ここ横須賀は、海に近いためか、風が強い。

駅に向かう道々、一軒家を見ると殆どの家が
晴れていても雨戸のままというのが多いです。

時折、アルミシートの遮光シートで、折角の
窓を全部塞いでしまっている家もあります。


思い出すのは、東京の家に住んでいたころ、
東側の児童公園に面している窓も、雨戸をした
ままでした。

雨戸を開ければ、部屋が明るいのに。

小さな公園で、そんなに人が来ないのにと
思うのですが、母に言わせれば、外から覗く
人がいるからなんだそうなのです。

認知症の初期の頃、「外から覗いている」とか、
「庭に男が入ってきた」とか、頻繁に言って
いました。

南側の庭に面した窓は、アタクシが雨戸を
開けるからで、たぶん、母だけだとそのまま
だったと思います。

認知症であるから、幻覚的なことを言う、
だから、雨戸を開けない、遮光シートをして
外から見られないようにするんだとわかり
ました。

極め付きの幻覚は、従姉の連れ合い(母から
は、姪の婿)が、角の電信柱の陰からこっちを
見ているということ。

それを聞いて、ああ、幻覚なんだと思いました。


道々の窓という窓に遮光シートをしている家を
見るたびに、きっと、ここのお宅は認知症の方
がいるのかもと思うのです。


010


夏は午後4時に、冬は午後3時になると母は、
自ら、雨戸を閉めようとしました。

木造の家でしたので、雨戸が外れやすくなって
おり、危ないから触らないでと言っても閉める。

だから、外出から帰ってくるときは、その時間に
合わせてました。

あの頃は、膝が痛いけれど、少しは歩けるから
なんだと早く寝たきりにならないかと思った
鬼娘でした。


ブログをお読み下さって有難うございました。
応援、よろしくお願いします。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村 スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. かりん
    • 2020年02月07日 17:44
    • 幻覚的な事はあまり言わない実母ですが、作り話はしょっちゅうです。

      日によって、ボケっぷりもup downがあり、昨日は情けない限りで、久々に声を荒げてバトリました。

      記憶がないから日記をつけるようにしてるのですが、その日記がまた仇になることがあって…

      ご近所さんからいなり寿司を貰ったから、何か御返ししたいと言うもんで、ちょっと洒落た洋菓子店に買い物に連れて行ったのですが、洋菓子店へ行く前に、郵便局で実母の生活費一緒に下ろしたり、イオンで買い物したり…往復する道中、以前義母を見舞った病院の前を通ったり、半日の行動が盛りだくさんだったためか…

      翌日実母を訪ねたら、ご近所さんに御返しの為に買ったクッキーをまだ渡していない。
      渡すよう促しても、もう渡してきた!の一点張り。日記で昨日の事を振り返ろうと見たら、「今日は〇〇の病院へ見舞いに行き、お見舞い1万渡しました。元気に話してました。」と、まるでとんちんかん!
      断片的に残った記憶繋いだら、こんな話になっとるんかい?
      全く違うと何度言っても、見舞いに行ったの、もう御返ししただの頑固に言いはるもんだから、ほんとに久々にバトって疲れました…
    • 2. ロコ
    • 2020年02月07日 17:57
    • あんず様、こんにちは。

      先月の中頃に、同居の子から休みをもらい、鎌倉の子のところに行ってきました。
      ついでに、一度は行ってみたいと思っていた横須賀まで、鎌倉方面から電車で一本なのを知り、早速行ってみました。

      あんず様がこの辺りを通るのかなあ〜なんて思いながら。

      横須賀線?で横須賀に着いて、想像と違って殆ど人がいないのにまず驚きました。

      よく分からずに海側を右?に歩いていくと、大きなミッションスクールの門のような所があり、その前に、何故か警察官が立っていました。

      何故学校に警察官が立っているのかと思い、おまわりさんに、ここは何ですか?と聞いてみました。
      怖いもの知らずの田舎者なので。^^;

      ここは米軍基地の入り口ですって教えてもらって…
      中に入れるんですか?とまで聞いた私。
      年に一度の開放日には、もの凄い人手ですよ、と…
      何とも優しいおまわりさんでした。

      ミカサ?見学してきました。
      あんず様がいらっしゃる街というだけで、もの凄い親近感を持った街でした。
    • 3. あんず
    • 2020年02月08日 17:09
    • かりん 様、こんにちは。

      作り話になるのは、記憶がないというか、忘れてしまったから
      だと思います。
      特に、直近の記憶は覚えていない。
      お母様もそろそろ、施設を考えたほうがいいかもですね。
      「もう渡してきた!の一点張り。」
      そそ、頑固に忘れたことを認めないんですよね。
      かりん様、そのうち、それも認めるようになります。
      食事をさせて貰っていないという母に、
      写真を撮って見せました。すると、
      「これは、合成写真なんでしょ。」と
      思いもしない返事。
      変なところで、頭が働くみたい。
      バトルはしばらく続きます。
    • 4. あんず
    • 2020年02月08日 17:33
    • ロコ様、こんにちは。

      そそ、横須賀から、私のいる衣笠は、横須賀の一つ久里浜寄り
      ですが、鎌倉まで1本。
      それも、逗子から、ほんとの1本(単線)です(笑。
      生まれも育ちも横須賀という知人によると、JRは、京急には勝てないから
      複線にはしませんよとのこと。
      横須賀駅は通過するだけですが、電車から見える軍艦を見ると、
      ああ、横須賀だなと思います。

      米軍の入り口付近は、その並びにイオン(今は工事中)が
      あるので、通りましたよ。
      繁華街は京急線の横須賀中央駅あたり。
      それでも、田舎です(笑。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット