先日、母の施設(特別養護老人ホーム)の
ユニットリーダーさんと話す機会がありました。

母のユニットでは、ユニット定員10名のところ、
ただいま、7名。

新しく入所される方が1名決まったようで、
部屋に名札が貼られました。


母の元来の性格は、イジメっ子タイプ。
それも、相手が弱いとわかると、強気に出る
ガキ大将。

だいたい、子供であるアタクシにもイジメて
それを楽しむという性格。

その話を、ユニットリーダーさんにしました。

母がこちらに慣れきた頃、リビングでお隣に
座っていたKさんを泣かしたことがありました
よね?

そうでしたね、Kさんの娘さんが驚いてました。
娘さんが言うには、「強い母が、泣くなんて」

だから、また、新しく入って来られる方を
イジメるんじゃあないかと思って・・・。


確かに認知症を発症すると、元来の性格が残り
ますからね。
それに、大丈夫ですよ。
瞬間的に火花が飛んでも、みっちゃんさん始め、
皆さん、すぐに忘れてしまわれますから。


さすが、頼もしいユニットリーダーさん。

018

12月2日は、亡き父の命日。

今回は、当日、血液内科の予約が入っていて、
お墓参りに行けず、今日になりました。

今までは、その日、母にわざと言っていました。

今日は、パパの命日なんよ。
だから、お墓参りに行ってきた。

昨年あたりから、母は、言うようになりました。

よかったわ。
アナタだけでも覚えていてくれて。


もう、アタクシは母に告げるのをやめようと
思っています。

忘れていることを、掘り起こすことはないと。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. たまのママ
    • 2019年12月05日 14:59
    • あんず様こんにちは
      亡くなっても片付けにも来ない
      そんな家族も、居るのですね。
      月2だけど、他の家族と、会いません。
      日曜に行ってみます。
      葬式でばばあに、お父さん顔変わって来てない?死が近づくと、顔が変わってくるの、違う顔になるの
      だから、顔変わってないか、見てって
      はあ…そうなの?
      ばばあ、霊感あるそうで。それが自慢
      お父さんも、そろそろかも…兄達が呼んでるそうです(笑)
      ほんとに霊感ある人は、自慢しないわっ。私も、ありますが、黙ってます。

      来年は、週4でバイト探します。
      お金が、欲しいです…
      介護友も、誘って、元気なくて、心配です。


    • 2. ケイ
    • 2019年12月05日 15:29
    • あんず様 こんにちは。

      あんず様のお父様のご命日は
      12月2日なんですね。
      少し 驚きました。私の父は15日が
      命日です。

      今朝 9時ごろ 母親に電話を入れましたら 繋がりません。9時ごろ 普段電話に出れない事は ありませんでした。
      私は 思いました。今月は父の月命日
      もしかして、 やっと重い腰を上げて
      母親を迎えに来てくれたんやろか
      「孤独死」の言葉の響きは 悲しいとか可哀想とか 連想する方も多いでしょうが、 家族と同居していても 朝 気づいたら 冷たくなっていた そんな話し
      幾らでも 転がっているじゃありませんか。入院しても、施設でも 死ぬ時はひとりで ひっそりと死ぬものですから。名付けて「孤高死」と 言い変えてほしいですわ。「孤高死」ステキなネーミング♡ で、話し戻します。母親 家で倒れていたりして それともおトイレ中?着信音聞こえず、そのまま?
      ともかく ちょっと待って もう一度 掛けようと思った矢先 母親から着信。
      携帯 見た時 生きてたんかー⁈
      はーーっ ガックシ、、父は迎えに来てくれませんでした。オチにもなってない。

      あんず様 長い 長すぎますわ。
      すでに とっくに 用意万端‼︎
      いつでも カモン‼︎ 待ちくたびれて
      疲弊。親孝行 問題なく大丈夫‼︎
      後悔? 全く無し無し‼︎
      私の役目は おくりびと。つつがなく
      あの世へと送り出す者です。
      今年も ワープの如く 一瞬で新しい年を迎える事でしょう。
      そして また 頭の中を母親に占拠された
      一年の幕開けになるのでしょうか‥‥。
      恐ろしや 来年こそは‥‥願 (*≧∀≦*)
      長くなりました。すみません^^;
    • 3. はるえちゃん
    • 2019年12月05日 16:09
    •  はじめまして 
      以前よりあんずさまのブログを読ませていただいており、私も、実母を介護しておりました……過去形なのは、先月に94歳で母が亡くなりました。11年間の介護生活でした。
      介護の最初の頃は、母も元気で、実の親子ということもあり、しょっちゅうバトルもありました。その中で「鬼娘」というタイトルにひかれて、あんず様のブログにたどり着いたわけです。しかし、3年程前から車イス生活になり、物忘れもはじまると、母が可愛くて、愛おしくて…そのような母を見ているだけで、涙がでてきたものです。今も、母のものを見るだけで涙です……
      あんず様の元気なブログを見ていると、介護していた頃の私と母を思い出し、なんだか懐かしくなって今回コメントさせていただきました。これからも大変でしょうが、どうぞお元気で。
      引き続き、今後も読ませていただき、母との思い出をたぐりよせて私自身、少しづつ元気になりたいと思います…
    • 4. みどり33
    • 2019年12月05日 20:08
    • あんず様、はじめまして。

      半年前くらいから読み逃げしておりました。
      でも、今日、「ケイさま」のコメント読んだら噴き出してしまい、、。
      当方、87歳の実母は先日、やっと施設入所、87歳の義母、半年前から入所しております。
      義母のほうは、30年前からずっと「カラダが弱いの」と連呼しておりましたので、まさかまさか、ここまで長生きされるとはおもいもしませんでした。。
      まだまだ「頑張る」そうです。。
      何に頑張るのでしょうね。。
    • 5. 福童
    • 2019年12月05日 21:06
    • あんず様
      ユニットリーダーさんの『確かに認知症を発症すると、元来の性格が残りますからね。』というお言葉、
      とんと腑に落ちました。
      認知症になると性格が変わると言いますが、それは長らく世間に覆い隠してた本来の性格が丸出しになるってことなんですね。ウチの母の場合も本来の苛めっ子気質がフルオープンになったということ。とても納得しました。
      そう言えばかれこれ10年位前に異母姉から「お母さんは福童ちゃんのことをけんもほろろに言うけれど、それは実の親子だからやねぇ。福童ちゃんはよく我慢してるねぇ」と言われたことがありました。
      ウチの母が私の箸の上げ下ろしまで文句をつけ罵るのは、その頃すでに私の日常になっていましたから「我慢強い」と言われてとても不思議な気がしました。考えてみればあの頃からすでに母は認知症で苛めっ子フルオープンになってたのかもしれません。
      その苛めっ子の母は遂に発語が全く無くなりました。先月、弟が帰省した際に異母姉と弟と私の三人で特養のお見舞いに行きましたが、その時も口が重く、一生懸命アイスクリームを食べさせながら語りかける異母姉にやっと発した言葉は「嫌や」という一言でした。
      私は母がやがて全く発語しなくなることを予想していましたから、弟や異母姉にとって最後に聞く母の言葉が「嫌や」というのは何とも情けないことだなと思っていましたが、その通りになってしまいました。
      私も最期に名言を言おうなんてことは思わないけれど、「嫌や」だけは嫌やと思います。
      認知症になれば最後は自分の性格が丸裸に晒される。実に興味深い教訓でした。
    • 6. あんず
    • 2019年12月06日 00:58
    • たまのママ 様、こんばんは。

      母の施設は開所して、6年ほどですが、
      開所早々、入所した人の中には、一度も
      面会に来ない家族もいると職員さんが言っていました。
      若年性認知症のココちゃんのお母さんの家族は、
      記憶があったときは、月一で来ていました。
      記憶がない今は、全くみえていません。
      なんだか、将来の私のようで・・・。

      たまのママ様には霊感がおありなんですか?
      感じるのは怖いです。なくてよかったぁー
    • 7. あんず
    • 2019年12月06日 01:54
    • ケイ 様、こんばんは。

      父が2日、亡くなった下の兄が1日(10月1日)、
      下の義姉が3日(2月3日)と、月命日が続きます。
      忘れないでと言われているのかなと。

      「孤高死」
      この言葉に賛成です!!
      ひとりでひっそり。覚悟の上でね。

      先日、横浜で友人と飲んだときのこと。
      その友人のスマホにお嬢さんから電話が入っていたのですが、
      話しに夢中というか、私もですが、呼び出し音を小さくして
      いたようです。
      お嬢さんは、何度電話しても出ないということで、
      お婿さんに車を運転させて、飛んできたとのこと。
      なんで、娘に飲みに行くって言わなかったの?
      と聞くと、いちいち、予定を電話しないもの、と言われました。
      彼女のご主人は、実家のお母様の介護で留守でした。

      もう一つの例は、年下の友人の話。
      お母様はまだ70歳代でした。
      台湾に友人達と旅行に出て、帰宅してみたら、
      お風呂の中で亡くなっていたそうです。
      年齢的に、まだ、死なないだろうと思っていたし、3泊4日の
      短期旅行だったので、途中で電話をしなかったとか。

      そそ、危ない、呼ぶ人を呼んだほうがいいと言われたことも。
      私自身、長期の旅行へは行かれないというか
      行きたくない。何かあっては駆けつけられないという思いから。
      そう思ってから、長いです。はい、確かに。
    • 8. あんず
    • 2019年12月06日 02:04
    • はるえちゃん 様、こんばんは。

      初めまして。ブログをお読みくださり有難うございます。
      先月に亡くなられたなんて、まだ、寂しさと悲しさが
      あるのでしょうね。
      ご冥福をお祈り致します。
      母娘ですからね、お互いに遠慮がなく、ガンガン言った
      こともありました。
      認知症初期の頃は、ほんまに、「あの悪魔!!」と
      思ったものです。
      やっと、この頃、長生きして欲しいと思えるように
      なりました。
      介護の先輩が言いました。
      終わりが近づくと、好々爺(婆)になるからと。
      その通りで、やっと穏やかさが出てきました。
      今後とも、よろしくお願いします。
    • 9. あんず
    • 2019年12月06日 02:19
    • みどり33 様、こんばんは。

      こちらこそ、初めまして。
      ブログを読んで下さって有難うございます。
      アハハ、お年寄りの殆どが、「カラダが弱いの」ですね。
      母も、「心臓が悪いの」の連呼、今もですよ。
      頑張る=なにくそ根性、です(笑
      今後とも、よろしくお願いします。
      読み逃げ、大歓迎です。
    • 10. あんず
    • 2019年12月06日 02:28
    • 福童 様、こんばんは。

      娘を苛めるというところは、母と福童様のお母様とよく
      似ていますよね。
      母が失語状態になったとき、最後、何を言うのでしょうか。
      ちょっと、楽しみになってきました。
      そそ、私自身も怖いんです。この性格の中から
      何が出るのだろうかと。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット