020

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の薬の
ことが気になったのは、ユニットのスタッフ
リーダーさんからの減薬の話しからでした。

在宅介護中は、母の健康に関することには、
地域提携医との相談の上で処方されていました。

大腿骨骨折で入院して以来、老健(介護老人
保健施設)へ入所、そして、今の施設へ。

薬の服用も、それぞれの病院や施設にお任せ。
全く気にしておりませんでした。


高血圧であること、狭心症と心房細動は60歳
のころからの持病。

その薬が続いているのは理解出来ますが、
利尿剤に痛風の薬、そして。てんかんの薬が
加わっていたことには驚きました。


介護友の山椒魚様のブログに、

認知症の拒食症に、精神病用の薬を使った記録
 メモ2

こちらに、同じような薬「バレリンシロップ」に
ついて書かれています。

服用された経緯は、認知症からと思われる食事
拒否のためだそうです。


母の場合は、罵詈雑言に暴力的になっていた
時期があったからでしょうか。

当時、お隣に座っていたKさんに怒鳴って、
泣かせてしまった母。

そう言えば、急激に穏やかになってきたことが
ありました。

幸いにも、てんかん薬の副作用は出ずにいる
ようです。

007


昨日、横須賀市内にはない銀行へ行くのに、
逗子へ出ました。

用事を済ませて、午後2時15分の電車を確認。

やれやれと座って発車を待っていると、同じ
ホームの向いから、発車のベルが鳴り、なんと
久里浜行きが出て行きました。

同じ横須賀線の電車。

ボーッとしていたからでしょうね。



ブログにお立ち寄り下さり有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (14)

    • 1. かりん
    • 2019年05月31日 08:23
    • こちらの老健では何の薬を飲ませているのか、情報提供があるのですね。

      義母の老健では、今の所全く薬の情報提供はありません。
      今の老健に入る前に入っていた老健は、とてもしっかりしていたように思います。
      細かな連絡があったりしたのですが、一番の難点は自宅復帰を目指すと言う事でした。
      もちろん老健は自宅復帰を目指す施設であるのは本来の目的なのは知っていますが、骨折で車椅子状態の義母を自宅に帰されても…誰が下の世話❓
      義兄夫婦は全く来ないし早々に「介護したくない」宣言してるのに、え?なんで私だけ?うちら夫婦に押し付け?と思うと、『終の棲みか』となる施設は絶対条件でしたから…

      そこで必死になって今の老健に転所しましたが、今の所は併設の特養待ち老健みたいな所で、自宅に帰されることはありません。

      ちょっと杜撰な様子が見られたりもするのですが、私的にはありがたいので、ほんとに申し訳ないけどお願いするのみです。
    • 2. はるはる
    • 2019年05月31日 17:41
    • あんず様、こんにちは

      お母様の施設は、何の薬を飲ませているのか、教えて頂けるのですね。紙にちゃんと書かれていて、とても良心的だと思います。薬の名前って、覚えにくいですもんね。
      母は、現在どういう薬を飲んでいるのか、私の想像でしか分かりません。老健なので、看護師さんはたくさんいますが、聞いてどうするの??という顔をされそうで‥‥忙しくしていますから聞きづらいんですよねぇ。聞いたとしても結局専門的な事は分からないので、完全にお任せ状態です。ごめんよ、母。でも、きっと今の母には必要な薬に違いないと思っています。
    • 3. ロコ
    • 2019年05月31日 17:42
    • あんず様、こんにちは。

      うちも同じく、総合病院にかかっているときに、ちょっと検査がある度に薬が増えて、その時は良いのですが、増えた薬はその後、全く減ることはなかったです。

      近いとは言え、予約しているとは言え、総合病院は検査の順番待ちが大変で、私は早朝6時過ぎには病院に行って並び、血液採取の整理券を貰ってから母を呼ぶ状態でした。

      最初は電話さえすれば、自分で病院まで来れたから良かったのですが、それがだんだん怪しくなり、私の負担ばかりが大きくなって、
      その病院の専門医で、開業している先生が近くにいるのを知り、紹介状を書いてもらって、そちらに移りました。

      移ってすぐに、その先生は薬の見直しをしてくださり、要らない薬を減らしたら、薬は糖尿の薬だけになりました。
      やはり先生によるんでしょうか?

      認知症は、そことは別に、脳神経外科に通っているのですが、最初の頃は今より精神的に不安定だったようで、嫁さんがそう話しましたら、なんの薬なんだか、飲んだら生気も表情もなくなってしまい、慌ててその薬をとめてもらった事がありました。

      薬って、場合によっては怖いですね。

      睡眠導入剤も処方されていたのですが、娘が泊まったとき、夜中に変な行動をすると話しましたら、かわりにてんかんの薬を処方されました。
      てんかんの薬でも、睡眠導入剤と同じ役目をするんだとか。

      薬って難しいですね。

      あんず様がボーッとして、電車のホームを間違えたお話…
      他人事ではありません。
      自分も着々と、母に近づいているのかなあと、悲しくなりますが。
    • 4. たまのママ
    • 2019年05月31日 18:47
    • あんず様こんばんわ。
      今日は暑くなくて、面会に行きました。
      介護保険書も、提出して来ました。
      2年に一度のお勤め終了

      お昼介助はベットで
      TVの前に座って無言で食べるばあ様達…
      奥の部屋からは、暴れるばあ様とスタッフの声が聞こえました。
      認知症って……とんでもない病気だと改めて思いました。父は、今は穏やかですが、色々あったし…

      私も、薬は全て任せてました
      何飲んでるのか、気にしませんでした。昨年の大学病院での認知症薬の副作用の話しを聞いて調べてから、後悔しました。今さらです 
      認知症薬やめて穏やかになる人も、居ると分かってたら、、、もしかしたら、在宅介護も、違ったかもしれない。今さらです。

      旦那が大動脈剥離で手術した友人から、転院したけど、退院したら、しばらくは会えなくなるから、入院中に会っておこうと、連絡来ました。
      しばらくは会えなくなるのも寂しいです……
      認知症とは、違うだろう介護になるのでしょう

      ありがとうございます。
    • 5. 福童
    • 2019年05月31日 20:37
    • あんず様
      まだ母が認知症とは診断されていなかった頃、言わばグレーゾーンの頃の話ですが、母は毎食後とんでもなく多量の薬を飲んでいました。内科、耳鼻科、皮膚科、眼科、整形外科、それぞれから2~3種の薬が出ていたようで、あんなに飲んでいたら肝臓が悪くなるんじゃないかと思ってましたが、意見をすれば嵐を呼ぶので放置していました。
      或る時、突然「しんどくてたまらん」と言い始め、夜間に救急搬送され病院で検査の結果、高カルシウム血症と診断されました。
      高カルシウム血症?なんだ、それ?「で、入院ですか?」と医師に質問すると「いや、カルシウム剤の服用をやめれば大丈夫です」とのこと。なんでも骨粗しょう症のために服用していたカルシウム剤が多すぎたとのこと。通常は数ヶ月かに一度血液検査で血中のカルシウム濃度を調べて調整するべきところ、それがされていなかったようです。
      母が気に入って通っていた整形外科は老医師が愛想のいい看護師を集めて高齢者のサロン化しているところで、母が圧迫骨折していた時も見逃していた藪医者でした。
      これを契機に全ての医院を変更統合して薬を減らしましたが、私が新しく探した医師は皆、母が好むような愛想のよい(だけの藪)医者ではなかったので、母は超不満で、この時も母と私は激しく言い争う結果となりました。
      それでも薬の数はかなりのものでしたが、特養に入った今はほんの数種類に減薬されています。血圧も血糖値も便通も全く問題ありません。抗認知症薬のメマリーも相談の結果やめました。
      薬は万能ではないし、高齢者にとっては負担になることの方が多いように私は思います。あの多量の薬の山は何だったんだろう。あれがかえって母の内臓を痛めたように思います。
    • 6. ももだよりのもも
    • 2019年06月01日 18:33
    • あんず様お母さまは心臓の病気があるのですね。
      気を付けないといけませんね。
      ばばは咳止めと睡眠薬と便秘の薬と胃薬と朝は元気がでるうつの薬を処方されています。
      私は3日は免疫に5日は医大7日は歯医者へと医者通いが続きます。
      デーから帰ったばばのしろくまくんという小さな棒のアイスをあげたらおいしいといって食べていました。
    • 7. 朱子
    • 2019年06月02日 07:08
    • あんず様 おはようございます。
      暴れんぼう将軍の父には向精神薬が2種類ありました。
      飲んだら穏やかな人に変身しました。
      ただ、食事とトイレ以外は寝たままの寝たきりになってしまいました。
      嚥下も怪しくなり、認知症のせい?食べ方を忘れた?と思っていました。
      扱いは楽になったけれど、このままでいいのかなと疑問もありました。
      老健入所で向精神薬をなくすことが提案され
      なんとか過ごして元気になりました。
      ただ、一時帰宅の今はその向精神薬があったらなあと思うことも事実です。
    • 8. あんず
    • 2019年06月02日 12:58
    • かりん様、こんにちは。

      施設指定の母名義通帳とハンコを預けてあるので、
      毎月、会計報告の領収書として処方箋も付いてきます。
      今までは何も見ずにいました。

      基本、老健は自宅復帰ですよね。
      それも、厳しいところでは、入所期間は3ヶ月といった
      施設もありました。
      母が入所したところは、6ヶ月毎に見直しはあるものの、
      看取りもありうるというところでした。
      「今の所は併設の特養待ち老健みたいな所で、自宅に帰されることはありません」
      母も「骨折で車椅子状態」でしたから、私は自宅で看ることは
      できないと思っていました。
      在宅中から骨折したら、老健→特養とソフトランディングを
      狙っていた鬼娘ですが。
      ほんとは、私も通所センター、老健、特養と一体になった施設に
      入れて、うやむやに入所出来ればと。
      でも、そう、うまくは行かず、私も必死で今の施設を見付けました。
      施設にお任せしたのだから、お願いするほかありませんね。
    • 9. あんず
    • 2019年06月03日 04:11
    • はるはる 様、こんばんは。

      教えてくれるというか、会計報告に付いてくる薬の処方箋です。
      この、てんかん用の薬を服用しているという事実で、
      母も結構、荒れていたんだと思いました。
      大人しくさせる薬なんでしょうかねえ。
      そういう意味で、施設側としても詳しく言いたくない、
      ということもあるかもしれません。
      完全にお任せするのがいいのでしょうねえ。
    • 10. あんず
    • 2019年06月03日 04:21
    • ロコ 様、こんばんは。

      高齢になるとあちらこちらと症状が出て、
      それに合わせて薬が出る・・・。
      医師によっては、薬を減らしてという考えの方がいますよね。

      母も睡眠導入剤を飲んでいましたが、今回、
      見てみると、処方箋にはありませんでした。
      てんかんの薬が同じような役目になるとは
      知りませんでした。

      電車を間違える、買い物をして冷蔵庫を開けてみると
      同じものが入っていた・・・。
      ほんまに、母と同じような行動していて、ぞっ!としています。
    • 11. あんず
    • 2019年06月03日 13:56
    • たまのママ 様、こんにちは。

      2年なんてあっというまですよね。
      どんな薬を服用しようと、症状が穏やかになるのが一番。
      薬を飲んで症状が悪化する人、やめて穏やかになる人、
      これもまた、それぞれなんですね。
      てんかん薬を飲んでいる母に副作用があるかと言えばない。
      でも、ある人もいる。わかりませんね。

      ご主人の介護は、親の介護とは違うようです。
      経験がないので、なんとも。
      ご主人の介護をブログに書いていた人の気持ちは、
      ほぼ、介護としては同じですが、やはり、少し違う。

      親の介護だけで主人の介護がない私はある意味ほっと、
      しています。
    • 12. あんず
    • 2019年06月03日 14:14
    • 福童様、こんにちは。

      いやいや、福童様のお母様とはよく似ています(笑。
      そそ、医師は、心地よいことを言ってくれて、それぞれの
      症状に薬を出してくれるのが良い医者というわけです。
      母は低カリウム血症でした。
      それがわかったのは、浮腫みから。
      血液検査は施設では定期的にやっているようです。
      うちの母は、肝臓が丈夫なんですかね。
      量も期間もたくさんなのに、いまだに元気ですもの。
    • 13. あんず
    • 2019年06月03日 15:09
    • ももだよりのもも様、こんにちは。

      ばば様は99歳になられるんですね。
      お誕生日おめでとうございます。いつまでも長生きされますように。
      お薬は少なければ少ないほうがいいような気がします。
      通院が多いようですね。お気をつけて行ってくださいね。
    • 14. あんず
    • 2019年06月03日 15:18
    • 朱子 様、こんにちは。

      男性の認知症の暴力は、凄いものがあるようですね。
      知人のところでは、警察沙汰になり、
      強制入所になったケースもあります
      だから、穏やかになるには仕方ない薬もあるのでしょうね。
      向精神薬なくしてくれる施設でよかったですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット