母の目が、真丸くなりました。

施設(特別養護老人ホーム)の一階にある
地域交流ホールの外に、兄とアタクシがいて、
母を迎えました。

まあ!という表情をしました。

そこで、アタクシは用意したスケッチブックを
窓に押し付けました。

すると、母もそれを見ながら、隣でユニット
リーダーさんが読んで下さっていました。

IMG_3577

二重窓になっているので、やはり声は聞こえず、
途中で携帯にかけてはみましたが、母には無理
でした。

予定では15分でしたが、予想した通り5分で
済んでしまいました。

この面会方法だと、感染しないかどうかと
ヒヤヒヤする思いはしなくてもいいし、元気か
どうかがわかればそれでいい。

013

ご飯のことで、スタッフリーダーさんから、
お話がありました。

今のところ、朝は、しっかり食べるのだけれど、
昼食と夕食は、食べなかったり、残したり、
食欲にムラがあるとのこと。

以前ほどの集中力はなく、傾眠が多い。
しかし、トイレは今まで通りに一人でも行えて
いること。

なるほど、突然に食欲が急激に落ちることも
あり得るとのだと話を聞いて思いました。


帰り際、姪からだと言って、肉や魚、カレーの
レトルト食品に、お菓子、パンなどを、兄が
持たせてくれました。

姪にお礼のメールをしました。
一度、面会したほうがいいとも付け加えました。

あのとき、会っておけばよかったと後悔をさせ
ないためにも。

Stay Home & Keep your social distance

基本に戻って、手洗いにマスク、消毒を忘れずに。
不要不急の外出は、やめておきましょう。
3密にならないようにしましょう。

ウイルスはとても身近に存在します。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さいませ。よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. にゃんズの母
    • 2021年01月21日 11:34
    • こんにちは。

      窓越し面会、お疲れ様でした。
      あんず様の字、とてもきれいで読みやすいですね。
      みっちゃん様の食欲のムラは、食欲よりも睡眠が勝っているからなのでしょうか。
      でも、おトイレをお一人でできるって、凄いことだと思います。
      母はもう、一人では無理です。
      便座やリハパン・ももひきに引っ掛けることが多くなってきているので、付添いが必要です。

      それにしてもコロナですね。
      ワクチンの接種が始まるようですが、現役の医者が受けたくないと言う、ワクチン。
      それでも、医療現場のひっ迫を考えると、超高齢者の母たちは、受けざるを得ないのかもしれません。
      さて、自分はですが、順番が来たらやはり受けると思います。
      罹っても、少しでも軽く済むことを願って。
    • 2. ケイ
    • 2021年01月21日 15:01
    • あんず様
      こんにちは

      面会が出来て良かったです!
      工夫の画用紙での対面…思いが伝わっていますように、
      そうですよ、 次回は姪っ子さんが叶うといいですね
      生きてるうちが 華や その通りですから…
      昨年 馳せ参じ 面会が叶いましたが 今は 大阪も増えて 母親の施設は厳しくなっております

      先日 用があり電話を繋いで頂いた時
      最後に母親は 「もうすぐ 90の大台や〜
      今年には おさらばでっせ〜 おばあちゃんとお父ちゃんが迎えに来てくれるねん」「そうか、良かったなぁ
      わかったで! 後の事は任せとき〜」
      昨年 会えたし 言葉も交わしました
      私にも 後悔のふた文字は ありません。

      義母は 誕生日を迎えた その月に 突然
      旅立ちました 面会に行った 3日後に、
      最後に会えて 本当に良かったと 今も
      思います。
    • 3. かりん
    • 2021年01月21日 19:11
    • 面会、上手くいったようで何よりです。
      お母様も、じっと見ていたご様子で良かったです。
      きっと伝わりましたよ。

      昨日今日は冬の北陸にはありえない程の晴天で暖かくて…2日続けて散歩に誘い出しました。
      青空が綺麗で眩しくて、雪を踏み締める音が心地好くて、母と二人で椿の花を眺めたりして幸せな一時でした。
      特に今日はちょっと遠回りして墓掃除もできて、母も大満足で晴れやかな顔でした。
      築48年の実家のベランダ修理にいくらかかるかな…と心配してた私の心も晴れてきて、いくらかかろうとこうして母が心配しないようこっそり修理できるのも親孝行の1つ、親子で雪景色楽しみながら散歩できるのも親孝行の1つ…と噛み締めながら散歩しました。

      やがては来るであろう日に、少しでも自分なりに頑張ったと、後悔する事が1つでも減りますよう願いながら…
    • 4. あんず
    • 2021年01月22日 00:17
    • にゃんズの母 様、こんばんは。

      スケッチブックの使用は、そのときに書いて見せるには
      時間がかかり過ぎてしまい、母を混乱させてしまうようです。
      やはり、前以て書いておき、見せる方法が一番だと思いました。
      同じ施設にお母様がいる知人は、次回、ホワイトボードを
      持って行くと言っていました。
      施設ではWiFi工事をして、リモート面会出来るように
      するらしいのですが、母にリモートが出来るかな・・・。

      母も在宅のころは、トイレは介助しないとダメだったのです。
      それが、施設に入ってから、私以外の人の手を借りたくない
      という意地が、ベットの上を這ってポータブルを使うという
      ことを取得したようです。
      だから、美代母様も、施設に入れば違うようになられますよ。

      一昨日、一緒に面会をした兄に言わせると、母達のような
      ちょー高齢者にワクチンを接種すると、逆に副作用が出る
      のではないかと。
      でも、私は、そうなったそうでいいし、おっしゃるように、
      症状が重症化しなければいいとも思うのです。
    • 5. あんず
    • 2021年01月22日 00:27
    • ケイ 様、こんばんは。

      スケッチブックの活用は、思った通りでした。
      母の横で、スタッフさんが読んでくれたおかげもあるのですが。
      姪は、2月の面会には時間を作ると言っていました。
      顔を見ておけば、後で、どうして、あの時と、思わずに
      済むだろうと思うからです。
      コロナ禍ですから、施設内でのお別れは無理かもしれないと
      思うからです。
      「おばあちゃんとお父ちゃんが迎えに来てくれるねん」
      とお母様が言えるのは、死が怖くないからですね。
      仏教の信仰がある友人が、同じことを言ってました。
      「両親と会えるから、死ぬことは怖くない」と。
      私は、まだ、そこまで言えないのです。
      コロナ禍でなければ、面会にせっせと行って
      後悔しないようにしたでしょう。
      今は、面会したら、何かあればと覚悟をする、
      そんな感じです。
      大阪も大変な状況ですね。
      早くコロナが収束しますように。
    • 6. あんず
    • 2021年01月22日 00:36
    • かりん 様、こんばんは。

      面会の最後に、自分は家ではなくここなんだという
      感じだったので、胸が痛みました。

      母娘の晴天の中の散歩。
      いい時間を過ごされましたね。
      築48年・・・。維持も大変ですね。
      お母様が存命の間は、修理をしつつ、ということですね。
      でも、それも親孝行かもです。
      苛立つことも多いでしょうが、穏やかな時間もあると
      それを思い出して、お母様と過ごしてくださいませ。
      それにしても、大雪!
      どうぞ、体調を崩されませんように。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット