アタシ、こんな生活、嫌なのよ。

前日の菖蒲園での、嬉しそうな顔とは違う、
少し目を吊り上げて、ムカついている風な母。

おっかさん、アータが望むのは、娘のあたしと
一緒に暮らすことやろ?

10年間、あたしにかしづかれてきて、それが
当たり前になってしまったんよね。


母は認知症を発症する前には、早く結婚したら
とか、どこか施設に入れてもいいとは言って
いました。

介護のために娘の人生が変わってしまったこと
など、全く頭にはありません。

さいざんす、相手を慮るなんて、けもござい
ません。

ひたすら、自分のことばかり。

それが、認知症というもの。

わっかちゃいるけれど、ついつい愚痴が・・・。


しかし、鬼娘のアタクシはこの頃、やっと、
母を騙くらかすことが出来るようになったの
です。

いつまで、ここに居るの?

面会のたびに、アタクシに言ってくる。
それに対して、やはり同じ回答をします。

ママはね、心臓が悪いやろ?
24時間、医療従事者がいるところに居ないと
死んじゃうからね。

母には、まだまだ、「死にたくない!」という
気持ちがあると存じます。

お医者様がそばにいるから安心や。

アタクシは、或る意味、母の弱みに付け込んで
いるのです。

そういうと、その場では納得し、黙ってしまい
ます。

こういうとき、思う、いつもの鬼娘、
早く、認知症が進行してくれないだろうか・・・。

020

プリンターの調子が悪く、今日は横浜駅にある
キンコーズまで出掛けました。

バスの時刻表、見間違いました。

そう、今日は日曜日。

アタクシは平日を見て、家を出たのです。

家に戻るのも癪だし、2停留所を歩いて時間
潰しをしました。

ブログをお読み下さり感謝です。
応援頂ければ、幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (9)

    • 1. かりん
    • 2019年06月16日 22:56
    • 素敵な笑顔も、日替わりで変わっちゃうのですね。

      義母も今の施設に移った当初は、会いに行く度、「早く帰りたいわ。息子が二人もいるのに、何でこんな所に…」「息子らに言いたい事は山のようにあるけど、私は我慢しとるんや。」などとグチグチ言われました。

      本音は弟である我が夫と暮らしたい気持ちは見え見えでしたが、私は敢えて気付かないふりして、その愚痴をスルーしてました。

      私としては、今まで私達弟夫婦が1から10までやってきたんですから、去年から全くのフリーな生活で年金もらえる年になった兄夫婦に見てもらってね、と内心思って義母の愚痴をスルーしてきたんですが、あんまり毎回毎回言われて…ちょっと我慢も限界!

      思わず「私も言いたい事は山のようにありますが、言ったら終わりになるかと思って我慢してます。」と微笑んで話した鬼嫁です。
    • 2. はるはる
    • 2019年06月17日 10:09
    • あんず様、こんにちは

      お母様、やはり「帰る」ことに執着されているのですね。毎回毎回そう言われ、同じ返答、ホントにこちらがおかしくなりそう。でも、ウソも方便で、共感を示しながら受け流すのが一番穏やかにいくのではと思います。

      母は、もう自分の家がどこなのか分かっていないよう。母の今の執着は、トイレと薬と‥‥あとは自分の母親(私からして祖母)がどうしてるか?ということです。
      祖母‥‥とっくにおらへんっちゅうの‼︎と言いたくなりますが、、、スルーして別の話題へと話を振ります。子供にでも返っているのでしょうか。

      最近、暑いのか寒いのか、よく分からなくて着る物に困りますね。母の厚いカーディガンを持って帰ろうとすると「冷房が効いているから、持って帰らんといて‼️」と。毛布も拒否られて持ち帰る事が出来ず‥‥スタッフさんから何か言われるのではとヒヤヒヤしています。
    • 3. ロコ
    • 2019年06月17日 10:27
    • あんず様、こんにちは。

      読ませていただいていたのですが、心身ともに疲れ切っていて、メッセージを書き込む気にもなりませんでした。

      お母様が認知症になる前は、どこか施設に入れて良いからね。
      と、おっしゃっていたんですよね。^^;
      私も常にそう言っています。

      勝手な親に、私の華々しい?はずの老後人生を変えられたし、少しずつ、益々自分本位になっていく母には辟易していますから、
      私も子にはなるべく面倒をかけたくないと思っているのですが、あんず様のブログを読ませていただいてから、一言付け加えております。

      今はこう言っていても、認知症になれば自分本位になって、施設に行くのを嫌がるかもしれないけど、正常な気持ちでは本当にあなた方に私のような思いはさせたくないと思っているから、罪悪感など一切持たずに、私の意思だと思って施設に入れて貰って結構!と。

      で…うちの母…
      医者がビックリするほど認知症の進みが遅いそうで…
      早く一気に進んでくれないかなあ〜
      あるいは、転んで車椅子とか…
      と、悪魔の声が…

      特養も、要介護三からしか申し込みもできないんですものね。(^^;;
    • 4. かずみん
    • 2019年06月17日 11:21
    • あんずさま こんにちは。
      菖蒲園の写真、とてもきれいでした。お母様の笑顔も。

      母も4月のレクでチューリップ園に行った時、とても楽しんでいたそうですが、
      数日後に私が面会に行ったときは、そのことをすっかり忘れていました。
      花と一緒に撮ってもらった写真を見て「あたし、こんな所いつ行ったん?」と不思議そうな顔。

      もの盗られ妄想の時、入所者の一人を犯人と思い込み、ひどく攻撃するそうで、

      母はもの盗られ妄想が初期から続いているのですが、最近は入所者の一人を
      犯人と決めつけて攻撃するそうなんです。

    • 5. かずみん
    • 2019年06月17日 11:23
    • すみません、途中で送ってしましました。

      母のもの盗られ妄想がこれ以上ひどくなると施設を出されるのではないかと心配です。
    • 6. あんず
    • 2019年06月21日 13:04
    • かりん様、こんにちは。

      コメント返しが遅くなりました。
      m(_ _"m)ペコリ

      そうなんです。菖蒲園を一緒に散策したことなんか、
      すっかり忘れてますし、私が来たことも、私の姿が
      見えないと忘れてしまう。

      認知症でなく、身体が不自由な入所者の方々は、
      不平不満をおっしゃいません。
      たぶん、あっても言うべきではないと、
      理性で押さえておられるのでしょうね。
      そういう意味では、スルーして、気にしないと、
      私達が考えるほうがいいのかもしれません。

      誰と一緒に住みたいか・・・、あるんですねえ。
    • 7. あんず
    • 2019年06月21日 13:16
    • はるはる 様、こんにちは。

      コメント返し、遅くなりました。
      <(_ _)>
      「毎回毎回そう言われ、同じ返答、ホントにこちらがおかしくなりそう。」
      そうなんです。
      スルーしよう、施設から出れば、言われないんだからと
      思いつつも、おかしくなりそうです・・・。

      「最近、暑いのか寒いのか、よく分からなくて着る物に困りますね。」
      わかります!!
      カーディガンはやっと、夏用に替えられました。
      そういうときは、スタッフさんに替えるタイミングを聞く
      なりして、気にしていることをアピールします。

      私が今、気にしているのは、掛布団をいつ交換していくか、
      です。
      シーズン中、布団干しもなく(冬は取り替えませんでした)
      掛けていると、ジメーッとした感じになるからです。
      入所して、万々歳ではないんですね。
    • 8. あんず
    • 2019年06月21日 13:25
    • ロコ 様、こんにちは。

      コメント返し、遅くなりごめんなさい。
      m(_ _ )m

      「心身ともに疲れ切っていて、メッセージを書き込む気にもなりませんでした」
      その状況はよくわかります。
      面会に行くとそれだけで、疲れ切る・・・。

      そそ、「華々しい?はずの老後人生」を送るには、
      体力がなくなってくるんです。
      母に言いたいです。送るだけの体力が残るうちに、
      逝ってくれないかと。

      私には子供がいませんので、姪には言っています。
      頑固に「私は施設に入らない」とごねても、
      強制的に入れるようにって。
      二人の認知症の祖母達を見ているから、冷静にやって
      くれると思います。

      自分本位・・・。
      認知症症状の第一の症状ですね。

      うちの母も認知症の進行度は亀の速度です。
      「転んで車椅子とか…」
      大丈夫、私は、母の骨折を心から願ってましたから。
    • 9. あんず
    • 2019年06月21日 13:33
    • かずみん 様、こんにちは。

      コメント返し、遅くなりました。
      (ToT)ゞ スンマセン

      写真だけを見ると、認知症とは思えないようで。
      とにかく、外面ヨシコさん、
      やること、言うこと、まだまだ、他人様には気を
      使っているようです。

      「入所者の一人を犯人と思い込み、ひどく攻撃する」
      それは、認知症の周辺症状で進行に合せて消えて
      いくことを待つほかありません。

      母も入所した当初は、暴言婆さんでした。
      特定の人を攻撃していました。
      スタッフさんは、テーブルの席替えをして、その人から
      離してくれました。

      プロに任せましょう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット