毎日の新型コロナ肺炎感染者数のニュースを
見ていると、デイサービス施設内の集団感染も
増えています。

母のような施設が、感染したらどうすのだろうと
不安でした。

Facebookにその時にどうするか、指針を作成
された医師がおられました。

沖縄県で感染症医と在宅医、ときどき行政医を
されており、厚労省にもいた高田義浩氏です。

これは、高田医師の資料であり、厚労省から
ではありません。


高齢者施設で集団感染の報告が重なっています。
愛知県名古屋市のデイサービスでは53人が感染し、
うち6人死亡しました。また、兵庫県伊丹市の
介護施設では12人、千葉県市川市のデイサービス
では6人の感染が確認されています。

今後、国内において、新型コロナウイルスの感染
拡大が予測されます。
そうしたなか、高齢者施設における守りをどう
高めるかが、今後の重要な課題となるでしょう。
アウトブレイクが発生してしまうと、
高齢者自身の命が危険にさらされるだけでなく、
地域の医療機関への大きな負担となることも
考えられます。

デイサービスであれば、一時的に休業することも
可能ですが、高齢者が暮らしている施設を閉鎖
することは困難です。
なんとか事業を継続しながら、高齢者と職員を
感染から守っていかなければなりません。

というわけで、以下、ベタ打ちで恐縮ですが、
「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症
への対応指針(案)」について紹介します
。前から書かねばと思っていたのですが、高齢者
施設の事情も様々なので、まずは沖縄県内の施設
を回りながら、現場の方々と読み合わせながら
育てていました。


高齢者施設における新型コロナウイルス感染症
への対応指針


上をクリックすると、pdfになります。

012


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。




人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット