうに(笑)塗ってやる鬼嫁。「早く治るといいねー。これね。アトピーみたいに洗剤も関係してると思うんよね。だからカイカイ治るまで洗濯自分でしなかったらいいのに。いろんなこと忘れて物忘れが多くなったとよく言ってるでしょ。洗剤もね、入れたあと、あれ?入れたかな?とまた入れたりして倍に入れることもあったりしてるんじゃないかと思うんよね。」と言うと、「私は洗剤は少ししかいれよらんよ。」と言い返す義母。「だからさ、洗濯やめろって!水道代すごいことになってんだろうがー。」と字幕状態の鬼嫁。「洗濯と出しっぱなしどっちかすぐやめる対策しないとまた今度も7千いくらの水道代になるよぉ。月のうち20日はデイ行ってオフロ沸かさないし家にいないからトイレも使わないのに。半年間で9カ月分の水道代になってるから洗濯どうにかしないと。」「・・・・」の義母。「今日はデイだからランチジャー返さないと・・どこに置いた?」と家探しする嫁。「今日はね。頭が痛いでフラフラして倒れそうやけ、今日は行かんけ。」という義母。しまった!地雷踏んでしまった鬼嫁。「でも迎え来るよぉ。ランチジャーも返さんといけんし。」「・・・・」の義母。義母の頭の中はフル回転で今日行かなくて済む方法を考えている様子。
    • 9. ひろちゃん
    • 2015年12月08日 21:12
    • しばらく行く、行かないの話から離れようと企む嫁。そこへデイからの電話。「行きません。今日は具合が悪くて今寝ています。」と病人を装う義母。「行く日だから迎えに行きますよ。支度始めてくださいね。」と言われたのであろう。「はい・・わかりました・・・・」と仕方なく答える義母。何を思ったかいきなりハンカチを広げ爪切りを始めた義母。「ハンカチじゃないね。ティッシュとか広告とかの紙にしたら?」と言う嫁。「このハンカチは使いよらんけ。」という義母。パッチンパッチンと両手を爪切りする義母。「昨日は家に居る日だから昨日ゆっくり爪切りしとけばよかったのに・・」と言う嫁。落ち着きがなく、ハンカチに包みそれを電話台に押し込んだ義母。「おい、おい、そんなことしたら、忘れてハンカチひっぱって爪ばらまくよ。」と言おうとしたらすでにばらまいた義母。「それ片づけるからお着換えとりかからないと。また、待たせるよ。」と言うとソワソワ手洗いに行ったりタンスのある部屋に行ったり。結局、靴下をゴソゴソ探してる間に「やっぱ、行きたくねぇ!」との決断に達したようで、座布団二枚並べその上に寝転び「なんぼ迎えに来たっちゃ、私は今日は行かん。」と言いだした。アチャ、今日は失敗や。施設長頼みか・・。電話でわかりましたの返答だったので施設長以外の人が迎えに来てフェイントかけられたスタッフ。
    • 10. ニャンコ
    • 2015年12月08日 21:18
    • k様
      お母様のご冥福心よりお祈り申し上げます。
      お母様今はきっとお体も楽になり自由になって
      これからは天国からkさんを見守ってくださいますよ。
      kさんお疲れが出ませんようにお体ご自愛くださいね。
    • 11. ひろちゃん
    • 2015年12月08日 21:19
    • 「あらっ行かんって・・」と迎えに来たスタッフが驚きしきりに「行こう、みんな待ってるよ。まだやろうか、遅いね。早く連れて来てとミヤちゃん(仲良しさん)に言われたよー。」と言っても、人間絨毯に化した義母はペタンと仰向けになり、「わたしゃ、行かんぞぉ、起きないぞぉ」の姿勢。結局しゃーないやとスタッフが「じゃ、○○さん(施設長)に電話しよう!着てもらおう。」と言い携帯で電話を入れはじめた。電話されると行かないといけない。ううーむ、と義母の中で自我との葛藤があったようだ。起き上がり、「自分で行く用意するから呼ばんで。悪いから・・」と言いに行った。自分の中での葛藤があり自我を抑えた義母。思わぬ新展開でした。(笑)結果。オーライでしたわ。
    • 12. ひろちゃん
    • 2015年12月08日 23:27
    • くだらぬ我が家のあれこれコピペしているうちに、K様のお母様の状況が・・。

      K様
      心よりお悔やみ申し上げます。
      精一杯お世話なさるコメントをいつも拝見しておりました。
      私はなんやかんやとアタフタやってブー垂れていますが
      K様はいつも愛情持って接しておられました。
      介護にかかわった時間が過ぎてみれば思い出深くまた愛おしいじものになるのでしょうねぇ。きっとお母様はK様を頼りにし甘えられた存在だったことでしょうね」。
      感謝し旅立たれたことと思います。
      どうかK様、ゆっくりとご自愛くださいませね。お疲れが出ませんように・・

    • 13. 楽
    • 2015年12月09日 00:40
    • あんず様☆ 心がチクッチクッよーくわかります。でもせっかくのショートホリディチクッは忘れて♪ダラダラワクワクして下さいね☆ 今日寝る前に「楽ちゃんも札幌に戻ってきた事だし、二人でずっと仲良く暮らそうねぇ~」と楽母… (ずっとって…いつまで…あたしの未来は下流老人…)と元祖鬼娘も頭クラクラ… ☆K様お母様のご冥福をお祈りしています。 お母様もk様と過ごした時間を何より大切な宝物として天国へと旅立って行かれたのでしょうね。 k様も色々と忙しくなると思いますが、ご自愛下さいね。 あんず様☆チームあんずの皆様☆チクッとする介護ガールズはやっばり優しい…ですよね?
    • 14. レイジ
    • 2015年12月09日 06:13
    • あんず様
      リンゴとカキが届きました、お袋のおやつ用に株主優待で探したものです。
      これがくるとお袋がちょっと食べて、あとは忘れて春先に、カビが出るので捨ててしまうのがここ3年くらいの行事でした、あとは、ジュースのセットなんかもあるのですが、今年は、主が居ないので減ることはありません。どうしようかな?と出勤前にみています。
      ヤッパリ、本当に必要なことや大切なものは、なくならないと分からないのでしょうか?
      色々文句や不平を言っていたが、お袋中心で生きていたな、と実感しています。
      まだまだ、名残が押し寄せてくるのでしょうかね?
    • 15. ココ
    • 2015年12月09日 06:17
    • あんずさん、おはようございます(^-^)v
      ショ―トの間、ゆっくり、ゆったり自分の時間を楽しんで下さいね。

      k様。
      心よりお悔やみ申し上げます。
      辛く悲しいですね。
      でも、きっとお母様k様に感謝して天国に旅立ったと思います。
      落ち着くまで大変でしょうが、どうぞお身体に気をつけて下さいね。ココ
    • 16. K
    • 2015年12月09日 17:12
    • Kです。
      介護を初めてから、こちらの皆さんの書込みを心の支えに頑張って来ました。
      どうかみなさんもご自身のお身体を1番に考えてお母様お父様の介護をなさってくださいね。
      今日の母は(お通夜は土曜日なので)、冷蔵室でカチカチに冷やされておりました。
      寒がりだったのに可哀想で可哀想で涙が出ました。(>_<)
      もっといろいろ、やれてあげたんじゃないか?延命も拒否しなければ、もう少し一緒にいられたんじゃないか?…と今も葛藤の日々です。
    • 17. うちわ
    • 2015年12月09日 21:12
    • あんずさま今晩は~
      そしてKさまお悔やみ申し上げます。
      うちわの実母も12月でした、まもなく命日がやってきます。
      寒い寒い夜のことでした、危篤と連絡をうけて外に出た時の夜空の美しさは忘れません。
      やはり寒がりだった母の棺に自分の為に買ってくれたショールをかけて送りました。
      たられば・・・はつきものです、お母様もK様に感謝してらっしゃることでしょう。
      どうぞ最後まで頑張って送ってさしあげてください、そしてお風邪にもご注意ください。
    • 18. あんず
    • 2015年12月10日 23:55
    • ニャンコ様、
      この2日間、何もしていないのに、疲れてしまい、
      PCの前で、寝落ち。
      思い切って寝てしまいました。
      で、最後の夜になって元気になりました。

      OLの頃、殆ど毎日残業だったり、同僚と飲みに行ったり、
      また、友人たちと旅行へ行ったりしました。

      私の場合、18歳の時に父が亡くなり、それから母は一人でした。
      あのころは、母を一人にして出かけようと、何をしようと、
      へっちゃらだったのに。

      なんで、今になって、デイやショートに行かせるときに、
      チクッとしてしまうのでしょうね。

      ニャン母様は、うちの母と一緒で、つきまとい症状があるんですね。
      ほんと、一日中いて欲しいみたいです。
      寝ていてもいいみたいですよ。
      だから、私、夕食後は布団に入って寝ています。(母と同じフロア、
      台所のテーブルの下に布団を敷き、寝てます)

      そこで、デイやショートのときは、一日中いて欲しいを逆手にとります。
      「一日中、いるのはいいけれど、あたしも治療しなきゃいけないでしょ」
      というと、
      必ず母が「アタシはここで、寝ているだけだから、アナタは病院へ行けば
      いいでしょう」と言います。
      そこで、
      「二階に居ても、30分に一回はママの様子を看ているんよ。
      病院は予約制でも、かなり待つから、気になって、途中で帰ってくることも
      あるんよ。誰かが、ママを看てくれていると思うと安心して治療が出来るの」
      仕方ないので、ガン患者になるんです。
      私も20年前から、甲状腺に嚢腫があって、年に一回はエコー検査をしています。
      それを、利用してガンだ!と母に言ってます。
      最初からケアマネさんはデイを週に2回と言ってました。
      しかし、2回も病院へ行くとは言えないので、週一にして貰ってました。
      ニャン母様も週一から始めてみるといいと思います。
      続く
    • 19. あんず
    • 2015年12月11日 00:13
    • せっかくの話相手である叔母様には、出来るだけニャン母様の言うことに同意して貰う。
      そうすると、叔母様という理解者がいるということで、ご機嫌になりますよ。

      >「でも隣に娘がいるし毎晩一緒にご飯食べているし姉妹で一番幸せよ。
      ぜいたくよ」
      ではなく、
      「ニャンコも忙しそうで、お姉さんも寂しいわよね。
      今度、私からも、しょっちゅう行くように言っておくから。」
      の一言でいいです。
      それで、落ち着かれると思います。
      ようは、言ったことを否定されるとおへそが曲がるんですよ。

      母もですが、記憶力が落ちて、30分一回、二階から母をみにきていることを
      忘れてしまうのです。
      ニャン母様も、ニャンコ様が来てくれていることを忘れてしまってます。
      これはどうしようもないですねえ。

      母も脳神経内科からアリセプトの服用を勧められました。
      往診してくださる先生が、私の一番困っていることを聞いて下さり
      その症状だけを緩和させる方法と取りましょうと提案してくれました。
      当時、悩んでいたのは、夜中の30分おきのトイレ。
      夜中に寝ないことでした。
      アリセプトの副作用は頻尿なので、「寝る」ほうがいいでしょうと、
      睡眠導入剤を容量いっぱい使用することにOKを出してくれました。
      やっと、午後10時半から午前3時頃までは、トイレへ起きずに寝てくれています。

      認知症の薬は、進行を遅らせるか、症状を緩和させるか、治療薬ではないので、
      医師と相談して、服用を決めることはいいことですよね。
      飲んでも飲まなくても、同じような症状のままのようなので。
    • 20. あんず
    • 2015年12月11日 00:29
    • ひろちゃん様、こんばんは。
      意外に母がいるほうが、規則正しい生活をしているようです。
      時間があると思ってしまい、ちんたら気味に動いてしまいます。
      週5デイなんて、羨ましい!!「機能訓練週間で体力測定など運動が多いスケジュール」って、まるで、インターバルのような感じですね。しっかり運動させる方針なんですね。
      「字幕ドラマ」が終わってしまいましたが、ひろちゃん様は、心の叫びは、字幕なんですね。お義母様とのやりとり、字幕もあるので、ドラマチックで、いつも楽しく読んでます。ご心労があるのに、楽しくだとか面白いなどと言ってすみません。
    • 21. あんず
    • 2015年12月11日 00:39
    • K様、こんばんは。
      一番にお悔やみ申し上げなければならないのに、
      遅くなってしまい、ごめんなさい。
      お母様は認知症ではなく、素敵なお母様になって
      K様のおそばにおられることでしょう。
      「今考えると、そんな生活がとても愛おしく思えます。」
      切なくて、悲しくて。
      介護の辛さの反比例で、悲しさも淋しさ倍になるんでしょうね。
      そして、寒いのお嫌いなのに、ドライアイスに囲まれている・・・
      後のコメントを読んで、泣いてしまいました。
      なんだかんだと言いますが、生命の終わりは、悲しいです。
      お通夜やご葬儀、その後もお忙しくなると思います。
      K様、体調を崩されませんように。
      ご冥福お祈り申し上げます。 合掌
    • 22. あんず
    • 2015年12月11日 00:39
    • K様、こんばんは。
      一番にお悔やみ申し上げなければならないのに、
      遅くなってしまい、ごめんなさい。
      お母様は認知症ではなく、素敵なお母様になって
      K様のおそばにおられることでしょう。
      「今考えると、そんな生活がとても愛おしく思えます。」
      切なくて、悲しくて。
      介護の辛さの反比例で、悲しさも淋しさ倍になるんでしょうね。
      そして、寒いのお嫌いなのに、ドライアイスに囲まれている・・・
      後のコメントを読んで、泣いてしまいました。
      なんだかんだと言いますが、生命の終わりは、悲しいです。
      お通夜やご葬儀、その後もお忙しくなると思います。
      K様、体調を崩されませんように。
      ご冥福お祈り申し上げます。 合掌
    • 23. あんず
    • 2015年12月11日 00:42
    • くま様、有難うございました。
      介護をするものとして、最後はみんな同じ気持ちですね。
    • 24. あんず
    • 2015年12月11日 00:43
    • いちろく様、
      有難うございました。
      肉親を失うほど悲しいことはありませんものね。
    • 25. あんず
    • 2015年12月11日 00:53
    • チコ様、こんばんは。
      チコ様が一番、K様の心情をおわかりになっていると思います。
      私はまだ、想像の域をでません。
      それに、母は元気いっぱいですので・・・・。
      とはいえ、何があるかわからないことは覚悟の上です。

      実はグダグダしすぎて、不規則な生活をしていました。
      この2日間、何をしていたんだ?と記憶がない・・・
      昼間からのんびりテレビを見て、近所のスーパーやしまむらに行ったり。
      そそ、オカズを考えずに玄米ご飯を土鍋で炊いたりしました。
      そうしたら、たまたま、ご近所のお婆様に出くわし、
      「母がショートでいないのに、ご飯だけ炊いて、オカズをこれから買いにいくところ」
      と話したら、ちょうど、ヒジキの煮物とサバの味噌煮を作ったから、あげると言われて、
      その日の夕食は、夕食らしいものを食べました。
      今回はのんびりとした時間でした。
    • 26. あんず
    • 2015年12月11日 01:05
    • ひろちゃん様、まずは、カイカイにクリームを塗って差し上げるとはお優しい。鬼娘の私は、母が孫の手で背中をガリガリやっても知らん顔。老人性の皮膚炎なので、塗っても無駄と思うからで・・・。カイカイから洗濯の話、そして、水道代へ話をするひろちゃん様はさすがです。
      ハンカチの上で爪切りって、なんででしょうね。爪を取っておきたいのでしょうか。
      人間絨毯化したお義母様が、自我との葛藤場面は、笑ってしまいました。まるで、子供と
      一緒なんですね。行けば行ったでお義母様も楽しんでおられることでしょう。
    • 27. あんず
    • 2015年12月11日 01:07
    • ニャンコ様、
      K様のお母様は、食べることが出来ずに、体重が落ちたということですから、
      天国では、美味しいものを召し上がっていることでしょうね。
    • 28. あんず
    • 2015年12月11日 01:08
    • ひろちゃん様、お義母様も外面ヨシコちゃんなんですね。施設長さんには弱い?!
    • 29. あんず
    • 2015年12月11日 01:11
    • ひろちゃん様。「介護にかかわった時間が過ぎてみれば思い出深くまた愛おしいじものになるのでしょうねぇ。」そそ、介護するものにはわかることですね。他のブログでも、急逝したという記事を読みました。寒暖の差が大きいからでしょうか。
    • 30. あんず
    • 2015年12月11日 01:21
    • 楽様、こんばんは。ダラダラしすぎて、身体がなまくら状態。母がいるほうが規則正しい生活をするみたいです。◇「二人でずっと仲良く暮らそうねぇ~」母もよく言います。そんなに長生きをするつもりかとゾッとします。◇K様のお母様が「食べられない」ことから救急搬送されたということですが、食欲旺盛な母が「食べられない」と言うことは考えにくい。「食べる」「食べられない」がシグナルなんですね。◇周りの認知症の方々が亡くなるたびに思うのは、魂は認知症でない状態だということ。どのくらいの年齢でいるのか考えてしまいます。明日はお天気が荒れそうです。楽様、皆様、体調にお気をつけて。
    • 31. あんず
    • 2015年12月11日 01:25
    • ペコロス課長レイジ様、こんばんは。
      リンゴと柿、きっと、お母様が身体のために食べなさいとおっしゃっていると思います。
      皮をむいたりして面倒でしょうが、1日1個ずつ消費していくと、全部食べきってしまうものですよ。名残というより、そういうときに、思いだすのですから、故人の想いでしょうね。
    • 32. あんず
    • 2015年12月11日 01:28
    • ココ様、こんばんは。
      今回は小学校の同級生と会っただけで、あとは、のんびり、グータラしておりました。
      あれ、昨日、私、何をしていたんだっけ?と思いだせない・・・。
      母はいなくなったら、マジで、認知症まっしぐらかもしれないと思いました。
      いなくなればいいと思いますが、やはり別れは辛いですよね。
    • 33. あんず
    • 2015年12月11日 01:36
    • K様、寒がりのお母様がカチカチで・・・このコメントを読み、泣いてしまいました。
      介護は大変だったでしょう。そのときには、一生懸命、お母様のことをやっておられたのですから、胸を張って、あの世に送り出して差し上げて下さい。
      K様が、葛藤されると、お母様も迷ってしまわれますよ。
      今は、きっと、穏やかにK様のそばにおられると思います。
      ご親族の皆様で、お母様を忍ぶことで、きっと、天国に向かわれると思います。
      葬儀などで、お疲れがでませんように、お風邪を召しませんように。
    • 34. あんず
    • 2015年12月11日 01:53
    • うちわ様、こんばんは。
      父も12月2日が命日です。
      12月は一年の締めくくりの月で、今年最後、というイベントが多いですよね。
      実は、父は競馬が好きでした。
      当時の最終重賞レースが有馬記念でした。(今は開催日が違います)
      亡くなったのは、そのレース後でしたので、有馬記念が開催されるたびに
      父を思い出します。
      うちわ様も寒い寒い、夜空のきれいな日で思い出されるんですよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット