明日の2月20日は飼っていたM.ダックス、
ブーケの命日です。

M.ダックス、つまりミニチュアダックスで、標準
体重は、4.5~5kg。

少し足の大きな子で、8㎏まではいいでしょうと
獣医さんから言われていました。

ところが、虹の橋へ逝ってしまったときは、12㎏
ありました。

スタンダードダックスでも、9~12kgなのに。

このころ、母は認知症でしたが、まだ、短時間で
あれば、留守番を頼めました。

アタクシの外出中に、母はブーケが欲しがるまま、
ビーフジャーキーをあげていました。

ブーケの体重が増えすぎていることは、獣医に
一緒にに立ち会い、注意を受けたこともあり
ました。

ビーフジャーキーを袋ごと母に預けると、一度に
半分以上もなくなることも。

そこで、一日分だけ小袋に入れて

これは、おやつやから、規定量のこれだけを
あげていいけれど、これ以上はダメやから。

先生からも体重を減らすようにと言われてるやろ?

アタクシが言いましたら、

アナタってケチねえ。
だって、短い人生だもの、美味しい物をたくさん
食べたほうがいいでしょ。

と、母が答えました。

これを聞いたとき、母は変わってしまったと思い
ました。

ブーケは、太り過ぎで心臓に負担がかかり、
突然、9歳で虹の橋へ旅立ちました。


もっと強くアタクシが、ブーケの健康管理を
すべきだったと12年経った今も後悔しています。

021

Keep your social distance & Stay Home

きちんとしたマスク着用に、丁寧な手洗いに、
消毒を忘れずに。
なるべく、不要不急の外出は、やめましょう。
大切な人のため、自分自身のために。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. にゃんズの母
    • 2021年02月20日 11:54
    • こんにちは。

      みっちゃん母様のお気持ち、今のあたしの状態に似ています。
      あたしは悪いまま母で、桐ちゃんにせがまれるがままに、クリームを与えていました。
      先日、いつもの定期受診で、食べる量が増えてことを相談し、やんわりと叱られてしまいました。
      基本的に、主食のカリカリをきちんと食べているのであれば、おやつは必要なく、それを与えるのは人間のエゴ・・・食べてくれることを楽しんでいるに過ぎない。
      と、ここまで言われました。

      あれから、心を鬼にして、与えることを我慢しています(苦笑)
      とは言え、いきなり何も無しでは可哀想なので少量にし、回数を減らしています。
      段々に、全く無しにしようと思っていますが、正直辛いです。

      動物の健康管理も親(飼い主)次第。
      まだまだ長生きしてほしので、あたし次第です。
    • 2. あんず
    • 2021年02月22日 16:02
    • にゃんズの母 様、こんにちは。

      せがまれる仕草は可愛いものですよね。
      犬にしても猫にしても、太り過ぎは心臓に負担がかかります。
      突然の心臓麻痺で亡くすと、カリカリだけでは可哀想だけれど、
      やはり、心を鬼にしてと思います。
      そそ、いきなり、何もなしは可哀想ですが、
      少しなら・・・
      でも、美味しそうに食べるのをみると、あげたくなりますね。
      母が「短い人生なんだから」と美味しいものを食べせたい。
      一理あるんですよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット