要介護5で、車椅子生活の母親を一人息子である
Yさんが介護していました。

まだ、自力歩行が出来ていたときは、まだ、
なんとかできたものの、まったく動けなくなり
限界を感じたのだそう。

お話を聞いてみると、93歳になられるお母様も
これ以上は無理、施設へ入所しようと思われた
とのこと。
そこで、2月末に母と同じ施設に入所することと
なりました。


このお母様、母と違って物分かりの良い方。

デイへの通所も、ずっと、自分を介護している
息子に自由になる時間も必要だと思って、
行かれたようです。

何も言わずに3~4年間デイへ行っておられたとか。

それでも、車椅子でないと動けなくなり、これは
もう施設に入所した方が息子のためと考えられた
ようです。

母の施設を選んだ理由は?と、伺ってみたところ、
ショートステイで行った他の施設と比べてみて
ここなら、入ってもいいと思われたそうな。

内部の様子や食事の内容など、よくなかった、
だから、ここがいいと。


施設を選ぶ方法として、こういうふうにする
のもいいのかもと思いました。
母の場合は、ショートステイ先は一か所だけ
でした。
数か所経験してみること。

002

認知症であるか、ないか、要はこの点が重要。

母も認知症を発症しなければ、デイへももっと
行ってくれただろうし、施設への入所ももっと
早かったかもしれません。

ブログをお読み下さって有難うございました。
応援、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. かりん
    • 2020年02月04日 20:12
    • 施設のご飯やstaffさんの信頼度とかって重要ですよね。

      今日は去年の9月9日に胃ろうして以来、義母にとって初の経口摂取してみました。
      と、言ってもスポンジに林檎ジュース含ませて、ほんのひとなめしただけなんだけど…

      87歳の誕生日がほんの数日前で、せめて何か口から…と思い、staffさんに相談したのですが、その思いをくんでくださり実現になりました。

      手の空いたstaffさんが10名程義母の部屋に来て下さり、一緒にHBDの歌も歌って祝ってくれました。

      毎年、私と二人でランチへ行ってたのですが、85歳の時は病院で、86歳の時は老健で…やっぱりいずれも私と二人で小さなケーキで祝いました。
      今年はさすがに夫も、来年母が誕生日をむかえられるかわからないと思ったのか1時間年休をとり、私たちとstaffさんで祝い、staffさんの優しさが身に沁みた一日となりました。

      ほんのひとなめ、ふたなめでしたが、確かにゴクンと飲み込み、生きる気力を感じました 笑

      先は長そうですね…笑
    • 2. あんず
    • 2020年02月06日 13:33
    • かりん様、こんにちは。

      お義母様のお誕生日おめでとうございます。

      最後かもしれない、お誕生日をスタッフさんを含めて
      賑やかにお祝いしたことと、たとえゴックンであっても
      喉を通る味わいを感じたこと、ほんと、よかったです。

      コメントを読むと、お義母様の生きる気力は、確かにありますね。
      鼻から栄養剤で父親をしばらく、寝たきり状態で生かした?友人に
      よると、もう生きる気力がなくなると、細胞も水分、栄養を
      拒絶するので、そのときは、食べさせることを諦めることだと
      言っていました。

      お義母様は、おっしゃるように、もう少し、長生きしそうですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット