施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会の
終了は、夕食の配膳が始まる頃。

母のユニットでは、キャバリアのナナちゃんの
お母さんが亡くなって、入所者数は8名。

午後5時近くなると、部屋で寝ているオシメを
している入所者さんは取り替えをし、母のように、
介助があればトイレが出来る場合は、それぞれ、
済ませます。

集団リハビリがある場合は、ユニットの入り口で、

みっちゃん、今なら、トイレが空いてますから、
食事の前にトイレへ行きましょう。

とスタッフさんが声を掛けてくれて、アタクシは
お任せします。

しかし、何もない場合は、ベットから身支度を
して、リビングへとアタクシが連れ出します。


或る日、午後4時50分、アタクシは母に声をかけ
ました。

さあ、お夕飯やから、起きて身支度しよ

すると、母が言いました。

アナタはどうするの?

あたしはこのまま、帰るよ。

いやだ!!、アナタと一緒に食べたい!

泣きそうな口調でした。


あちゃー、いつもとちゃうやん。
どうやって、部屋から連れだそうか、言い訳を
どうするかと、アタクシは頭の中で、色々な
ケースを考えました。

とにかく、リビングに出してスタッフさんに
お願いすることだと思いました。


また、明日、来るからね。
そろそろ、お夕飯や。

身支度をして、車椅子でリビングへ。


みっちゃんさん、トイレは大丈夫ですか?
これから、お夕食ですからね。

スタッフさんから言われた母は、ケロッとして

いい匂いがするわぁ。ご飯、楽しみよ!


はぁ・・・、あの、泣き出しそうな感じは
なんやったん?

あのとき、母を施設に残して帰ることに少々、
後ろめたさを感じていたのに。

そうだった、一瞬で記憶もない、感情も忘れて
しまうんだった。

感じなくてもよかったんだ。

なーんだ・・・・。


017

そろそろ、真冬用のズボンに取り替えるかなと
思うような寒い関東でした。

掛布団も、12月に入ったら、取り替えを考えて
います。

母の部屋には、加湿器が設置され、なんとなく、
布団が湿っぽいので。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援、よろしくお願いします。





人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村 スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. かりん
    • 2019年11月23日 22:07
    • 泣きそうに「一緒に食べたい!」なんて言われたら、ほんとにドキッとしますね。

      私もほぼ毎日昼御飯を一緒に食べますが、友達とランチや家族で出かけたりと用事があると行けない日もあります。

      「明日は来れんから、ちゃんと一人で食べるんやよ。」と言う時や、「明日またね~」と帰る時は、必ず「また来てね。」とか「待っとるわ。」などと言われ…重いなぁと感じる事があります。

      姉がいるはずなのに、自分一人にだけかかる重圧にムカつく日々です。
    • 2. あんず
    • 2019年11月24日 02:37
    • かりん 様、こんばんは。

      そうなんです。ドキッとしました。
      そして、どうしよう・・・。施設に入れちゃったんだと思いました。

      『必ず「また来てね。」とか「待っとるわ。」など』
      それが重圧という気持ちもよくわかります。
      認知症になると、娘が重圧を感じるというのが
      わからなくなるのでしょうか。
    • 3. ロコ
    • 2019年11月24日 20:57
    • >>そうだった、一瞬で記憶もない、感情も忘れてしまうんだった。
      感じなくてもよかったんだ。
      なーんだ・・・・。<<

      あんず様、
      これ、物凄く重いです。
      本人は意外に考えもなく発した言葉でも、こちらにしたら重くのしかかる時があるんですよね。

    • 4. あんず
    • 2019年11月25日 01:22
    • ロコ様、こんばんは。

      言われたときは、それこそ、一瞬、「あー、どうしよう。」
      と後悔の念。
      でも、本人は、全く、そんなこと考えない。
      そのときに感じたこと、思ったことを言うだけ。
      わかっているんですけれどね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット