母の施設(特別養護老人ホーム)へ行った昨日、
集団リハビリもある日なので、そのつもりで
おりました。

しかし、施設内でご逝去された入所者さんが
おられて、一階のホールが使えないのでお休み。

ご遺体が施設を出る前に、一階のホールで
お別れ会があるようです。

老人ホームです。新陳代謝があって当たり前。

なければ、なかなか、入所出来ませんもの。


思い出すのは、骨折した母が退院して老健
(介護老人保健施設)に入所していたときの、
東京都大田区の特養申し込み。

大田区の特養の優先申込みは、年に2回のみ。

随時ではないので、申し込みは、区内全所に。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると細かな詳細も
無視。

それでも、殆どの施設から400~500番の通知。
大田区での入所を諦めました。

当時、居た老健の近所の横浜市の特養では、
43番目。

どのくらいで入所できるか、尋ねると時間的に
すぐだとのこと。

二桁ですぐ?と疑問でしたが、今、思えば、
さも有りなん・・・。

すぐと聞いて、慌てて、今の施設へ正式に申し
込みました。

入所まで、半年ほどと言われていたのが、すぐ、
面談の話を頂きました。

母が入所出来たのも、どなたかが・・・
なんですよね。


003

以前、集団リハビリに行くエレベーターの中で
正面にある鏡を見て母が言いました。

まぁ、アタシの髪、真っ白だわ。

仕方ないやん、94歳やもん。

94歳?!、アタシ、まだ、80歳位と思ってた!


おっかさん、っつーことはあと、10年は生きる
気なんやねえ。


ブログをお読み下さり、有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. かりん
    • 2019年07月13日 10:39
    • 施設の新陳代謝…なるほど、おっしゃる通りですね。
      別れがあって、次なる出会いもあるのですね。
      何しろ随分と長い列がついてますものね…


      木曜日、義母の食事介護に行きビックリ!

      プリンのような栄養補助食品が2個のみ…
      月曜はふつうにミキサー食を食べてたのに、え?いつからですか?と尋ねましたら、昨日からと…

      睡眠剤が効きすぎてるのか日中も眠ることが多く、食事の際咳き込む事が多いから、少し様子を見るらしい。

      ある意味食事だけがそれなりにきちんとできていたのに…
    • 2. かりん
    • 2019年07月13日 10:45
    • すみません、途中で誤差動送信してしまいました。

      実父の最期4、5月の姿とだぶって見え、何だか衝撃的姿でした。
      たった3、4日で、またすごい下がりようで、もしかして長くないのか?と気持ちブルーになりました。

      いつまで続くのか?と思っていましたが、急激な変化を見ると、これまた気持ちが追い付かず…何だか複雑です。

      人間の最期は何だかほんとに哀れすぎる…
    • 3. あんず
    • 2019年07月13日 23:51
    • かりん様、こんばんは。

      「いつまで続くのか?と思っていましたが、急激な変化を見ると、
      これまた気持ちが追い付かず…何だか複雑です」
      そそ、この気持ち、よーくわかります。
      あれ?ひょっとして、このまま・・・と思うとそれはないと
      心のどこかで思いますね。
      元気だと、いつになればと思う・・・
      ほんまに複雑ですね。

      お義母様は急激に悪くなられたのですね。
      波があるので、また、よくなる可能性もありますよ。
      しかし、それはそれで、複雑な気持ちに陥る・・・
      そうやって、覚悟していくものなのかもです。

      人間はいつかは亡くなる・・・。
      順次には当たりま前なことだと思います。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット