母の居る施設(特別養護老人ホーム)へ行った
昨日のことでございました。

居室の流れっぱなしのテレビは、「豊さんと
憲武ちゃん!旅する相棒 思い出の神戸編」

(テレビ朝日)でした。

母は、食事をするとき以外は、ベットで足を
伸ばしたほうがよいと、お昼寝からそのまま
でおりました。

ベットの横に座り、持参した飲み物を渡し、
テレビを見ると、俳優の水谷豊さんの顔が
画面にクローズアップされていました。

まあ、水谷豊じゃない?

えっ?!、まさか、認知症の母から彼の名前が
出るとは思いませんでした。


在宅介護中も、テレビが子守りでした。

母は、筋を追うドラマを見るのは無理でした
が、「相棒」だけは、アタクシが見たくて、
母に付き合わせておりました。

こんな怖い内容は嫌だわ。

母はそういうとき、内容がわからないからとは
言わず、怖いからと表現することが多いです。

だから、好んで見る番組は、バス旅、紀行が
多く、スタッフさんもそれを知っており、
そういう番組にチャンネルを合わせてくれて
います。

そのほうが、一緒にアタクシも話題として、
母に言いやすうございますが。

昨日も、神戸という場所の設定でしたから、
母との話題にも効果がありました。

それをご紹介すると長くなるので、次回にと
思います。

011

今日は、母のところへ行かない日。

どこへも出ずにいると、「子供の日」である
ことを忘れてしまいます。

このところ、衣笠の商店街では、♪柱の傷は
一昨年の~、と曲が流れていました。

連休中、今日は「子供の日」だっけ?と、
今日は何の日と自問自答していました。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. ファーマーk
    • 2019年05月06日 10:17
    • お久しぶりでございます。今日はゴールデンウイークの最終日、今年のゴールデンウイークは本格的に実家の片付けに取り掛かりました。そう、母は昨年12月にあの世へ旅立ちました。昨年は認知症がひどくなり、また体のあちこちが不具合を起こし、最後は多臓器不全でハアハアと言いながら息を引き取りました。最後まで頑張って私達のために生きてくれようとしてくれたと思います。最後は褥瘡もひどくあちこち体に穴が開いていました。食欲もなくなる半年前から徐々になくなっていっておりました。生きることは食べる事、食がなくなるのは老衰に近づいてるんだなと思いました。百か日も済み後は家をどうしていこうかと。とりあえずは突然亡くなった父の服や母の服をだいぶ廃棄し、いっぱいの物置のものも少しは廃棄できました。でもまだまだいーっぱいあります。まだ若いうちにやっておかねばとおもいます。主人と一緒にやっているのですが、もうあまりものは買わないようにしないとなーと片付けながら主人が言うておりました。道子かあ様、本当にお元気で何よりです。またあんず様もお元気で介護されて、お疲れ様でございます。私は、母が亡くなって少しして、娘が今年で大学卒業でしたので、卒業旅行で、娘と姉と3人でヨーロッパへ行ってきました。フランスのノートルダム大聖堂へは行かなかったのですが、写真だけは撮りました。まだ消失する前で、行ってきたばかりだったのでショックでしたね。フランスのメダイユ教会には行きましたよ。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2019年05月06日 19:29
    • あんず様水谷豊さんをお母さまがしっていたなんてすごいですね。
      ばばはお昼寝から起きるともう朝とおもってきていく洋服がないといいはじめました。
      お昼寝したからまだ夕ご飯たべなあかんよっていいました。
      私はあさって歯医者で型どりをして歯ができます。
      これでちゃんとたべられるでしょうね。
    • 3. レイジ
    • 2019年05月06日 23:51
    • 母の日の贈り物を考える時期ですね、テレビでもその話が多くなっています。お母様の施設でもイベントで行われるでしょうね。連休中は文福の独り言でもちょっとお見舞いの人が変化したようでお子さんが多かったのでしょう。色々な人が出入りするのでまた水谷豊さんのように思い出すかもしれませんね。でも色々ありますね。
    • 4. あんず
    • 2019年05月07日 01:19
    • ファーマーk 様、こんばんは。
      やはり、昨年12月にお母様は亡くなられたのですね。ご冥福をお祈り申し上げます。まだまだ、思い出すと涙が出てきてしまうことでしょう。最後まで、お母様は頑張られた・・・。それも、戦前生まれの「生きる」ことが必死だった年代の生き様でしたね。私の友人が12月に下さったファーマーk様のコメントを読んで、「父と同じような症状。きっと、長くはない」と心配していました。
      お姉様とお嬢様と三人でのヨーロッパ。きっと、お母様もご一緒されたことでしょう。ノートルダム大聖堂の消失は私もショックでした。私の場合、今のロシアがソビエト連邦の頃に母と一緒にヨーロッパを旅行しました。そのとき、寄りました。ステンドグラスが素晴らしかったことを覚えています。メダイユ教会、カトリック信者としては、ルルドとアッシジと並ぶ行きたい場所でもあり、羨ましいです。そそ、ご実家を片付けることは、重労働ですよね。東京の一軒家を6畳一間に段ボールを重ねておくだけにした私としても、物は買わないことを心がけております。もう一度、この荷物を整理する予定です。おかげ様で、母は今のところ、とても元気。認知症もカメの速度で進行中。まだまだ、悩みは尽きません。
    • 5. あんず
    • 2019年05月07日 01:26
    • ももだよりのもも様、こんばんは。

      私も、母の言葉を聞いてびっくりでした。
      私が「相棒」の大ファンで、これだけは、母が「こんなのつまらない。」と言ったのを
      無視して見ていたドラマだったのに。
      ってことは、心の底から嫌だったんですね(笑
      お昼寝から目覚めると朝だと錯覚する・・・、あるある、ですね。
      施設の看護師さんから、歯と足の筋力を失わないように。
      それが、長生きの秘訣ですと聞きました。
      私もどうも、むし歯があるようで、ちゃんと歯医者に通わなければと
      思っています。
      通院は大変でしょうが、お気をつけて。
    • 6. あんず
    • 2019年05月07日 01:31
    • レイジ様、こんばんは。

      母の日・・・。そうでしたね。そういう日もあまり関係なくなりました。
      ま、プレゼントの代わりに面会に行くようなもので。
      12日は行く予定です。
      連休中、一日置きに母のところへ行きましたが、
      母のユニットには、私のほかにもう一組だけ。
      他のユニットは賑やかだったようです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット