今日は、作業療法士さんが会議のため、集団
リハビリはお休みでした。

こういう日の母との面会は、土日のように、
テレビを見ながらの会話。

新型肺炎に関しても、興味もないようですし、
というより、よくわかっていないというところ
でしょうか。

アタクシが、母の部屋にいるときは、入り口を
開けておきます。

すると、文福がやって、母の布団の上に乗ったり、
ミックが走り込んできたり、ココがチョロチョロ、
出たり入ったり・・・。

この頃は、ナナちゃんがわざわざ、来てくれる
ようになりました。

彼らのおかげで、テレビ以外の会話も出来ます。


午後4時50分過ぎに、夕食のために母を起こして
リビングへ連れ出すのですが。

夕食?、ここに持ってきてくれるんじゃあないの?

風邪を引いたときに、咳が出るので、部屋で食事を
取っていたからでしょう。

またぁ、そんなことを言うて、アカンやん。

だって、面倒なんだもん。

食事の度に、ベットを出て、身支度をして、と、
こういう動きもリハビリなんよ。

ふーん・・・

渋々とズボンを履いて、車椅子に乗る母。

施設では、寝たきりでない限り、食事のときは、
着替えてリビングで、介助を受けて食べるのが
基本のようです。

母をリビングの定位置につけて、アタクシは
ほっとして、スタコラサッサ、です。

009

食べること、

これには、まだまだ、母は反応します。

先日、体重が少し増えていますと言われました。

まさか、増えてもいいから食べさせて下さいと
言いたくなるんですが。

体重が増えると膝に負担がかかるそうなのです。

今は立ち上がることが出来るので、それを保持
しようとしているようです。


ブログをお読み下さって有難うございました。
応援、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. かりん
    • 2020年01月31日 10:45
    • ほんとにしっかりした施設で感心ですよね。

      本人の生活のクオリティを下げないよう、きちんと体重管理してるんですね。

      義母の施設も、義母の体重管理してくれるのかな…
      痩せたのか、痩せてないのか…胃ろうの効果はあるのかないのか…

      「あ~あ~」がメイン言語となった今は、面会時は私の思いや見たことを、一人朗々と語る時間となってます。

      沈黙では30分持たないので…

      コロナウィルス、老人にうつりやすいのか⁉️私も聞きたいです 笑
    • 2. あんず
    • 2020年02月01日 11:48
    • かりん様、こんにちは。

      母のユニットは、特に、体重制限が厳しいです。
      先日、亡くなったナナちゃんのお母さんの入所して、すぐの写真が
      私の携帯に残っていました。
      まん丸なお顔のころころしたした体格でした。
      それが、だんだんと痩せてきてましたもの。
      犬たちもそうなんですよ。
      ミックは、ボンレスハムのようなむっちりした体形でした。
      それが、今はでは、すっきりしています。
      如何に厳格にやっているかです・・・。

      お義母様のところも、やっておられると思います。
      胃ろうの場合は、栄養の吸収が第一ですから、
      体重はそんなに増えないのでは?
      増えると体位を変えるときなど、職員が大変ですもの。

      「面会時は私の思いや見たことを、一人朗々と語る時間」
      えーっ、それもきついですねえ。
      会話が出来てもきついのに。
      コロナウィルスは、高齢者や子供にはかかりにくいのだそうです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット