今日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の
面会とセットにしている施設のワンコ、文福の
散歩を終えてユニットに戻りました。

母の部屋のお向かいの部屋へ、スタッフさんの
出入りが頻繁でした。

すると、当直看護師さんがやってきました。

あー、お向かいさんは具合が悪いんだ。


お話は、お向かいさんのことではありません。

その当直看護師さんにアタクシが血液内科の
ことで、横須賀市内のどの病院がいいかの、
アドバイスを頂きました。

このときの経緯が、総合病院は年寄りだらけ
に、少し書きました。
血液内科を受診するようにと言われたのは、
帯状疱疹を診て貰った皮膚科での血液検査の
結果からでした。

白血球のなかの好酸化球の数値が異様に高い、
というのです。

好酸化球の平均数値は、7~8%。
アタクシの場合は、30%

この数値が高いということはアレルギー疾患が
あるということ。

しかし、耳鼻科の先生はアタクシの鼻の状態で、
この数値はないと判断して、内科へ紹介状を
書いてくれ、内科でも全くわからないという
ことで、血液内科への紹介状となりました。


横須賀市内の大手の総合病院は2つ。

どちらを選ぶかを当直看護師さんに電話で聞いた
とき、ざっと説明しました。

すぐに理解してくれて、適切な方を選んでくれ
ました。


そこの血液内科での検査で、一番疑われたのは、
膠原病。

結果は、陰性。

肺も心臓も異常なし。

結局、また、耳鼻科へ差し戻しとなりました。


そこで、ユニットで看護師さんに会ったので、
明日、鼻のCTを撮りに行くと告げると、

あー、鼻茸がどうなっているかを診るんですね。

クドクド説明しなくとも、アタクシの状況も
ちゃんと覚えていて、サッと返事をくれました。

これなら、母のこともお任せして大丈夫。
何かあっても、相談にのって貰えるという確信を
持ちました。

015

どうぞ、お大事に。
みっちゃんさんは、とても、お元気ですよ。

当直の看護師さんは、そう言って、ユニット
から出ていきました。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援、よろしくお願いします。





人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. ロコ
    • 2019年11月25日 10:05
    • 家族をお願いしている施設や病院の、医師や看護師さんのレベルで、こちらの治療環境や命の重さが違ってくるって、実感しています。

      あんず様のお母様は、優秀な人材に恵まれた環境で過ごされて、お幸せだと思います。
      施設の人材も医者のレベルも、色々ですもの。

      施設に入る前だと、ケアマネさんの能力次第で、本人のそれからが随分違ったりするようにも思います。

      昨日、入院した叔母の様子を見に行ってきました。
      ちょっとの間に、まるで別人のようになっていました。

      田舎では特養などは5百人待ちだとかで、遠く離れた他県の我が街の、医療系の?有料老人ホームに入れるのだそうです。

      遠くてなかなか行かれないだろうからよろしくね!と言われ、
      本人の気持ちを考えるととても複雑になり、
      だけど、つきものが落ちたようにスッキリしている(ように見える)お嫁さんの立場で考えれば、それはそれは…^^;

      どっちの気持ちも理解できるのが苦しいです。( ´Д`)=3
    • 2. はる
    • 2019年11月25日 10:56
    • こんにちは
      ご無沙汰してました。
      実父の在宅介護4年目に突入寸前の6月に私自身が在宅介護出来なくなりました。
      施設を探し老健に、そして入所中2度の救急搬送され3度目には施設側から拒否されました。
      初めは1ヶ月の入所予定が私の治療方針が追加され計4ヶ月の入所と入院になりました。
      施設側の対応も本当に其々で思い知らされました。半月で私の名前が分からなく焦りました。
      そして悲しくもなりました。
      あんず様のお母様の入所されてるような施設なら本当に安心していられるといつも思います。
      4ヶ月後の今月から父を自宅に戻しました。
      自分が看れなくなった時思ったことは、勿論無理は禁物です頼れることはお願いする介護は変わらないつもりですが、施設やケアマネに頼ることってこんなにも苦しい出来事が起こるのですね。思い知らされました。
      在宅での葛藤も有るけれど自己満足と言われた介護の生活は、今の方が落ち着いていられます。
      先のことは分からないから日々丁寧に暮らして行けたらと思います。
      あんず様もご自身をお大事にしてくださいね。

    • 3. かりん
    • 2019年11月25日 17:08
    • あんず様、陰性結果でほんとに何よりです。
      私なんて色々検査に回されると、変なシュミレ―ションして落ち込んだりちゃいますから…
      鼻茸も心配ないといいですね。
      介護する側が、介護者おいて入院なんて笑い話にならんのやから、私はやはり内心正直に言えば、義母も実母もそこそこであちらへお願いしたい…と思ってます。

      今日もデイ・ケア記憶のない実母は、「え?私デイ・ケアなんか行っとるけ?」と不満そう…
      明日の火曜に向けての準備を、ブツブツ言いながらやりだしました。

      たかだかパンツ、長パンツ、半そで、長シャツこの4枚を準備するのに、「私の着てるのは、半そでだっけ?」と、セ―タ―脱いで今着ている下着を何回も確認してる姿に、ほんとに悲しくなってきました。

      こんなに情けない状態なのに、姉からのたまにしかこないメールに「元気にやってます。」と返信してるのを見つけ、正直腹立つ気分です。
      こんなに何もかにも支援されなきゃできないのに、「元気です」はないわ~
      「全く記憶もなくなり、かりんに面倒ばかりかけてます」と正直に言ってよ~何の見栄?!
      そしてそれが嘘だとわかっているであろうが、現実に目を背け様子を見にも来ない姉にも腹が立ち、ほんとにやるせないです。
    • 4. ももだよりのもも
    • 2019年11月25日 18:49
    • あんず様私も副鼻腔炎の症状がひどいときCTとりにいきました。
      そしたらだいぶたまっているといわれました。
      膠原病は大変な病気なので大丈夫でよかったですよ。
      鼻炎や副鼻腔炎がひどいときにも好酸球ってあがるんじゃないですか。
      私は糖尿の採血で一度貧血と言われてそれから鉄分がとれるヨーグルトをたべるようになりました。ばばがまめに昨日鶏肉をみんながたべているところであげてしまい
      ゲージからおきてきません。
      ずっとねてばかりです。調子悪いみたいです。
    • 5. のんきママ
    • 2019年11月26日 01:37
    • あんず様
      血液検査結果が出るまで
      心落ち着かなかった事でしょう
      キチンと調べてもらって、
      治療してもらいましょうネ
      頼りになるスタッフさん達
      有り難いですネ
      寒くなります、体調に気を付けて下さい

    • 6. あんず
    • 2019年11月27日 02:41
    • ロコ 様、こんばんは。

      おっしゃる通り、在宅介護で重要なのは、ケアマネ。
      施設で大事なのは、介護士や作業療法士、看護師など、
      現場の方々、また、事務方も必要ですね。

      入った先の施設や病院で環境が大きく変わりますから、
      本人の「なにくそ根性」がなければ、そのまま、
      衰えることでしょう。
      田舎も特養が500人待ちなんですか?
      東京並み?なんですね。
      当時住んでいた大田区もすべての施設が、500人待ち。
      横浜市は入所しやすいと言われて、横浜市にも申し込み
      ました。確かに、40番目でした。
      東京を離れるのなら、横浜も横須賀も一緒だと思い、
      今の施設にも申込みました。

      本人の気持ち、そりゃあ、施設や病院がいいとは言えません。
      だからと言って、比較的ご近所のロコ様に頼むのも、
      なんですよね。
    • 7. あんず
    • 2019年11月27日 02:41
    • はる 様、こんばんは。

      在宅介護が出来なくなるというのは、辛い思いをされた
      ことでしょう。
      高齢者は環境が変わると、病気になりますね。
      母も老健に入所して、肺炎になりました。
      男性は認知症の進行が早いと思います。
      半月でわからなくなるというのはわかるような気がします。
      今後、在宅介護をされるということ、
      任せられるところは任せて、ご自身のお時間も大事にして
      くださいませ。
    • 8. あんず
    • 2019年11月27日 02:52
    • かりん 様、こんばんは。

      内科から血液内科へと言われたときは、ガーン!でした。
      異常な数値を表すものが、膠原病とわかって、お先真っ暗!
      陰性と聞いて、心底、ホッとしました。
      鼻茸の手術をするのでも、母が施設に居るということで、
      安心して入院出来ます。
      調べてみると、超短期の入院で済むとのこと。

      お母様も短期記憶がなくなりつつあるんですね。
      だから、何回でも確かめる・・・
      ほんに悲しいことです。

      車椅子に乗っていても、母は家で暮らせるものだ思って
      います。
      そそ、一人では何も出来ないということを今も理解して
      いません。
      メールの返信が出来るお母様はすごいです。
      相手を慮ることが出来ない・・・
      面倒をかけている、申し訳ないとは打てないでしょうね。
    • 9. あんず
    • 2019年11月27日 02:57
    • ももだよりのもも 様、こんばんは。

      副鼻腔炎も、ひどくなる前にちゃんと治療すれば、
      手術せずに済むんですけれどね。
      1ヶ月以上、症状があるのに、病院へ行かなかったことが
      今回に繋がっているんだと思います。
      膠原病が陰性であったことは有難いと思いました。
      ヨーグルトも大腸にいいとか、鉄分を含むとか、
      色々な製品が出ていますね。
      まめちゃんは調子が悪いのですか?
    • 10. あんず
    • 2019年11月27日 03:07
    • のんきママ 様、こんばんは。

      そうなんです、膠原病の疑いと言われたときは、
      どうしよう・・・でした。
      しかし、陰性と聞き、安堵しました。
      好酸球が高いというのは、副鼻腔炎を悪化させた
      ためだと思いますが。
      周囲は、鼻茸の手術をしたほうがいいという意見が
      多いです。
      ブログを見てくれている同級生が、彼女のお兄様が
      その道のプロだと教えてくれました。
      手術と言われても、どの病院がいいのか?と
      また、悩むんだと思っていたので、有難いです。
      トータル、8キロ歩く・・・凄いですね。
      あまり、無茶をないさいませんように(笑
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット