ネットを見ていて、パッと目に入ったタイトルの
記事がありました。


老親の介護、もう限界だ。
いっそ、どこかに捨ててしまいたい。
俺にはどこにも逃げ場がない。

PRESIDENT online より


MACFの牧師で、介護家族のためのファミリー
ケア・カウンセラーの関根一夫氏によるもの。

24年前から、私はカウンセリングの一環で、
介護家族の方に集まってもらい、「愚痴などを
分かち合う会」を開いています。

その記録をまとめて本を出されています。



記事の内容は、あれもこれもとてんこ盛り。

今回は、本の紹介だけにしておきます。

介護者にとっては、認知症患者との向き合い方も
難しいですね。

認知能力が衰えると、息子や娘のことすら忘れて
しまいますが、不思議なことに感情とプライドは
生きているんです。

だから子ども扱いされるとふて腐れ、褒められる
と喜びます。

認知症の患者さんには、肯定的な言葉掛けがいい。
介護は「○○ができなくなる」ことの連続ですが、
賞賛は何かができる人だけが受ける特権ではあり
ません。

かける言葉は「いてくれてありがとう」で十分。
「お母さん、いてくれてありがとう」。
ぜひ、言ってみてあげてください。

「いてくれてありがとう」
なかなか、言える言葉ではありません。

特に、認知症初期の段階の母には言えません
でした。

言っても、返ってくる言葉は、

何よ、アナタ、ウソばっかり。早く死ねばいいと
思ってるんでしょ。

泣きたくなったもんです。

でも、認知症も中期になると、初期の悪魔的な
母が、穏やかになりました。

その頃の母が言ったのは、

悪いわねえ、長生きしちゃって・・・。

あらら、また、違う方向へ話がいってしまい
ました。

009

次回も、この記事から、また書きたいと思って
います。

keep your social distance

自分を、貴方の大事な人、周囲の大切な人を、
そして社会を守りましょう!

手洗い、消毒、マスク
大人数での食事に会話、気を付けることは
変わりません

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (14)

    • 1. レイジ
    • 2020年09月25日 00:58
    • あんず様のブログは愚痴を聞いてもらえる集会所ではないでしょうか。あんず様もこのブログをまとめて本の出版をもう一度検討されてはどうでしょうか。介護の方は、集会所に集まることが出来ないのでブログはいい集会所でしょう。これをもっと介護で苦労されている人に公開してもっと介護が楽になる手助けをされてはどうでしょう。愚痴だけでも聞いてもらえるだけで元気が出ると思います。今のコメント欄もそうですがね。まあ、印税生活まではなかなか行けないと思いますが。でも、ペコロスさんは自費出版で映画まで出来ていますからダメではないと思いますが大変ですかね。
      出版されたら私も購入しますよ。(^_^)まあ、冗談の様なことですが今後の人生にチャレンジもいいのではないでしょうか。私は定年後ネット古本屋さんを検討中です。この書店はお急ぎの方はアマゾンをご利用ください。が基本姿勢ですので店主のおじいさんの気分で販売する書店です。まあ趣味でやっているのでこれくらいでどうおでしょうか。
    • 2. 紫陽花
    • 2020年09月25日 02:23
    • あんず様 深夜におじゃまします。
      「居てくれるだけでありがとう」
      私にとって母の存在は正しくそうでした。
      たとえ母が認知症であっても私の精神的支柱でした。
      だけど…昨年辺りから母の胸にもたれて口に出る言葉は
      「なんだかもう疲れちゃった」
      力無く言ってはため息をつく自分がいました。
      母が春先に逝ったのは私のこの言葉のせいではないだろうか?と思えなくもないです。
      「ごめんね お母さん」
      「ありがとう お母さん」
      母の写真を眺めながら、この二つの言葉を繰り返しています。
      母を介護していた頃は私は母しか見えてませんでした。
      父はどうでもよかった。
      その父も以前からすると随分と
      おとなしくなりました。
      母が居ればこその威厳だったのでしょう。
      もっとも私には威厳というよりただの我儘爺にしか見えませんでしたが…(苦笑)。
      父もまた母の存在が精神的支柱だったのでしょうか。
      母が認知症でなければどんなに良かっただろうと介護真っ最中の時に友人に愚痴ったことがありました。
      友人と言っても私より九つ年上の方。
      「う~ん…それはそうだけど認知症じゃなかったらお母様は未だに腰を曲げながらお父様にこきつかわれているんじゃない?」
      この言葉で私は救われました。
      それはイヤ!可哀想過ぎる!
      母の認知症はなるべくしてなったもの。
      母ベッタリの私を自立させるべく神がお与えになったもの。
      11年介護の母を看取った今、
      私も母のおかげで少し【大人】になりました。
    • 3. かりん
    • 2020年09月25日 08:46
    • 『いてくれてありがとう』
      深く沁み入る言葉です。
      ずっとずっと心からそう思ってました…
      誕生日も母の日も、義母にも母にも「いてくれてありがとう。また楽しいこと一緒にしましょ」と心から祝うことができた…

      でも結局今思うと、私の言ってることは「元気でいてくれてありがとう」だったんですよね。
      認知症になった義母や母に心から「いてくれてありがとう」が言えなくなった…
      どんな状態になってもいてくれてありがとうと言えなかった…

      結局は自分が一番大事なんだ…
      そんな気持ちに自己嫌悪になったり、いやそれが当たり前!そうしなきゃ自分がつぶれる!と、気持ちのup downが激しい毎日に疲れます。
      そして疲れの極地になると…
      何で私一人が⁉️
      姉はほんとに身勝手だ!バチが当たればいいのに!とまで思ってしまう。

      最近、ほんとに「王様の耳はロバの耳ーーー」と叫べる穴が欲しいと思ってしまう。
      真っ黒などろどろした本音…
      母に対して思う事も色々あるが、やっぱり一番の不満は姉への思いかもしれないと、最近つくづく思います。
    • 4. にゃんズの母
    • 2020年09月25日 10:36
    • こんにちは。

      「いてくれて、ありがとう」
      なかなか、言えません。
      美代さんが、心の拠り所になっているのなら、言えると思いますが、
      今のあたしにとっては、自由に行動できない足かせにさえ、
      思ってしまいます。

      とても、悩める日が続いています。
    • 5. 紫陽花
    • 2020年09月25日 10:47
    • あんず様 横からすみませんm(_ _)m

      かりん様
      お気持ち痛いほどわかります…。
      私も県外に姉がいます。
      母を介護の11年、一度も私の代わりに母を介護せずに終わりました。
      姉はご高齢の認知症でも何でもないしっかりとされた義母と同居中です。
      電話の度にこのお義母さんの愚痴三昧で私への労りの言葉は皆無です。
      16も年が離れた姉なんですけどね…。
      まぁ、この姉に認知症の母の介護なんて一日たりともさせられないな…と気づいてからは諦めの境地です。
      「バチがあたればいいのに」
      私も何の不便もない生活でただ姑の存在の嫌悪感だけをぶちまけて暮らしている姉に対していつもそう思っています。
      かりん様の頑張りにいつもコメントを読むたびに敬服しています。
      絶対にお母様にかりん様の介護の献身は伝わっていると思います。

      お身体に気をつけてくださいませm(_ _)m
    • 6. あんず
    • 2020年09月25日 15:57
    • レイジ 様、こんにちは。

      そうでしたねえ。私も一度、コメントをうまくまとめて本になればと、自費出版を手助けしてくれるNPOを探し出したりしました。母が入所した今は、時間があるのだからと思うのですが、何をするにも、頭のどこかに母のことがあり、さぁ!何かしよう!という気持ちがあまりありません。このブログにコメントを下さる方々が、ご自分の泣きたくなるような気持ちを書くことで、介護の辛さが少しでも軽くなるといいなあと思っています。
      とは言え、愚痴ったからと到底、軽くなるものではなく、真っ暗なトンネルを手探りで歩いている感じですよね。現在の私は、トンネルというより、覆道と呼ばれる半トンネルの
      なかですね。介護の真っ最中の方々の助けになりたい、これはずっと思っています。
    • 7. あんず
    • 2020年09月25日 16:08
    • 紫陽花 様、こんにちは。

      「居てくれるだけでありがとう」
      こういう気持ちになるには、心の余裕が必要ですよね。
      今の私には、言えません。
      ほんとは、施設へ頻繁に面会に行って、そういう心情に
      なろうと思っていたんですが・・・。
      まさか、こんな情勢になろうとは。
      同じような介護でも、人、それぞれ、少しずつ違う。
      父は54歳で亡くなっているので、父親を介護することは
      ありませんでした。
      男親もまた、大変なんですよね。
      なるほど、お母様に対しての威厳、それを押し付けられた
      お母様のご苦労は、いかばかりだったのか。
      ご友人がおっしゃる通りですね。
      紫陽花様は、まだ、介護は終わられていないんですね。
      私もついつい、お母様を看取られて・・・とお父様の
      ことを忘れてしまいます。
      お母様はいつも紫陽花様と一緒におられると思います。
    • 8. あんず
    • 2020年09月25日 16:33
    • かりん 様、こんにちは。

      お気持ち、わかります。
      認知症でなければ、ですよね。認知症は病気とわかっていても、
      人格が全く変わってしまって、手がつけられない。
      私も在宅介護中に、思ったものです。
      認知症でなく、ものわかりのよい、いつもの母ならと。
      でも、現実はそうではなく、人格までが変わってしまった。
      毎日が、どうにもならなかった。
      「いてくれる・・・」とは言えませんでした。
      社会人になってからの友人の中にも、介護の「か」もしないお姉さんがいて、
      彼女に姉が居たことを、お母様が亡くなってから知りました。
      そうかと思うと、姉妹二人で胃ろうのお母様を介護して、看取った友人。
      そそ、「罰があたる」、当たりますよ。きっと。
      「一人に任せてごめんね。」の一言があれば、救われますよね。
    • 9. あんず
    • 2020年09月25日 16:39
    • にゃんズの母様、こんにちは。

      「自由に行動できない足かせにさえ、
      思ってしまいます。」
      そうなんです。在宅介護中は、ずっと私も思っていました。
      それこそ、死んじまえ!、早くお迎えに来て!
      そう思っていました。
      母がいなければ・・・と
      でも、母の気迫勝ちというか、認知症になった母の勝ち。
      もし、母が認知症になっていなければ、ほんとに母は早く死にたいと
      思ったことでしょう。
      今、美代母様がお元気なのは、にゃんズの母様のおかげなんです。

    • 10. あんず
    • 2020年09月25日 16:48
    • 紫陽花様、

      私には姉妹がおらず、それこそ、いてくれればと思ったものです。
      このブログにもコメントを下さった方の中には横浜に住むお姉様と
      大阪に住むご自分と、半年ずつ、お母様を介護されていた方や、
      胃ろうのお母様を姉妹二人で介護した方、と、仲良く介護を
      されている方もいました。
      かりん様へのコメントにも書いたのですが、
      社会人になってから仲良くなった友人のことを、私はずっと一人っ子だと
      思っていました。
      しかし、お母様が亡くなり、お父様の介護にあたって、そのとき
      初めて、お姉様がいるということを知りました。
      それこそ、全く、赤の他人の方が、ましということですね。
    • 11. 紫陽花
    • 2020年09月25日 17:37
    • あんず様

      かりん様へのコメント。
      差し出がましいかと思いましたが実姉への心情が私と重なり…切なくなりました。
      私は三人兄弟ですが年齢の間隔がかなりあります。
      あんず様のご友人と同じく私をひとりっ子だと思っていた友人もいましたね。
      生きているなら私より5才上に姉がいたのです。
      その姉がいたら私と母を介護してくれていたかなぁ…と考えたりもしました。
      母は三人の我が子を産んですぐに亡くしてしまう…そんな凄絶な経験をしながらもいつも前向きでケ・セラ・セラが座右の銘で明るい人でした。
      私はこの母の娘なのだからくよくよせずに前を向こうと一日、一日をなんとかやり過ごせています。
      認知症介護って残酷だなと思います。
      終わってみても解放の喜びなんて無いですよ。
      ある人にはあるのかもしれませんが…。
      あんず様が離れていてもお母様の無事を願いブログを綴る日々に凛とした覚悟を感じます。

      余談ですが…
      あんず様のブログで知り見始めたNHKドラマの主題歌 宮本浩次さんの【PS. I love you】の歌詞に今は励まされています。
      良いドラマでした。
      あんず様のブログと出会えて良かったです!
    • 12. たまのママ
    • 2020年09月25日 20:58
    • あんず様こんばんは

      いてくれるだけでも…
      父が認知症にならなければ
      在宅介護を経験しなければ
      言えたかもしれません。
      今だに死んだと実感がありません。
      やはり、3年半施設にいて離れてたからでしょうか?
      ちょっとだけ、面会もっと行ってあげれば良かったと最近考えます
      亡くなる二日前に、病院に面会行こうかな~でも、先生の話し聞きに行くから(亡くなった次の日が先生との話しの予約した日でした)
      いいかと、行かなかった。
      行けば良かったと、後悔はありますがコロナで面会も予約制だったから…言い訳です
      一人で逝かせてしまった事は今だに
      申し訳なかった、何で待てなかったのか?は、しばらく、頭から離れないでしょう。
      かりん様のお姉さんへの気持ち
      わかります。私も兄が北海道だからと、私は仕事辞め介護しましたが
      手伝いもねぎらいの言葉もなく
      親戚付き合いも、全部私でした。
      なぜ、一人っ子ではないのに、、
      北海道だから、遠いから…と
      私だけ、自分を犠牲にして介護しなければいけないのか?
      兄はバチが当たります!
      父が亡くなり、すぐ病院出なくてはいけなく、葬式会社との打ち合わせ、親戚への連絡、帰ったのは夜の10時頃でした
      次の日、母方の叔父が、一人で大変だったなと、言ってくれました
      兄からは、何も言われてません。
      私は兄を許しません。
      バチ当たる、私には良い事があると
      思わないと、、やってらんないです
      (笑)


    • 13. あんず
    • 2020年09月25日 23:53
    • 紫陽花様、こんばんは。

      私は、このブログを読んで下さる方や、コメントをお寄せ下さる方々に
      支えられていると感じます。
      有難うございます。
    • 14. あんず
    • 2020年09月25日 23:58
    • たまのママ様、こんばんは。

      介護、よく、一人で頑張りました。
      エライ!!
      まだまだ、やることもあるだろうし、お父様の死の実感が
      沸かないかもしれませんね。
      これからは、ご自身のことだけ考えてお暮しくださいね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット