母と同じ施設(特別養護老人ホーム)に入居
した知人のお母様がおられます。

母と同じ96歳になられるのですが、90歳を
過ぎても、アメリカにいる孫娘のところへ
単身、遊びに行かれていました。

しかし、歩行が徐々に出来なくなり、車椅子
生活となり、親子(母と息子)が話し合いをし、
施設へ入居することを選ばれました。

この施設を選ぶまでに、横須賀市内のこれは、と
思う施設にショートステイ、ロングステイをした
上で、お母様が、ここならと言われたそうです。

窓越し面会も、アタクシ達と違い、携帯電話で
それこそ、窓越しにまとも?な会話が出来たとの
こと。

ちゃんと、欲しい物があると息子である知人に
手紙があるそうです。

その手紙に、同じユニットの男性の認知症が
進行していて、見ているのがつらいと書いて
あったとのこと。

他人様の認知症が進んでいると理解出来るのは、
大丈夫と思っていると知人からメールがきました。

母には他の方がどうなっているなんて思って
ないでしょうし、第一に自分が認知症である
とも思っていない。

実際にココちゃんのお母さんの認知症は相当
進行しているのですが、全く、どこ吹く風。

母は自分の行く末がそこにあるとは思って
いませんし、そのお母様のようにつらいという
感情も持っていません。

認知症は神様の贈り物という所以でしょうか。

001


アメリカに住む知人の娘さん家族は、新型
ウイルスワクチンを接種が終わっていて、
旅行が出来るようなったそう。

夏には日本に一時帰国出来るかもとか。

身近に接種が終わったと聞くと、収束を
感じますが、アメリカと日本の違いもある
とも。


Keep your social distance & Stay Home

丁寧な手洗いに、消毒を忘れずに。
飲食はいつものメンバーで静かに。
話をするときは、マスク着用で。

ウイルスは自分で動くことはできない。
その感染は、人がウイルスを運ぶことによって
広がっていく。だから、一人一人の自覚が大事。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. かりん
    • 2021年04月05日 21:23
    • あんず様、「朝市に寄付」…
      目から鱗…私の心にすとんと落ちました。
      ありがとうございます。そう思えば腹も立たない…

      なのに、昨晩母はお怒りモードの電話で言いたい事をまくしたて、私の説明もろくに聞かず勝手に電話も切ったもんだから、めっちゃ私も腹が立つやら、イラつくやらで…

      怒らずに行こうと思ったものの、案の定同じ話になり、私の正論をまくし立ててしまいました。
      私はちゃんと困らないだけのお金は、いつもあんたの財布に補充しとる‼️
      何に使ったか覚えてないのは、あなたです‼️朝市で使ったのもあなたです‼️落としたのか、お金出し間違えたのか、お釣りもらい忘れかわからんけど、自分でしたことやろ⁉️などと…

      言い過ぎたと思っても後の祭り…
      「そんな、お金出し間違いしたり、お釣りもらい忘れたり、私まだそんなに馬鹿になっとらんと思うわ…」とぽつり…

      きっとまた私は、母の自尊心をズタズタにしてしまったのでしょう…
      「寄付をした」…これからはこの考えで心落ち着けることにします。
      ほんとにやはりこちらで、あんず様のコメントや皆様のコメントで心救われます。感謝です。

    • 2. あんず
    • 2021年04月07日 00:03
    • かりん様、こんばんは。

      認知症が様々あるように、介護もそれぞれですね。
      きっと、母が変形性膝関節炎を患っていなければ、
      買い物も自分で行くと言ったでしょう。
      その点、トイレへ行くだけで大変でしたから
      お金に関する悩みは、物盗られ妄想だけで済みました。

      ご本人が「お金を出し間違ったり、貰い忘れることない」と
      おっしゃっていることから、お買い物に出るに際して、
      必要な額だけと思われて、家のどこかへ置いて行ったとは
      考えられませんか?
      これも、従姉が言っていましたが、伯母が亡くなってから
      実家を片付けていたら、えーっ、こんなところからお金(お札)が
      出てきてびっくりすることが多かったそうです。
      引き出しではなく、重ねた本や雑誌の間にあったりしたと
      言ってました。
      束ねた新聞紙の間など、おちおち、捨てられなかったとも。
      お掃除する振りをして、調べてみては如何ですか?
      出てくるかもです。

      「朝市に寄付した」という考え方は、当事者ではないからで、
      もし母がそうだったら、私もギャンギャン母を責め立てたと
      思います。そして、そのあとの自己嫌悪・・・。
      介護をする皆さん、一緒です。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット