今回の話題は介護関係を、チョイとハズレます。
ごめんあそばせね。


横須賀の衣笠に引っ越しをしてから、東京に
上京するときは、用事をそのときにまとめて
致します。

この日も午前中は打ち合わせをし、ランチは
恒例のクラスメイト宅でのお食事会。

集まってくるのは同年代ですから、おのずと、
話題は介護と自分達の将来のこと。

今回、久々に参加された方のお話。

彼女は、同じマンションで階数が違う部屋で
独居されている、母と同い年94歳のお父様と
老健に入所されているお母様を看ている独身
の方。

朝食を食べさせて、デイのお迎えを待って、
お願いをしてから、こちらに来たのよ。
今日は、お風呂に入る日なんで、少し遅くに
帰ってくるから。

アタクシなんぞは、介護といっても母一人。

実の両親に義理の両親もという方もおられる
ことには、頭が下がります。


さて、お話は介護のことではありません。
そこで、話題になったことでございます。

賞味期限のことから発展しました。

知ってます?
この頃、ご遺体を保存するのに昔ほどドライ
アイスを使わずに済んでいるんですってよ。

えっ?、そうなんや。

だって、現代の食べ物の殆どには、保存料が
含まれているでしょ。腐敗しないそうよ。


信じるか、信じないかは貴方次第
ってこと。

004


使用済みのティッシュを何度でも使う。

どうも、どこの母親にもあるある現象だそう。

ズボンのポケットには、いっぱい詰め込んで
いるから、忘れて洗濯して大変なことに。
わかるでしょ~


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. にゃんズの母
    • 2019年06月13日 09:51
    • おはようござます。

      使用済みティッシュ、美代さんもポケットに入れっぱなしです。
      鼻水をかみ、捨てるのかと思いきや、たたんでしまう。の、繰り返し。
      そうかと思えば、チョイと唇を拭いただけのものをポイと捨てたり。

      先日は、2日続けてティッシュの洗濯。
      終わった後の洗濯物の白さ(ティッシュまみれ)に、唖然。
      確認しないあたしが悪い!そうだあたしが悪いんだ・・・。
      と、自分に言い聞かせても、どうしても美代さんに文句を言ってしまう。

      得意の「もさげねな~」や「次は気を付けるがらよ」と、その場では反省の弁。
      反省だけならサルでもできる!
      そのあとに結び付かないのが、この病気のようですね。

      解っていても、しっくりこないのは、あたしだけではないですよね・・・。
    • 2. たまのママ
    • 2019年06月13日 13:11
    • あんず様こんにちは。北海道から兄が帰って来てました。兄と父は水と油、認知症になってからは、父は兄を不審者扱い。木刀持ってウロウロしてた父
      通院の付き添いやらした時は、玄関でありがとうございましたと頭下げる父
      兄は家に入れず(笑)グループホームから特養移動の時も、グループホームの所長がお兄様の顔見て不穏になったらタクシー呼びますから……(笑)
      今回面会で握手してきたとか
      年1回か2回の面会は気楽でしょうね。
      今回父の箪笥を処分、着物は袴以外は捨てる気でしたが、兄がまだ生きてるのに捨てやがってって夢に出てきそう、、だから、捨てるのは、死んでからと、、
      はあ?そんな事気にするんだ?バカみたい。父はとっくに兄の事など、忘れてる
      自分に息子が居た事も、忘れてるわっ。
      北海道だから……仕方ないと回りから言われて介護して来ましたが、なぜ私が?私だけ自分を犠牲して介護して……許しません。
      7月から介護してきた人が、遺産相続有利になるとか……。
      父の貯金、父が死んだら家を処分するのですが、全部私のものです
      母方のおじも、面倒見てきたんだから、全部もらえ、嫁が出てくるだろうけど
      負けるなと(笑)負けません
      葬式も、嫁は拒否しますし。
      またまた、特養から着信があり、ドキッとし、掛けなおすと髭反りが壊れたので新しいものをお願いしますと
      心臓に悪い…です。

      暑くなる前に持っていかなくては(笑)
      今年は昨年より猛暑が少ないとか……ほんとかな?

      ありがとうございます。

    • 3. ももだよりのもも
    • 2019年06月13日 19:27
    • あんず様お暇なときにコメントくださいね。楽しみにしています。
      ばばはショートから帰ってきました。いつも運転手にお金払ってねとばばはいいます。
      そしたら運転手の方がたくさんもらってますという声が家のほうにまで聞こえてきました。
      お母さまはもったいないと思ってチッシュを2回つかわれるのかなとかんがえます。
      ばばももったいないとおもってアイスの入れ物をとっておいたりしているの
      ばばがデーにいってるときにほっています。
      デーでした塗り絵は自分ではっています。
    • 4. 福童
    • 2019年06月13日 19:56
    • あんず様
      確か‥‥抗生物質を長期間投与された場合は、腸内細菌が減少するので遺体は腐敗しにくいという話を聞いたような気がします。でも最近の死者は延命治療で腸の中がスッカラカンだから腐敗しにくいのかも‥‥。言わば即身成仏の状態かもしれませんねぇ。

      ウチの母の食欲は旺盛ですが、どうやら段々とお箸が使えなくなってきているようで介護スタッフさんと共に今後どう対応すべきか検討中です。以前にあんず様が仰っていたように手づかみで食べさせるべきか‥‥そうなると皿まで舐め始めるんじゃないだろうか。いずれにしても母はまた一段階段を降りたようです。
      その先、母に残された階段が何段あるのか、先日のもも様の母上の突然のご逝去の書込みを思い出してしまいました。

      【父が息を引き取り、冷たくなり、棺に入れられ、熱い炎で焼かれ、ひからびた骨と化してなお、私の心は、涙でにじむことさえ戸惑っていました。】
      これは内田裕也氏の葬儀で娘の内田也哉子さんが語った言葉です。私にはよく解るような気がします。
      階段を降り果てて母が死んだ時、私は母のために泣けるだろうか。どうも泣けるような気がしません。
      お箸が持てなくなったからと言って母の階段はまだまだ続くんでしょうが、続けば続くほど私の中の涙は枯れ果てて行くんだろうなと思うと、いつもとは違った疲れがどんよりと乗っかって来ました。
    • 5. あんず
    • 2019年06月15日 02:46
    • にゃんズの母 様、こんばんは。

      使ったティッシュをズボンのポケットに入れないように!
      と何回言っても無理・・・。
      先日、スタッフさんから、「ベットの手すりにティッシュが
      干してありましたよ」と笑いながら言われました。
      「終わった後の洗濯物の白さ(ティッシュまみれ)」
      わかりますぅ!!
      ポケットを確認しなかったというあの後悔!!
      そうなんです、確認しないこっちが悪い!!
      この頃は、2回位手を入れて確認しています(笑
    • 6. あんず
    • 2019年06月15日 03:28
    • たまのママ 様、こんばんは。

      母もですが、認知症の場合、長期に顔を見せないと忘れてしまう
      ようですね。
      お兄様のことを忘れてしまったお父様。
      顔を見せなければ当たり前ですよね。
      「7月から介護してきた人が、遺産相続有利になるとか」
      そうなんですか。
      実家を処分したとき、兄は、私に売却金は一切、いらないと
      言いました。
      その代り、面倒をみてと言うなと。
      老後の2000万なんてありません。一応、いくばくかのお金は
      残りましたが、年金の額から切り崩して生活するようになると
      思います。
      そういうことを考えると長生きしたくない・・・。
      全部、たまのママ様が貰っていいと思います。
      頑張ってこられたんですから。
      お互い、まだまだ、頑張らねばなりませんね。
    • 7. あんず
    • 2019年06月15日 03:37
    • ももだよりのもも 様、こんばんは。

      赤い口紅をつけて、ショートへ。
      素敵なばば様です!
      そそ、お金を払ってねと、母もよく言ってました。
      認知症の進行が進むと言わなくなります。
      ティッシュを2度使うのは、鼻水の量が少ないからのようで(笑
      アイスの入れ物、そそ、取ってありましたよ。
      もも様のお話からだと、ばば様はショートへ行って下さる
      ようになったみたいでよかったです。
    • 8. あんず
    • 2019年06月15日 03:46
    • 福童 様、こんばんは。
      「抗生物質を長期間投与された場合は、
      腸内細菌が減少するので遺体は腐敗しにくい」
      なるほど、保存料の話もまんざらでもないとも言えますね。
      腸に何もないこともなんですね。

      お箸が使えないというのは、ずいぶん、進行されましたね。
      母の施設では、そう言う場合、スプーンを使うのではなく、
      小さな丸いおにぎりに、手を使って持って、口に運べるおかず、
      お皿は関係ないようでした。

      食べ物を食べ物として認識出来なくなったり、
      ゴクンと飲むことを理解出来なくなる・・・
      そうなると、もう終末期のようですね。

      福童様のお気持ち、よくわかります。
      私も泣けるかな?と思います。
      やっと終わったという解放感のほうが先のような気がします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット