昨夜、夕食を済ませて、パソコンに向かって
ブログ更新用の記事を考えていました。

現在のアタクシの越冬は、エアコン付けず、
ホットひざ掛けと電気ストーブ。

座卓にパソコンを置いての姿勢、満腹の状態で
睡魔に襲われてしまいました。

寝落ちしてしまい、アタクシは必死に睡魔を
何とかしようと夢の中でもがいておりました。

何とかしなければと思う気持ちの底にあるのは、
母でした。

こんな状態で寝ているアタクシを見つければ、
母は、怒るだろうなと焦ってみたり、まもなく、
帰宅する母の食事を作らなくてはとか・・・。

子供の頃に思ったことと、在宅介護をするように
なってから、外出しても午後4時までには絶対、
帰らないとと毎度、焦っていたことと・・・。

すごく苦しい夢でした。

寝ちゃダメ、起きなくてはいけない、と夢で
もがいておりました。

それが、パンッと目が覚めて、夢だったと
わかった途端、疲れがドドッと出てしまい、
そのまま、ちゃんと寝ることにしました。

母を見送ったら、こういう夢からも解放される
のでしょうか。

子供時代は、母の思うレールに乗せられて、
反抗することも許されず、過ごしてきました。

反抗期は、社会人になってからありまして、
人とは違う人生になってしまった・・・。

しかし、これは母の責任ではなく、その岐路に
立ったアタクシ自身が決めたこと。

在宅介護をしたのも、誰が決めたわけでもなく、
アタクシ自身であること。

疲れた夢から思ったこと、でした。


010

昨日は、トイレットペーパーやティッシュ、
歯磨き粉の日用品の購入と、横須賀中央の
モールの中にある店へ行ってきました。

これまで、何回か、その店には行っていた
ものの、レジに並ぶ行列に恐怖を覚えて、
買えずに帰っていました。

ようやく、行列もなく、レジを終えて帰宅。

ニュースで見る品川駅の通勤状況は、以前と
変わらずで、アタクシの中には自粛警察の
気持ちが・・・。


Stay Home & Keep your social distance

基本に戻って、こまめに手洗いにマスク、
消毒を忘れずに。
なるべく、不要不急の外出は、やめましょう。
大切な人のため、自分自身のために。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さいませ。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 1. かりん
    • 2021年01月19日 16:27
    • 苦しい夢を見ると、ちっとも寝た気がしませんね。
      私も母の事や実家の修理の事など、気になる事があると必ず何かに追いかけられてる夢や、何回やっても失敗する夢を見て、朝起きると何かどっと精神的に疲れてます。

      なんやかんやと生きる事は、悩みの尽きない事ですね…
      特に親の介護事は、誰もほんとに親身になってくれない…
      ケアマネもデイのスタッフさんも、悪い人達ではないしお世話になってますが、やはり他人事だなと…
      姉は元々当てにもしてませんが、夫も親身になってくれてはいますが、やはり究極同じ目線で同じだけ考えてくれてるかとなると…
      やはり結局一人なんだなと思う事があります。
    • 2. たまのママ
    • 2021年01月20日 19:27
    • あんず様こんばんは
      父の特養に相談に行きました
      胸のしこりは、家族が治療したくないなら、しなくても入所は可能ですが、花がひらいたら(カリフラワーになったら
      病院へ移ってもらってるそうです。癌の方も入所してたそうですが、最期は病院だったそうです。
      高齢者の乳癌は進行が遅い、老化の方が進行早いんですよね…と言ってました。
      埼玉の病院でクラスターも発生し、母の検査は、来月以降に。って
      兄に丸投げです(笑)
      北海道はスキー客が来なく、兄は仕事がなく、また、金…嫁の実家にどうにかしてもらえと!返事しスマホは拒否しました。
      いい加減にして欲しい!介護しない幸せがわからないから。情けない…
      母が入所したら縁切りですが
      家電も解約し、私の携帯番号も変えます。

      父の特養待機人数160人でしたが
      父の時は300人だったような…?
      今は第一希望は横須賀で変わりません
      母に運があれば、猫と過ごせるでしょう。

      埼玉ではないですが、知り合いの所は、デイ、特養、ケアマネが足りなく、選べないそうです

      母のケアマネは父のグループホーム系列の方で、父の介護の話しを聞いたそうです
      大変だったんですね…
      と言ってくれ、大変でしたが、もう、忘れました…(笑)
      大変だったはずなのになあ…
      忘れるなんて…
      父の墓参りし、色々お願いしてます
      父はきっと、酒飲んでタバコ吸って
      死んだ猫達と遊んでるでしょう

      都内の病院での手術を延期しました

      アロマの仕事してる友人が今、食事と病気について取材していて話しを聞き
      野菜中心のおかずと玄米にする気になりました。
      ミネラルをとると良いそうで
      早速頼む私です
    • 3. たまのママ
    • 2021年01月20日 19:30
    • 都内の病院の手術を延期したのは
      友人のお母様の事です
      お母様がコロナの感染者がふえてる今、怖いと、延期しました

      抜けてました。すみません
    • 4. たるぼっち
    • 2021年01月20日 22:29
    • 初めてコメントさせて頂きます。
      ブログは前々より拝見させて頂いてました。

      私はシングルマザーでしたが 父の亡くなった実家に 一人になった
      60歳の母に戻るように言われ 子供2人と戻りました。
      歳の離れた弟が一人いますが、その時はまだ大学生で離れた所にいました。

      私がフルタイムで働いて 母が食事を用意してくれる形で、
      電話・光熱費は私名義にして私の口座から落ちる様にし、
      子供は中1と高1でしたので3人分の食費という事で 15万を要求されました。

      掃除は自分の部屋のみ、洗濯は自分の物のみという母でしたので、
      その他すべての掃除、洗濯は仕事から帰ってやってました。
      仕事で遅くなると 「音がうるさい!!」と言われるので、娘に頼んでいました。

      普段がそんな性格の母でしたので、70代前半でアルツハイマー型認知症と診断されて
      2016年に89歳で亡くなるまでの間は 私にとって地獄の様な日々でした。

      母一人で置けない様になって 私は退職し、子供達が働き出していたのですが、
      弟にも援助して貰ってなんとか過ごしていました。

      介護するのは何でもないのですが、一日中の暴言と 時に暴力に本当に参ってしまい、
      何かというと母の「この家は私の家なんだから出てけ!!」と言う言葉に
      何度 子供2人とホントに出て行こうと思ったことか。。。

      300人待ちという特養に入れたのは亡くなる3年前でした。
      亡くなって4年以上経ちますが、未だに母の汚した山の様な洗濯物と
      戦っていたり、怒って徘徊に出て行く母の後を付いて回ったり、
      訳の解らない事をわめいてる母をなだめる夢をみます。

      亡くなったら解放されると思ってましたが、違いました。
      トラウマです。。。そんな夢で目覚めると疲れます。
      支配的な親子関係だったからだと思います。

      自分の子供にはそんな思いはさせたくない!と心から願ってますが、
      もし認知症になってしまったらどうなるのか?心配です。。
    • 5. あんず
    • 2021年01月21日 19:16
    • かりん 様、こんばんは。

      そうなんです。夢だったとわかってもグッタリ。
      疲れ切ってしまいます。
      昔は、試験があるのに何もしていない、どうしよう・・・
      と悩む夢はよく見ていました。
      介護の問題は、家族でよく話し合いをしたほうがいい
      のですが、仲良く介護をしたという話も聞きましたが、
      殆どが、兄弟・姉妹、義兄弟の間でトラブルがある
      方が多いような気がします。
      かりん様もたまたま、ご実家の近所にお住まいだから、
      「貴女が介護するのが当たり前」的になられたのでしょう。
      本来、お姉様がときどき、交代するとかされると
      かりん様がもう少し、楽になるのに。
    • 6. あんず
    • 2021年01月21日 21:24
    • たまのママ 様、こんばんは。

      母も同じことを医師から言われていました。
      「乳がんが原因で亡くなることはなく、老化による
      感染症(肺炎)亡くなる可能性が大と言われて、
      それが、とんでもないことに。
      あと数ヶ月でカリフラワーと診断され、90歳で手術を
      しました。
      しこりが大きくなって、「これは何なの?」という
      質問が四六時中。この質問攻めのほうがきつかったです。

      今朝、猫の佑介君のお母さんと電話をしました。
      ポツポツと新規の方がいるそうです。
      きっと、入れると思います。

      イギリスでは、緊急の癌の手術ですら出来ないようです。
      日本もそうなりかけになっているんですね。
      そそ、埼玉も感染者数が増加していますね。
      お互いに気を付けて、うつらない、うつさない生活をしましょう。
    • 7. あんず
    • 2021年01月22日 00:04
    • たるぼっち 様、こんばんは。

      こちらこそ、はじめまして。
      ブログをお読みくださり有難うございます。

      お母様との生活は大変でしたね。
      認知症となると、従来の負の性格が倍増しますもんね。
      母も認知症初期のころは、ほんまに「アンタは悪魔や!」と
      心の中で叫んだものです。
      認知症中期になって、やっと元に戻ったというか、
      ジコチューではありましたが、昔の母でした。

      母も私を支配するというか、イジワル婆さん的性格があった
      というか、どちらかというと毒親の部類でした。
      いやいや、母を見送れば、母に関した焦った夢は見ずに
      済むかと思っていたのですが、
      たるぼっち様のコメントを読むと、そんな甘くはないんですね。
      覚悟しなければならないことが増えました。

      そうなんですよね、認知症にならないという保証もないし、
      また、なってみないとどういう状態になるかもわからないし。
      母と同じになったら・・・と思うとゾッとします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット