コロナ禍で以前のように、頻繁に施設(特別養護
老人ホーム)に面会に行くこともなく、認知症の
母の日頃はどうなのかはわかりません。

6月末の10分間の面会では、一緒に行った兄を、
比較的早めに理解出来ていました。

アタクシは、衣類の入れ替えなどをしながら母と
話をしました。

3ヶ月前と比べても症状が進行したということは
なく、それよりも、元気で過ごしていることに
安心しました。

規則正しい生活に、栄養によるバランスの良い
食生活に、体重の管理で過ごしているおかげだと
存じます。


ネットで、見つけたサイトがあります。

認知症予防は子ども時代が大事? 専門医が
明かす事実
(日経BPより)

食事や運動など生活習慣に気をつけると、将来、
認知症になるリスクを下げられることが分かって
きた。
しかし、実際に認知症予防を意識した生活を
送っている人は、まだ多くはない。

中略

認知症といっても、若いうちから心配する人は
あまり多くはない。
年を取り、物忘れが増えてくると、「何か脳に
よいことをしたほうがいいかな」などと気にする
ようになってくる。

実際のところ、認知症予防にはいつ頃から取り
組むのがいいのだろうか。
認知症専門医の遠藤さんに聞くと、「認知症の
予防は、子ども時代から始まっているんです」と
いう意外な答えが返ってきた。


子供の頃から、頭は使うほどいいのだそうで、
生涯、勉強するに越したことはなさそうです。

そして、中年期(45歳~65歳)においては、
アルツハイマー型認知症のリスク要因の予防は
生活習慣病対策をきちんとやることだそうです。


肥満と高血圧の2つは、密接に関係している。
つまり、太っている人ほど血圧が高くなりやすい。
また、肥満を放置すると、高血圧だけでなく、
糖尿病にもなりやすくなるので、それがやがて
認知症のリスク要因となる。


そして、もう一つ、最近のアタクシ、テレビの
音量をあげているような気が致します。

なお、難聴も中年期のリスク要因として挙がって
いる。
「年を取って耳が遠くなることを『加齢性難聴』と
いいますが、早い人は50代でも補聴器が必要なほど
難聴が進んでしまいます。
早くから進んでしまった難聴をそのままにして、
補聴器を使わずに過ごしていると、脳に対する
聴覚からのインプットが少なくなり、それがやがて
抑うつ状態を招いたり、認知症につながってしまう
のです。


ちょっとばかり、嬉しいことも。

なるべく痩せているほうが健康だと思う人は多い
かもしれないが、60代半ばを過ぎるとそうでも
なくなってくる。

小太り気味の人のほうが長寿であるという研究
データがあります。特に高齢者の場合、筋力が
衰える『フレイル』という虚弱状態を予防したり
、脳卒中などの病気後のリハビリを考えると、
標準体重よりもやや重いほうが健康維持に適して
います。

つまり、中年期は肥満を予防することが大切だ
けれども、定年退職を過ぎたあたりからは、
小太りが目指す体形なのです。


IMG_2833

明日から、また、10分間の面会再開継続。

ただ、アタクシは土曜日に事務をお手伝いして
いるヨットクラブの総会へ出席しました。

15名ほどが集まったのですが、皆さんマスクを
していました。

しかし、自粛期間を10日間ほどみて、今月末に
しようと思っています。

写真は、新しく出来たクラブハウスの窓から
見える風景です。


keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

感染拡大を防ぎましょう。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. にゃんズの母
    • 2020年07月20日 11:24
    • こんにちは。
      小太りの方が長寿であるということ、以前美容室の週刊誌で読みました。
      人にはそれぞれ悩みがあります。
      わたしの悩みは、太れないこと。
      贅沢な悩みと言われますが、本人は真剣に悩んでいるのです。
      性格にも因ると思っていますが、母の介護が始まり一層体重が落ちました。
      1キロくらいの変動はありますが、結局は元に戻ってしまいます。

      介護が終わるまでは、たぶん太れないと思いつつ、終わった頃には自分が発症するのではないか。
      そんなことも考えてしまいます。

      子どもの頃からが大事。
      孫のハヤブサくんの生活についてを、娘にアドバイスしてみます。
      ありがとうございました。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2020年07月20日 19:05
    • あんず様ヨットクラブの総会へってかっこいいですね。ばばにももをもっていったときにまた話ができました。そしたら自分で歩いてかえるからまっていてというのでコロナがあるしころびやすいからここにいてね。といいました。
      ばばは田舎にも帰りたがるそうです。私は大きなめまいがおきて新しいエアコンのリモコンをこわしてしまって今日一日中よどばしの梅田に電話かけてました。
      口座番号はま違われるわで大変な一日でした。
      ネットでいい悪いがありますね。便利ですけどね。
    • 3. かりん
    • 2020年07月21日 16:12
    • 先日義母の10分面会行ってきました。
      ぐったり元気なく痩せてるんじゃないか、と心配しましたが、車椅子で現れた姿は以前の通り、スタッフさんの手をペシペシ叩くやらちみちみするやらで意思表示してました。
      スタッフさんたちが、如何に頑張って介護して下さってたのか感じられる面会でした。
      ペシペシちみちみにも優しく対応して下さって、私たちが窓の外から大声で声かけした言葉を、義母の耳元で更に伝えて頂き、義母の涙目を見て…私たちの事、一応覚えているのかな…と思いました。

      認知症と生活習慣、やっぱり密接なのですね…
      私はバッチリ?高血圧&高脂血症で、50過ぎたあたりから薬飲んでます。
      危ないパターンですよね。

      実母の認知っぷりを見る度、自分の将来がオーバラップしてタメ息です。
      日によってup down、あんたがいるお陰で生きとられるとさめざめ泣いてみたり、親を売るとはどんなつもりやとみらんでみたり…
      ほんとに実母のup downに振り回され、疲れMAX。

      本日も、もう4時過ぎました。
      デイ・ケアのひとときも、あっちゅうまに過ぎてしまう。
      はや迎えに実家に待機しなくちゃ、と正直気が重くなります…
    • 4. たまのママ
    • 2020年07月21日 18:50
    • あんず様こんばんは
      特養のケアマネと病院へ。前回の入院中は放置だったのに。
      今月一杯は部屋代払うと話してありましたが、退去の話し…退去届け出しました。退院出来たら、戻れますが…
      前回話した時と、微妙に話しが違いました
      介護報酬が入らないからでしょうか?
      父は先週は一進一退と言われましたが
      今回は、抗生物質変えたら数値が良くなってきた
      後は、食事が取れるか?だそうです
      痰のからみが、まだあり、食事はまだ…
      特養の人、医師に療養型病院の話ししますか?ってまだ、早いわっ。
      特養での看取りで戻るには、痰の吸引が夜はできないから、痰の吸引なし、一口でも食べれる事だそうです
      面会し、頑張ってよ、ここで死にたくないでしょ!と声かけたら
      は××ら×××と返事
      はらへったの?と聞くと、また、は××ら×××と、口を開けて声も大きく、特養の人もビックリしてました
      私もビックリです…
      もしかしたら…復活するのか…でも、いつ急変するか、わからない…
      まだ点滴のみ
      肺の炎症が下がれば、痰も良くなるとは言ってましたが、、どうかな?
      あの声の様子では、急変しない限り大丈夫そうですが…

      父が元気になった夢見て、もしかしたら…とは思ってました

      私は、ポックリ死にたい
      ポックリ死ぬのは、難しいのかでしょうか…

      ありがとうございます
    • 5. あんず
    • 2020年07月22日 00:23
    • にゃんズの母様、こんばんは。

      あー、水を飲んでも太る私には確かに羨ましいことです。
      私も認知症初期のあの悪魔の母だったころは、
      流石にげっそり痩せました。
      今は、そんなこともなく、制限をかけながら、食べております。
      小太りのほうが、筋力があるのだそうです。
      子供は、義務教育があるので、強制的に勉強する。
      勉強を続けることで、認知症にならないのだそうです。
      でも、大人になるとそういう努力をしなくなる。
      今の私だと思います。
    • 6. あんず
    • 2020年07月22日 00:33

    • ももだよりのもも 様、こんばんは。

      ヨットクラブと言っても、大きな組織ではなく、ごく内輪の
      仲良しクラブです。昭和58年からずっと、お手伝いしています。
      桃の美味しい時期ですから、ばば様は喜ばれたことでしょう。
      なによりもも様と話が出来たことがよかったんですね。
      歩けなくても歩けると言いますし、歩いて帰るともいいます。
      歩けないのに。
      大きなめまいが突然にくるとは、大変ですね。
      室内だと物に頭をぶつけることもありますから、
      リモコンが壊れただけで済んでよかったです。
      お大事になさってくださいね。
    • 7. あんず
    • 2020年07月22日 01:06
    • かりん 様、こんばんは。

      お義母様はちゃんとお二人のことを理解されたのですね。
      よかったです。
      お元気そうで、これもまたGoodでした。
      そうなんですよ。認知症は生活習慣病と運動不足。
      そそ、危ないパターンです。
      母のことは、将来の私の姿だと思っています。
      死にたいけれど、死ねない、と言われたり、
      そんなにアタシが邪魔なのねと言われたり、
      誰も、アタシの世話をしてくれないと言ったり
      僻んだり、妄想に走ったり・・・
      up down、あるあるです。
      デイから帰るときに、お迎えをしないと
      烈火のごとく、怒っていたことを思い出しました。
    • 8. あんず
    • 2020年07月22日 01:25
    • たまのママ 様、こんばんは。

      母が大腿骨を骨折したときの同室だった人が、たまのママ様の
      お父様と同じような症状でした。
      母の付き添いで部屋に入ったときは、点滴だけでした。
      しかし、1ヶ月後は流動食を食べて、おられましたよ。
      お父様も、きっと、食べられるようになると思います。
      お腹が空いたと言えるんですから。
      早く特養に戻られることを願っています。
      夏は暑いですからね、避けて頂きたいものです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット