あら?、どこかで?

アタクシも、その人も、お互いに顔を見合わせ
ました。

そうだ!、母の施設(特別養護老人ホーム)の
ご家族の方や。

アタクシは、総合病院の耳鼻科の待合室に
いました。

その方も同じ耳鼻科を受診されていました。


毎週火曜日にある施設のイベント、「喫茶
やましな」に毎回、お母様を連れてくる息子
さんの奥様でした。

親子は、並んで座り、いつも何も話すことなく、
お母様には甘いジュースとアンパンを食べて、
ご自分はコーヒーを飲みながら、スマホを見て
いる。

認知症の後期であるお母様は、もう失語状態で、
声をかけられても、うなづく程度。

でも、こうやって、二人で座っているだけで
いいんだなと思わせる雰囲気がありました。

息子さんが仕事で来れないときには、病院で
お会いした女性が付き添って来ていました。


そうなんです、嫁の私が行くより、息子の方が
いいんですよね。

診察に呼ばれるまで、お話をしてわかったのは、
嫁である彼女は、甲状腺癌で通院していること。

在宅介護中に甲状腺の左側に癌が見つかった、
でも、長期に入院するわけにもいかず、お姑さんが
今の施設にお世話になるまで手術を待ったとのこと。

そのために、リンパにも転移していたそうな。

今度は、右に5ミリの腫瘍が出来ているのが、
わかって、生検をしたところなんですよ。

また、手術かもしれないけれど、施設に入所
して貰っているおかげで、入院が出来て有難い
と思っています。

ところがね、今日の午後、施設の看護師さんと
母のことで打ち合わせをするんです。


彼女によると、お姑さんが食事を採らなくなり、
今後のことをどうするか決めたいとのこと。


義母は、日によって気分が上下して、食べたり、
食べなかったりするんです。

この頃は、食べない傾向で。
今日の午前中は、主人が行くって。
まだまだ、元気だと思うんですけれどね。

アタクシは言いました。

急変することがよくあるので、わかりませんもの。
私も、今、母は元気だけれど、いつ、ストーンと
悪くなるかもしれないと覚悟をしているつもり、
なんですけれど。

そのとき、アタクシが順番になったので、話は
そこで、終わりました。
そして、アタクシに声をかけてくれました。


介護をするにしても、介護する側の健康も第一。
そちらも、病院に通院されているんですから、
お大事にしてくださいね。

006

その後、アタクシは、鼻の中のポリープの生検。

血液検査の好酸球の数値の高さは、副鼻腔炎が
原因かもしれないので。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援、よろしくお願いします。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. お茶っこ
    • 2019年12月06日 10:43
    • ご無沙汰しています。
      みっちゃん様お誕生日おめでとうございます。
      本当にゆっくりとした認知症の進行ですね。
      会話ができるのは元気な証拠です。

      私も久しぶりにブログ更新してみました。
      主人の手術から3か月、やっと仕事復帰(試し)しました。
      主人に対して家族中が心配したり穏やかに接してくれたこと
      感謝です。
      まだまだ調子は良くなっていません。でも家にいるだけでは本人も不安になるだけだし
      外に出ることは気持ちもいいものだと思って。
      そんな中、私の健康診断の結果が出ました。
      予想もしていなかった鉄が正常の半分以下だったらしいです。
      ヘモグロビンが基準値よりかなり少なかったので酸欠状態のようで。
      すぐ鉄の薬を飲むこととなりました。(やれやれ)
      今まで階段を上り下りすると心臓バクバク息切れぜーぜー、立ち眩み等
      更年期だから仕方ないと思っていたものは酸欠のせいでした。
      鉄を飲み始めてからは立ち眩みもせず息も切れない。動悸もない。
      なんだかな。。。って感じです。息子たちのその話をしたら
      「悪いけど今はお父さんのほうが心配だから」ってはっきり言われ
      私のことなど全く心配してくれません(笑)
      あんず様も病院通いとのこと、お大事になさってください。
      くれぐれもご無理をされませんようご自愛ください。
    • 2. にゃんズの母
    • 2019年12月06日 11:38
    • こんにちは。

      健康については、身に染みています。
      慢性ぎっくり腰(勝手な病名ですが)のある、あたしですが、
      昨夜、湯船から出られなくなった母を引きずり上げた際に、
      「あぁ~、腰・・・ヤバイかも」状態。

      今朝、タイヤ交換の為に、車に積み込んだのですが、
      案の定「ズキッ」。完全ぎっくり腰の一歩手前です。
      命に関わることではないのですが、愚痴ってみました。

      あんず様、お大事になさってくださいね。



    • 3. かりん
    • 2019年12月06日 17:03
    • あぁ~~~~ほんとにほんとに介護する側の健康、これ何より大事!

      私の肩にも夫の肩にも、両家の婆がそれぞれにどっしり乗っかってる!

      万が一義母より先に何かあったら、わたしゃ義兄夫婦に文句百万言って、義母を引き取って頂く覚悟です!
      私にも何かあったら、逆もしかり!

      義兄なんて、夫がlineで「落ち着いてきて特養ホームに入所して、うんぬんかんぬん…」と義母の状況連絡したら、「了解です」の4文字だった…
      有り得ん!
      「いつもありがとう」「迷惑ばかりかけとるね」「今度見に行くわ」「よくなってよかったわ」など、言葉知らんのか~い?
      興味関心ないんか~い?!
      仕事も終わって65歳、しょっちゅうゴルフして遊んどるはずなのに、見にも来ない!
      人としてどうなん⁉️と怒り心頭しましたわ。

      そんなこんなで怒ってたら、本日特養ホームから連絡あり、「そろそろ胃ろうの器具交換なので、病院付き添いして頂きたいのですが、いつにしましょうか?」と…

      え⁉️早くも交換⁉️やっと落ち着いてきたのに?
      半年に1回じゃなかったでしたっけ?
      バルーン型は3ケ月に1回の交換ですと?!

      はぁ…6ケ月用器具が体に合わず、手術中バルーン型に変えました、とはこうなる事だったのか…

      何か3ケ月に1回交換と半年に1回交換じゃ、本人の負担も大きな違いですよね…
      やっぱり胃ろうって見ると聞くとは大違いでした。

    • 4. ももだよりのもも
    • 2019年12月06日 19:02
    • あんず様鼻の中のポリープの生検。副鼻腔炎でポリープができるんですね。
      癌でないことをお祈りいています。私も乳がんのとき生検して癌だとわかりびっくりしてばばの胸で2度なきました。健康になりたいです。私も今日は近くの医院にいってきました。
      吐き気止めと高血圧の薬と睡眠薬をもらいにいっていました。
      明日ばばも病院にいってそれから前のデーにいきます。
      ばばが猫が鳴いてるのでゲージから出してやれといいますが
      脱走猫なので出せません。今こたつの中でねています。
    • 5. あんず
    • 2019年12月08日 13:30
    • お茶っこ 様、こんにちは。

      最初に、すみません、ブログのコメントにお茶っ子様と
      打ってしまいました。ひらがなでしたね。

      みっちゃん様もご存命ならば、母と同じ年でしたね。
      母はもう少し生きるようです。

      変な言い方ですが、ご主人様を見守ることと、
      みっちゃん様のお世話が重なったらともっと大変なことに
      なっていたなと思いました。
      その上、ご自身の健康も、鉄分のお薬で症状が楽になる、
      私も病院へ行くことが多くなって、健康が一番なんだと
      つくづく思いました。
      私も、病気と言えないもので、単に、好酸球の値が高いだけ。
      何の苦しいものはありません。

      病院でお会いした方は、甲状腺癌の手術をするようです。
      すでに、左側を切除されて、右も取るとホルモンのバランスがと
      おっしゃっていました。
      ご主人様の後遺症も辛いですよね。
      それに比べれば、私の通院は原因をつきとめるだけなので、
      幸いなことだと思います。
      お茶っこ様も、どうぞ、ご自愛くださいませ。
    • 6. あんず
    • 2019年12月08日 13:55
    • にゃんズの母様、こんにちは。

      お風呂から美代様を引き上げる下り、
      うんうん、わかるぅー!!でした。
      私も、湯船から立ち上がれなった母を引き上げた
      ことがありました。
      本人は足腰に力が入りませんからね。
      もう一つは、風呂場で倒れて、とにかく、
      脱衣場まで引きずるということもありました。
      真っ裸ですから、それから、救急車が来るまでに
      パンツだけでも、と必死でした。

      ぎっくり腰の手前、今、私も状態です。
      中腰で作業をしていて、ギクッ・・・
      今は、ソロソロと動いています。
      お互いに気を付けましょう!!
    • 7. あんず
    • 2019年12月09日 02:44
    • かりん 様、こんばんは。

      在宅介護のときは、風邪であっても寝ているわけにもいかず、
      いつもは、母を寝かせてから、ブログを書いたりしていました。
      でも、さすがに風邪のときは、母と一緒の時間に寝ていました。

      『「了解です」の4文字だった…』
      わかりますぅ!!
      うちの兄も、この4文字です。
      そそ、もう、勤めもやめているんですけれど、
      ゴルフ三昧・・・。

      胃ろうにも、個人差があるって知りませんでした。
      3ヶ月毎に取り替えるって、ご本人にとっても辛いことですね。
    • 8. あんず
    • 2019年12月09日 03:06
    • ももだよりのもも 様、こんばんは。

      生検をしたのは、癌の疑いではなく、好酸球性副鼻腔炎か
      どうかという検査なんですが。
      癌かもしれませんね。
      通っている耳鼻科のクリニックでは、
      好酸球性はあり得ないと言われているんですけれどね。
      友人が、昨年、乳癌の手術をし、その4ヶ月後、
      今度は大腸癌の手術をしました。
      検査の結果、乳癌からの転移ではなく、独自の原因
      とわかり、本人としては、早期で大腸癌がわかって
      よかったと言っています。
      健康であること、これが一番ですが、
      だんだんと、病院通いが増えてきました。
      まめちゃん、コタツで寝ているなんて、可愛いですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット