今夜は、友人と新横浜駅の駅ビル内の焼き鳥屋
で、ちょいと、一杯。(友人は二杯でした。)

ネットで探して行ったのですが、なんと予約で
いっぱいで、カウンター席しか空いていないと
いうこと。

そう言えば、昔、駅前は原っぱで、何もなかった。
それが、今ではビル群。

そりゃあ、サラリーマンで混雑するわけだわ。


同級生である彼女との話の内容は、やはり、介護。
それも、親と近づく主人の介護。

彼女は姉妹で、90歳になる、一人暮らしの母親の
介護をしていました。

過去形になるのは、最近、姉妹喧嘩をしてしまい、
お姉様から絶縁を申し渡されたとか。

お母様に電話をしてみると「○子が来てくれて
いるから、貴女は来なくていい。」とのこと。

それなら、と行っていないけれど、やはり気に
なってしまうのよ、と。


ご主人はというと、以前、脳梗塞で倒れたけれど、
リハビリの結果、全く普通なんだそうです。

ご主人のお母様は特養に入所しており、彼女の
代わりにご主人が月に半分、実家へ帰っている
という介護の方法。

まあね、主人にしても、主人の母にしても、私が
行くよりいいのよ。だから、お好きなようにって
感じかな。


問題は、ご主人のこと。

今度、発作が起きると、ただ事ではないので、
出来れば、実家にいるときに、願いたいと言う。

じゃあ、もう、実家近くの施設を探しておけば?

いやいや、絶対、施設は嫌だって言うと思うわ。
主人を介護すると思うとゾッとする・・・


おばちゃんが二人、「アキレスって美味しい
わね。」と焼き鳥を頬張りながら、話す内容って
恐ろしいかも。

003

エルトン・ジョンのファンクラブに入っている
彼女。

今の楽しみは、ファンクラブの仲間と会って、
話しをすることだそうです。

シークワーサーは認知症予防になるっていう
から、毎日飲んでるの。

アタクシは、納豆とサバ缶をなるべく食べる
ようにはしていますが、毎日は無理・・・。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援、よろしくお願いします。

  



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ロコ
    • 2019年11月30日 09:57
    • >>主人を介護すると思うとゾッとする・・・<<

      これ、物凄く実感しますね。^^;
      身体が動かなくなるならまだしも、認知症にでもなられて身体がピンピンだったら、それだけで私が先に死んでしまうでしょう。( ´Д`)=3

      だけど子どもたちのためには、夫をあとに残すわけにはいかない。
      子供にもっと地獄を見せるだけですから。

      介護は続く…
      で、若いときから舅〜姑、50すぎて実父〜還暦過ぎても今は認知症の実母。

      これに夫の介護が続くなど、考えたくもない!

      ホント!
      人って、何で生かされたり、それぞれの時期に死ぬことになったりするのかしらね?^^;

    • 2. かりん
    • 2019年11月30日 10:15
    • 飲んで食べて、介護友と愚痴る!
      これ私の最近のストレス発散です。

      介護の辛さは経験した者しかわからないから…やはり経験者はわかってくれる。

      でも愚痴ってばかりも辛いし、コンサ―ト仲間もありがたい。
      こちらは幸せの空間、年齢も日常も忘れさせてくれて、話す内容もほんわかして幸せな気持ちになれるから…

      介護で姉妹兄妹が絶縁状態になってるのは、私の友人も同じです…
      私も実母や義母があの世の人になったら、姉とも義兄とも付き合いする気はありません。

      晩酌しながらその思いをぶちまけたら、「まぁそこまで言わんと…」と夫になだめられた。
      「じゃあ、何も親を心配もしてない義兄さんと、義母がいなくなってから何のおつきあいする?何か用事ある?」と聞くと、「・・・確かに互いに元気か?とも今も何も連絡とっとらんのが現状やな…」との事。

      夫の兄も私の姉も考え方が似てて、同じ種類の人間だなぁと最近つくづく思います。
      ある意味バッサリすっぱり型。自分にメリットがない事や面倒な事は、切り捨て御免タイプ。切り捨てても、その事に後悔も悩みもない様子です。

      まぁ時と場合に寄っては…そっちが幸せになるかもしれませんが…
      義兄夫婦が面倒見てたら、義母はとっくに四十九日も終わったような状態だったでしょう。
      しかし今、施設で胃ろうしながら、少し簡単な受け答えができる時もあるような姿で生きている義母を見てると…
      ほんとは義母の本心はどうなんだろうと、思い悩む事があります。
    • 3. あんず
    • 2019年12月02日 02:37
    • ロコ様、こんばんは。

      私は結婚を放り投げた立場なもんで、主人の介護という
      ことは、避けられました。
      ということは、義理の・・・というものもなく、
      それこそ、母で終わりです。
      あとは、あるとすれば、兄の介護の手伝いくらい。
      でも、自分自身の介護も考えねば・・・。

      母は60歳代に狭心症、心房細動と、長生きしないと
      医師から言われていました。
      私はそのつもりだったのですがね。
      「 人って、何で生かされたり、それぞれの時期に
      死ぬことになったりするのかしらね?」

      つくづく、思います・・・。
    • 4. あんず
    • 2019年12月02日 02:44
    • かりん 様、こんばんは。

      友人も言ってました。
      青山のバーで、エルトンジョンの話をすると、
      主人のことも忘れるって。
      そそ、介護の辛さを愚痴っても、更に辛くなるだけ。

      かりん様、なだめてくださるご主人様がおられるのはお幸せ。
      ぶちまけられる相手がいるなんて、羨ましい。
      兄に言うわけにもいかず・・・
      そそ、兄弟は他人の始まり・・・ですからね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット