施設(特別養護老人ホーム)に居る母は、在宅
介護中に使わなかったポータブルトイレを今は
平気で、しかも、上手に使いこなしています。

センサーが鳴るので、お部屋に伺うと、すでに
ポターブルトイレに座っておられるんですよ。


よく使っているので、バケツが汚れてきました。
そこで、バケツを買い替えることにしました。

在宅介護のときに購入したもので、型式がまだ
使われているかどうか、販売元に聞いてみました。

現在、使っている型式を伝えると調べてくれて
バケツの型式を教えてくれました。

そして、自社のホームページに取り扱う店の
一覧があるとも。


さっそく、ホームページを見て電話を入れて
みました。

後でわかったのですが、アタクシがクリック
するところを間違え、グループのケアセンターに
電話をしてしまったのです。

間違えたアタクシが悪いっちゃ、悪いんですが。

でもなあ、同じグループなのに、知らないと
簡単に返事していいもんだろうか・・・。

施設のケアマネに聞けというのは、やっぱり、
このグループにはガッカリさせられました。

グループのキャッチフレーズが泣くよね。

「介護のこと、ご相談ください」

005


以前、母の老健(老人保健施設)を必死で
探していたときに、、電話した先の世田谷に
ある施設の相談員さんが、詳細に色々と教え
てくれました。

これも、後でわかったことですが、こういう
問題はケアマネに相談すべきことだったのです。

しかし、その相談員さんは、ケアマネに聞けと
いうのではなく、自ら、教えてくれた。

あのときの有難さは今でも忘れません。


ブログにお立ち寄り下さり有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. ロコ
    • 2019年05月22日 09:02
    • あんず様、おはようございます。

      知らずに電話したとは言え、そういう時に、その施設のレベルや人が、透けて見えますよね。

      話はずれますが、子の仲の良い友人がケアマネージャーをしています。
      中学校から私も親しんだ子なので、私の介護をとても心配してくれます。

      うちの母は、デイサービス専門の施設に通っていて、ケアマネージャーの都合で二人めの担当なのですが…
      どちらも使えません。(^^;

      まだ要介護1で、特にする事もないのもありますが、前月の詳細書に判子をもらいに来るだけです。
      母の顔を見て、ほんの少し世間話をすれば、お仕事終了と思っている様子。
      毎月の訪問日も、月末直前に電話をしてくるくらいです。

      何か困ったとき、この人に何を相談してもダメだろうな…と、子の友人と比べてしまいます。

      その施設と人のレベルって、やっぱりありますよね。(〃´o`)=3
    • 2. はるはる
    • 2019年05月22日 10:16
    • あんず様、こんにちは。

      ケアマネも人によりけりですね。
      親切に親身に相談に乗ってくれる人もいれば、そこは私の担当外なので‥‥という人もいる。
      ちなみに在宅介護時代のケアマネは、後者のタイプでしたね。施設のことは私もちょっと詳しくない‥‥と。
      そう言って、さ〜と手をひかれましたね。
      ケアマネは在宅の支援なので、当然と言えば当然ですが、、、ちょっとそれは冷たいじゃないの?と思いました。

      母は病院から老健に移ったのですが、病院にいるソーシャルワーカーも施設のことをあまり分かっていない人もいました。実際に見学に行ってみて、ここを紹介する??みたいな場所もあり、本当に施設のこと知ってるの?行ってみたの?と聞きたくなりました。

      良いケアマネに恵まれれば、介護もまた違ってたのかも。ただ判子をもらって帰るだけでなく、介護をしている家族にしてみれば、一緒に説得して欲しいとか、新たな道を指南して欲しい、とか色々ありますよね。

      結局、私は市役所でもらってきた施設一覧の冊子を見て、自宅近くを20件ぐらい見学して決めました。自分でもよくやったと思います(笑。
    • 3. かずみん
    • 2019年05月22日 12:53
    • あんず様 こんにちは。

      母が認知症と分かって最初に担当していただいたケアマネは、若いのにとても頼りになる人でした。母から「昨日から何も食べてない、お金を送ってほしい」と電話があり、2日前に大金を渡して帰京したばかりなのに何故・・・と途方に暮れてケアマネに相談すると、すぐに様子を見に行ってくれました。食べ物はたくさん有り、お金はどうしたんですか?と聞くと「ヘソクリがあるんです」と答えたそうです。施設に関しても、住んだことのない土地だし、何日もかけて探す余裕もないので相談すると、母にぴったりのグループホームを素早く見つけてくれました。精神的にも肉体的にも疲弊していた私にはとてもとてもありがたかったです。
    • 4. ももだよりのもも
    • 2019年05月22日 19:15
    • あんず様また暇なときにコメントしてくださいね。
      ポータブルトイレをうまく使えるなんてすごいですね。お母さま
      ばばは今日はお迎えが遅かったのでうろうろしてデーのかばんをなんどももってきました。
      以前ケアマネがばばがデーで泣いてるといって母がしらずわたしのことせめました。
      理由をきいてくれてもいいのに今のケアマネは頼りないですね。
      そう書いて安心介護できついことをかかれたことがありましたからね。
      ポーターブルトイレのばけつ合えばいいんですけどね。
      ちゃんと相談にのらない業者もありますものね。
    • 5. たまのママ
    • 2019年05月22日 20:48
    • あんず様こんばんわ
      残念な対応ですね。その程度の会社って事でしょうか。
      私は、販売の仕事をしてきたので、ついつい、言葉使いや、対応をチェックしてしまいます。
      同じグループなら、電話回してくれるとか、折り返すとか……対応あると思います
      父の特養申し込みと特養待ちの為のグループホーム探し、同時進行で頑張ってた時、グループホーム断られ続け、ある特養の相談員さんが、あそこならと紹介してくれました。間に、入ってくれ、グループホームのケアマネも、すぐ動いてくれて、入所出来、助かりました。
      ケアマネは、お父様の介護が終わり介護の世界に入った方でした
      特養の相談も、親身になってくれて
      助かりました。良い方と出逢えるかか?ですね。
    • 6. あんず
    • 2019年05月23日 04:15
    • ロコ 様、こんばんは。

      介護には、ケアマネの存在が大事ですよね。
      私の場合も、おっしゃっているように、
      使えなかったです。

      老健、特養探しも自分でやりました。
      だもんで、施設のケアマネに頼めと言われて、
      逆に、ああ、そうだったと思ったくらいです。

      「前月の詳細書に判子をもらいに来るだけです。
      母の顔を見て、ほんの少し世間話をすれば、お仕事終了と思っている様子。
      毎月の訪問日も、月末直前に電話をしてくるくらいです。」
      まさに同じでした!!

      相談することも出来ず、ほんと、認知症初期の頃は
      辛かったです。
    • 7. あんず
    • 2019年05月23日 12:57
    • はるはる様、こんにちは。

      家族の悩みをすべて引き受ければ、時間も足りないことでしょうし、
      たぶん、聞くだけ仕事が潰れてしまうかもしれませんね。

      母の在宅のケアマネも、仲間うちでは優秀と言われていました。
      でも、その優秀さは私には必要がありませんでした。
      家族も、出来るだけ、自分で知識を集めないといけないとも
      思いました。
      みんな、頼りにならない!(ハズキルーペのCMのように)
      だから、逆に今の施設を見付けられたんですが。

      家族や本人に寄り添うって難しいことですよね。
      それは理解出来るような気がします。
    • 8. あんず
    • 2019年05月23日 13:05
    • かずみん 様、こんにちは。

      ケアマネの資質は、介護する家族と本人、両方がHappyになる方法を
      示唆してくれることだなと、コメントを読んで感じました。
      きっと、それぞれに合ったケアマネがいる・・・。
      羨ましいケースです。
      私の場合は、見つけられませんでしたけれど。
      でも、それで、老健、特養と、探し回ることで、
      はるはる様と一緒で、「自分でもよくやったと思います(笑」
    • 9. あんず
    • 2019年05月23日 13:54
    • ももだよりのもも 様、こんにちは。

      母は気が強い人ですからね、何でも自分で出来るもん!
      という、よく言えば頑張りやさん。
      それと、ナースコールの使い方が全く覚えられないので、
      トイレへ行きたいと思うとポータブルを使わざるを得ない
      のでしょうね。
      そうそう、デイへ行く前は大変でした。
      お金を持ったか、ハンカチ、ティッシュ、は?
      そして、何回もトイレへ行く。
      どこの婆達も一緒ですね。
      ケアマネはそれぞれの家庭の事情と本人の状態を
      よく理解しないと出来ない仕事ですね。
      膀胱炎が再発されたとか・・・
      1.5Lの水分の時間が来ましたね。
      お互いに飲みましょう。
      6月までもう少しですね。
      暑いですが、頑張って下さい。
    • 10. あんず
    • 2019年05月23日 14:03
    • たまのママ 様、こんにちは。

      Pのつく、大手の電機会社の経営なんですよ。
      大手だから、安心というわけではないと
      よくわかりました。
      備品を取り扱っている下請けさんのことなんか、
      関係ないんですね。
      施設も備品を取り扱うのは、事務局で、介護士さんには
      知らなくてもいいのかもしれません。
      そうですね、私なら、折り返して、備品を取り扱う
      会社名を教えますね。

      物事がトントンと進むのは、関わる人達の輪なんですね。
      コメントを読んでよくわかりました。
      今、ケアマネに悩んでいるご家族の方々には、
      考え方が一緒、相性がいい、という人を探して欲しい。
      それが、今後の介護を決めると思います。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット