昨夜は、早い時間からパソコンの前で寝落ち。

こういう状態に陥っても、夜中からシャンと
して、ブログを書く?ことが出来るのですが、
その力も出ませんでした。

疲れること、何かやったっけか・・・。

いつもの時間に施設(特別養護老人ホーム)に
居る母の面会へ。

犬の文福の散歩へ行って・・・。

この頃の文福の散歩は、彼が年を取ったという
ことで、短めにと言われて、20分強くらい。

これで疲れることはありません。


いやいや、ありました。

爪切りです。

母は年末から風邪を引いていて、咳き込みや、
微熱があり、車椅子に座らせて爪を切ることが
出来ませんでした。

2週間、切らずにいました。

母の爪は、少し硬くなっていました。

さらに、爪床(爪の下面が接している皮膚の
部分)の一部に肉が盛り上がっている爪もあり
ました。

その肉の盛り上がり部分に爪切りの歯が当たり、
母はサッと手を引っ込めてしまいました。

やはり、定期的に切らないと爪も老化するよう
です。

以前、母の爪切りの記事に電動爪切りを紹介
してくださった方がいました。

検討したのですが、爪を充てるところが小さな
ローラーが回っています。

本人が充てるのなら、ローラーに押し付ける
感覚がわかることでしょう。

しかし、アタクシがやるとなると、押し付け
過ぎてしまうのではと心配です。

そこで、ググってみました。


介護職が実施できる爪切りの条件・方法

爪切りでは、皮膚を切ってしまったり爪を切り
すぎたりしないよう注意して進めることが必要
です。

1.ご本人に爪を切ることを説明し、同意を得る

2.介助者の姿勢・位置・構え方が正しくとれる
 ようにする
3.ご利用者の指を持って、しっかり固定させる

4.爪と皮膚との重なりに注意して、爪の裏側の
 皮膚を手前に引き、爪と皮膚を離す

5.白い部分を1,2mm残して切る

6.角を切りすぎないようにし、四角く切る。
(巻き爪防止)

7.ある程度の長さまで切ったら、やすりで仕上
 げる

介護アンテナHPより


電動爪切りより、爪やすりの良いものを購入
したほうがよさそうです。

007

爪切りを終えて、母をリビングに連れ出した
ときには、他の方々は夕食を召し上がって
いました。

いい匂いね。

そういう母に、
これから、お夕食やからね。お部屋を片付けて
来るから待っててや。

と言って、リビングの小さなソファにのんびり寝ている、
大喜に母の注意を引きました。

ほら、そこに大ちゃんが寝てるよ。

と言うと、

まぁ、かわいい寝顔ねえ。

それをきっかけに母はアタクシを忘れてくれる、
これも、神様が与えてくれた救いかも。

006

大ちゃんと同じような恰好で微睡んでいるナナ。


ブログをお読み下さって有難うございました。
応援、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット