認知症という病気は、それぞれによって違います。
脳細胞が、性格が、環境が、と人それぞれ。

寿命もまた、さまざまな研究結果があり発症して
まもなくという人もいれば、母のようにすでに
10年を過ぎた場合もあります。

思えば、これはヘンだと感じてから、挙動不審な
行動や、中核症状が出るまでに、2年間くらい
あったでしょうか。

アタシが死ねばいいと思ってるんでしょ!

とか、

そんなに、アタシが邪魔なのね。

と目を吊り上げて、ニタリと笑った母の顔は、
悪魔。今でも忘れることは出来ません。

何度言ってもわからない、ジコチューな母。
認知症だから、仕方ないんだとアタクシ自身、
必死で自分にいいか聞かせたり・・・

当時は、悩んで、痩せてしまい、母の知人に
ビックリされてしまったほど。


そんな悩みに、同窓生の介護の先輩が、
アタクシに言ってくれました。

母も同じだった。でもね、亡くなる前には
好々爺、いやいや、好々婆になって、昔の
元の母に戻ったから。

杏さん、だから、大丈夫。
悪魔のままではないから。


当時、そう慰められても、長い光の見えない
トンネルの中に閉じ込められているようでした。

それから、何年経ったのか・・・。

今の施設で過ごし始めた頃は、母には好々婆的
要素はなく、それがアタクシには、辛かったです。

これじゃあ、姨捨山じゃあないの!

と言われているようで。

それが、今は、スタッフさんの言われるまま、
規則正しく生活して、角がとれたというか・・・。

様々な苦悩を乗り越えて、安定した状態に
達した認知症の本人は、過去の記憶からも
解放され、未来の不安も少なく、「今、ここ」
を生きる存在になられます。

心が安定して気持ちが前向きであれば、
「今、ここ」しかわからないなりに安心して
幸せな気持ちで過ごせます。

認知症でも心は豊かに生きている
長谷川和夫著

006

今日は、用事があり、横浜駅まで出かけました。

知人がデパートで展示会をしているので、
寄ってみました。

これが、コロナ禍か?と思うほどの人出でした。

そのうち、東京の感染者数が2,000人を超える
というのもありかもしれません。


Keep your social distance

基本に戻って、手洗いにマスク、消毒を忘れずに。
不要不急の外出は、やめておきましょう。
3密にならないようにしましょう。

ウイルスはとても身近に存在します。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さいませ。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. 紫陽花
    • 2021年01月07日 09:32
    • あんず様
      おはようございます。

      今日は、一月七日、七草の日。
      生きていれば母の96歳の誕生日です。
      朝から早起きして七草がゆを作りました。
      私の地元の七草がゆは大根、人参、里芋、椎茸等々、食材が多いのでけっこう時間がかかります。
      思えばもう二十数年、毎年作っています。
      きっかけは母の入院。
      ちょうど認知症が始まりかけの頃でした。
      看護師さんに「お薬は一回、一回、飲む時に渡して下さい」とか色々と心配の種が尽きない不安な日々でした。
      記憶もおぼろ気な母になんとか食い下がり教えてもらった七草がゆのレシピ。
      当時のメモを今でも見ながら作っています。
      やはり今年は少し張り合いが無く…
      味もまぁまぁでしたかね。
      母が苦笑いしながらお供えの七草がゆを食べていることでしょう。

      あんず様のお母様。
      とても穏やかで優しいお顔されていらっしゃるなぁ…と、いつも感じていますよ。
      認知症は人それぞれ激しさは違います。
      私の母も発症の頃は酷かったです。
      それはもう腫れ物にさわるような感じで声をかけていました。
      泣いたり、笑顔になったり、怒ったり…。
      それが【生きてる】って事です!

      無病息災。
      皆様が一年、健康でありますように…。
    • 2. あんず
    • 2021年01月07日 13:13
    • 紫陽花 様。こんにちは。

      美味しいそうな七草がゆですね。
      私は、今夜作ろうかなと。
      大根に人参、シイタケはあるので入れてみます。
      若い頃は、ずっと会社に行っていましたから、
      食事は上げ膳据え膳。
      料理は苦手と、全くしませんでした。
      いまでも、レシピと計量スプーンがないと
      作れません(泣
      母の得意な料理ってなんだったんだろう・・・。
      どれっていうより、魚の煮つけ、これは上手でした。

      施設のブログに母が載ると気にするのは、
      カメラ目線であるかどうか。
      外面ヨシコさんですから、「撮りますよ~」というと
      カメラに向かってニッコリですから。

      認知症の初期、介護をする家族が一番悩む時期。
      穏やかな症状の方も多いですが、殆どが、別人格に
      なったと思うくらいですよね。
      その時期に介護をされている方に言いたいのは、
      必ず、また、穏やかな以前の人格?が戻ってくるから、
      ということ。
      介護をした人にはわかりますよね。
    • 3. 紫陽花
    • 2021年01月07日 15:15
    • あんず様

      早速のお返事ありがとうございます。

      余談ながら…
      七草がゆの椎茸ですが干し椎茸を使います。
      戻し汁をベースに具材を煮ると更に風味があり
      美味しいかと思います。
      是非、作ってみてくださいませ。

      カメラ目線のお母様
      意識するのも素敵なことです。
      笑顔がチャーミングだな~♪と思います。
    • 4. あんず
    • 2021年01月08日 22:06
    • 紫陽花様、こんばんは。

      干し椎茸、これは美味しくできますね。
      七草粥に関係なく、作って食べてみたいです。
      戻し汁にしばらく、お米を浸けて・・・
      大根だけでもいいですね~
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット