大腿骨を骨折し、ほんとは、術後、すぐに
リハビリを開始しなければならなかったのに、
下痢が続いて、大腸なんちゃら、かもしれない
と、そのままになってしまった母。

つまり、車椅子生活になってしまいました。

そこで、病院のソーシャルワーカーさんとの
話し合いから、それまで、ケアマネさんに
対しても、文句があっても、何も言えなかった
アタクシが、猛烈に物言いとなり、行動的にも
なったのです。

ソーシャルワーカーさんに勧められた比較的
近所だった大田区の老健(介護老人保健施設)
を断り、見学に見学を重ねて、横浜へ。

でも、それが、今の施設へ入所するきっかけ
にもなったと思います。

在宅介護中から、テレビのニュースで、犬や
猫と一緒に生活出来る施設があると紹介されて
いて、そういうところが東京にでもあればと
思っておりました。

調べてみると、セラピードックをしている
施設はあるものの、生活をともにしている所は
今の施設しかない。

横須賀は遠いと、そのときも思いました。

しかし、「横須賀」を利用してもいいのかも
とも。

母方の祖父は、海軍に所属していた時期があり、
伯母の一人は、たぶん、横須賀生まれのはず。

入所がOKになってからというもの、犬がいる
ことと、祖父が横須賀に居たことを何回も母に
話をしていました。

そのときから、いずれ、アタクシも横須賀へ
引っ越せばいいかもとも考えていました。


先日の面会のときも、突然、ここはどこ?と
言う母に横須賀だと伝えると、

まあ、お父さんが居たのよ。

と言いました。

考えていたように、母の記憶の中からは、
海軍に居た祖父のことは消えていないので、
これは、これでよかったのだと・・・。
いつも、自問自答している鬼娘です。

ちなみに、祖父は、海軍時代の上司と喧嘩を
して、末っ子の母が生まれる前に海軍を
辞めてしまってました。
001

keep your social distance

基本に戻って、手洗いにマスク、消毒を忘れずに。
寒いですが、換気をしましょう。
3密にならないようにしましょう。

ウイルスはとても身近に存在します。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いでございます。
よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. たまのママ
    • 2020年12月04日 10:43
    • あんず様こんにちは
      先日叔父伯母が母の見舞いに来てくれました。兄は来るのがわかってて
      その日の朝北海道に帰りました
      俺が居ても居なくても大丈夫だろうと。叔父に来るのわかってて帰ったのか?と言われました。そうですよ!私は、挨拶した方が良いと言いましたが

      横須賀の猫が居る施設に入所させたい、猫が飼いたいけど飼ってあげれないし、食事も美味しい、レクリエーションが楽しそう、、なぜ、入所させたいか話し、伯母は遠いと反対
      叔父はわかってくれました。
      離れた方が良いかもな…長生きするだろうから、、寝たきりならどこでもいいだろけど、楽しみにあった方がいいんだろし、、と叔父は口は悪いけど、わかってくれます
      すぐ、入所出来ない
      何年待つかわからない、父は1年待ったから…

      認定調査やり直し?になりそうです
      医師の意見書がまだで、判定会議未定
      だそうです
      手術した医師に頼んだのですがまさか術後3日で退院させられるとは思わず、退院したから書きませんと言ってたとか。なら、その時点で言ったくれないと、、次にすすめないと役所に言いましたが、そのですよね…って(笑)
      一気にやる気なくした私です…

      手術した医師の紹介状には
      母は歩行困難と書いてあったそう
      術後は歩行困難だっただろうけど
      骨折前は歩けたし、今も歩けるけど…

      介護3出たらすぐ、横須賀まで話し聞きに行くき満々でしたが
      いつ、行けるのか…

      今年は父の入院、葬式、母の骨折と
      一気に来ました
      厄年かと調べてみたり(笑)
      今年最後に銀座の美容院に行きたい…髪切りたいです
      密に気をつけて、消毒しながら
      好きなチョコケーキ買って
      すぐ、帰れば、大丈夫かな…




    • 2. のんきママ
    • 2020年12月05日 01:13
    • あんず様
      何時もお疲れ様です

      私も母が療養型病院へ転院決まった時、その近くに住んでいる従妹の
      名前を出して
      ○○ちゃんの家から直ぐの病院だよ〜
      見舞いへ来てくれるって〜と何度も何度も言い聞かせました
      やはり、馴染みのある土地名、自分の姪っ子の近く、と言うのが安心?した様に思います

      そして、従妹も転院して直ぐ見舞いへ来てくれたので本当に感謝でした
    • 3. あんず
    • 2020年12月06日 00:47
    • たまのママ 様、こんばんは。

      お母様のことは、たまのママ様が考えるように
      されるといいと思います。
      今は、ユニット内を見学できませんが、
      相談員さんとは話が出来ます。
      要介護度3が出る出ないに関係なく、
      一度、相談員さんに会って気持ちを話してみては
      いかがでしょう。私も、老健に入所させる前に
      行きました。
      当時は、地元優先という国策でした。
      待機しますと言って帰りました。
      次にまた、お願いに行きました。
      そのときは、ナナちゃんのお母さんが入所したあとで、
      願いは叶わずでした。
      しかし、その後、そんなに待たずに打診がありました。

      そうそう、母の場合も、医者の意見書が出てくるのが
      遅かったです。

      東京は結構、人がいっぱいです。
      気を付けて上京してくださいね。
    • 4. あんず
    • 2020年12月06日 00:50
    • のんきママ様、こんばんは。

      やはり、お母様の不安をなんとかしようと考えられたのですね。
      コロナでなければ、面会を続けていたんですが、
      文句を言いながらだったでしょうね。
      我ながら、勝手だなと思っています~
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット