母の誕生日にケーキとパジャマと靴下を施設
(特別養護老人ホーム)に持って行ったという
記事に対し、次のようなコメントを頂きました。

96歳になった母

「可愛いパジャマと牛さんの靴下♪」

母の好きな色は、藤色とかブルー系。
ところが、認知症を発症してからは反応が鈍く、
それまでの色彩やデザインに全く興味を持たなく
なりました。

そこで、花柄や動物柄のものを見せると、

まあ、可愛い!

と。

そこで、ランチョンマットをディズニーにして
食べるものにも興味を持って欲しかった。

それからというもの、母の衣類や使うものには、
子供っぽい動物柄か、花柄になっていきました。
反応があるので。

シックな感じなものが好きだった母はもういない。


IMG_3380

在宅介護中に使っていたもの。
捨てないで持ってきました。

部屋を見渡してみると、断捨離したつもりが、
この2年半でまた、物を増やしてしまった気が
します。

更に、減らそうと思っているのに。
思い切って、再度、捨てないと・・・。

keep your social distance

基本に戻って、手洗いにマスク、消毒を忘れずに。
寒いですが、換気をしましょう。
3密にならないようにしましょう。

ウイルスはとても身近に存在します。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. 紫陽花
    • 2020年12月02日 17:38
    • あんず様 こんにちは。

      かわいい絵柄や花柄のお洋服やパジャマ。
      実は私も母に着せたり、身の回りに置いていました。
      母だけではなく私も癒されるからです。
      地域の民生委員の方は私の学生時代の友人のお母様でしたが、わが家に来て母を見るなり「まぁ~♪」って声をあげました。
      米寿の母は恐らくだいぶ弱ってベッドに寝ているだろうと想像していたらしいのです。
      母はカワイイ絵柄のパジャマと靴下を履いてベッドサイドに足を出して座らせていました。
      友人のお母様は母の姿を見て安心したようで…
      やはり視覚って大事なのかもしれませんね。
      もちろん認知症の母にも効果あると思います!
      自宅に理容師さんに来ていただいて髪をカットしてもらっている母はおとなしくしていたし、私が「可愛くなったよ♪」と言うと嬉しそうにニッコリしていました。

      来年は母の干支の丑年です。
      生きていたらなら『年女』でした…。
      私の部屋の母の写真の回りは可愛い牛さんの小物やお花を並べて賑やかにしています。
      そうすると…私の気持ちも自然と安らぎます。
      母に可愛い服やパジャマを着せていたのは自分のためでもあったんだろうな~と思えます。
      人間って、
      ちょっとの変化と工夫で気分が上がります♪
    • 2. ももだよりのもも
    • 2020年12月02日 18:52
    • あんず様明日退院なんですよ。
      なにか施設からマフラーがなくなったとか枕が傷になっているとかいって今日母貝にいっていました。
      誰かこっそり部屋に入って取る人がいるのかなと思ってしまいます。
      ばばもいやな人がいるっていっていました。
      共同生活ってかわいそうなものですね。
    • 3. hikari
    • 2020年12月02日 21:19
    • 今日の施設のブログに素敵な誕生日プレゼントを抱かえた、とても嬉しそうなお母様の写真がありましたね。良かったですね
    • 4. 紫陽花
    • 2020年12月03日 08:45
    • あんず様 おはようございます。

      hikari様のコメントから、施設のブログを拝見しました。

      ほんとうに…
      あんず様からの可愛いプレゼントを抱いてお母様とっても嬉しそうですね~♪
      お母様、チャーミングです(*^^*)

      大丈夫です!
      お母様はしっかりとされています。
      まだまだお元気で過ごせると思いました。

      お母様のためにも
      あんず様もお元気でいらしてくださいね!
    • 5. あんず
    • 2020年12月03日 15:02
    • 紫陽花様、こんにちは。

      母を老健から今の施設に移る際、掛布団だけ家から持って
      いこうと考えて掛布団カバーを駅前のイトーヨーカ堂に行った
      ときのことです。

      ブルー系、ピンク系、どっちにしようかなと迷っていたところ、
      そばに居たお婆さんが声をかけてきました。
      「家に居ると、運動不足でね、こうやって、スーパーまで、
      歩いてきて、見て回ってます。」とのこと。
      ピンクかブルーか、迷っていると言うと、
      明るい、可愛い、そんな色のほうが、暖かい雰囲気になると
      思うと言われました。
      そこで、ピンク系を選びました。
      確かにブルー系は爽やかですが、寂しい感じですよね。
      それからというもの、母の身の周りのものは、ピンク系や
      花柄が多くなり、靴下は、猫とか犬とか、動物柄。
      朝、着替えをするときに、それが、会話のきっかけになれば、
      とも思ったのです。

      面会にしても、母に着せようとするものは、確かに
      自分のためでもありますね。
      介護が自己満足と言われる所以でしょうか。
    • 6. あんず
    • 2020年12月03日 15:11
    • ももだよりのもも様、こんにちは。
      今日、退院なんですね。あらためて、おめでとうございます。
      施設には認知症の方も多いです。
      先日、遊びに行った老人向け分譲マンションの友人のところでも、
      お隣の人が、帽子を盗んだとかを言い出して、部屋を買い替えた
      利用者さんもいるとか。
      意識がなくて、持っていく人がいますし、自分の部屋と間違える
      人もいますから。
    • 7. あんず
    • 2020年12月03日 15:13
    • hikari 様、こんにちは。

      そうなんです。つい最近、面会したばかりですが、
      やはり、心配していました。
      こうやって、ブログに載せてもらうと一安心します。
      知人のお母様が同じ施設に居て、やはり、ブログで、
      載せて貰い、元気であることがわかってよかったと
      言っていました。
    • 8. あんず
    • 2020年12月03日 15:17
    • 紫陽花様、再び、こんにちは。

      ブログを見て思ったのは、「あれ?むくんでいるかな?」
      面会の際は、一回り小さくなった、縮んだ感じだったので。
      まだ、カメラ目線を出来て、外面ヨシコさんが健全なので、
      元気ですよね。
      ブログを見て頂いて、有難うございます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット