今朝、頂いたコメントに返信をしていたとき、
思い出したことがあります。

在宅介護中に起きた、アタクシ自身の怪我。

怪我と言えば、右手首を骨折したし、その前に
数針縫う切り傷も負いました。

あれは、母が乳がんの手術をするために入院
する日の前夜のこと。

なんで、そういう気持ちになったのかは忘れて
しまったのですが、とても母にムカついていた
のです。

当時、一階のリビングを母の部屋にして、ソファ、
ピアノ、食器棚を全部処分して、電動ベットを
借りていました。

隣のダイニングのテーブルの下に布団を敷いて
まるで、天蓋付きベットの如くでした。

夜中にトイレに起きる母のために、ダイニングの
照明を常夜灯にしてましたので、テーブルで、
明かりを遮断していました。


毎日の恒例行事の丑三つ時トイレに付き合い、
二度目の眠りについた母を残し、二階の自室で
ブログ記事を書いていました。

ムカつく!と、それこそ、死んじまえ的な悪口を
書きまくり、Enterをポチ!

ああ、スッキリしたとらせん型になった階段を
電気を点けずに下りました。

踊り場の手前で足を滑らして転倒しかけ、全身を
左側の壁面にぶつけ、そのとき、窓の桟で左耳を
切りました。

結構、血が出るもので、アタクシ自身がびっくり
仰天しました。

こんな怪我をしたのも、母の悪口をブログに
書いてしまったから、一種の天罰かもしれない
と思いました。

午前3時のこと。

ブログ記事はすぐに削除しました。

以後、悪口雑言は慎むようになりました。


015

秘書をやっていたアタクシは、会社勤めから
外れても、新聞の訃報欄を見てしまっていました。
この頃は、見ておりません。

その代わり、コロナ感染のニュース、気になり
毎日、東京の感染者数、次に、神奈川県、そして
横須賀市と、感染者数をチェック。

最後は、横須賀市の感染者の情報をチェック。

今日の横須賀市の感染者は一人。
でも、市によると、女性は市外の高齢者施設に
勤務。職場と、7月下旬に会食した親族がそれぞれ
陽性と判明していたそうな。

市外の高齢者施設で、一安心。
そんなところで安心するな!、ですよね。


keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

うつさない、うつらない。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ケイ
    • 2020年08月05日 16:03
    • あんず様

      こんにちは。
      またまた ケイです 笑

      悪口雑言 私もありました。
      ありましたし、言わざる得なければ
      腹の虫が収まらなかったから…。
      これは 必ず通る道 だったんだど思えるのです。母の高圧的な言動に振り回され続けてきた私。母が年を取り体が弱り 精神も弱りきってきた所での 逆襲でした。立場が逆転した訳です。
      けれど、虫の息が止まるまで 滅多打ちする様な鬼娘では ありません。
      長年のうっぷんをぶちかました!
      そんなところでしょうか…。回りが羨む まるで姉妹の様な仲の良い 母娘だったら?悪口雑言なんて あり得ない事です。悪口雑言の後 あんず様はお怪我をされたそうですが… 分かります、
      ボルテージ上がっていれば そそ興奮状態にある訳ですから 注意も散漫
      気をつけたつもりでも お怪我に繋がることも あるあるです。決して 罰?では無いんですよ、悪口雑言 通る道だったんです。通らざる得ない事だったんです。吐き出す事の大切さ 溜めてはいけない 決して、発信して 良かったんです。
      クソ この野郎 早くあの世へ いい加減に 解放してなどなど… 心の叫び 悲痛な叫びは出す、大切です。いい子 優等生になる必要はないんですもん。
      今では 私の毒舌もすっかり息を潜め 良い距離感の母娘です。

      今日まで あんず様はお元気。
      なによりなことです。
      これからも どうぞ お元気で 発信し続けてくださいね。期待しております。
    • 2. あんず
    • 2020年08月06日 22:29
    • ケイ 様、こんばんは。

      応援を頂き、嬉しいです。ありがとうございます。
      そそ、母も高圧的な言動でしたねえ。
      言いたいことは、はっきりと言う人でした。
      その反面というか、母に圧倒されてというか、
      私は子供の頃から、黙ってしまうほうでした。
      母の認知症初期の言動には、振り回されたというか、
      理性が崩れると、こうも変わるものかと思い知らされました。
      平気でなんでも言いますし、言われましたし。
      その度、二階に上がり、押し入れの中の布団の中に
      頭を突っ込んで、ワァーッと叫んだり、鉛筆をバキッと
      折ってみたり、ストレス発散しました。

      私自身も認知症になったとき、どう変わってしまうのか、
      恐ろしいです。
      中期になって、ようやっと、言動も落ち着きましたが、
      言いたいことを言うのは、変わっていませんね。
      だから、長生きなんでしょうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット