鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: アーカイブス

ときどき、銭湯に行っています。アパートのバスタブが深めなもので、お湯を溜めるのが大変。特に、冬は、銭湯に行ってしまうほうが簡単。昨日は、母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を届けて、荷物もなし。そういうときは、山の上のアパートに帰ると出て行くのが億劫に ...

認知症とは、それが一つの病気ではなく、脳の神経細胞が減って脳が小さく委縮してして起こるアルツハイマー型認知症や、レビー小体の変化によるレビー小体型認知症、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によって起こる脳血管性認知症等の病態のことを言います。ここで、認知症と ...

認知症初期の母の言動を残しておいたはずのヤフーブログを不注意にも、移行せずに消えてしまった・・・。だから、思い出したときに、残しておこうと思います。あれ?、ちょっとおかしいかも?と思ったのは、平成16年頃のこと。その内容は、一昨日のブログに記しました。おか ...

昨日は水曜日。週に一度の耳鼻科への治療と定例の女子会で東京へ行っていました。定例の女子会、もう10年近く続いています。女子会の中では、一番年上のアタクシ。当時は、50歳ちょい出たところ。ですから、アタクシの下の年代の女子達は、アラ還となっています。そのうちの ...

アナタ、アタシに関係なく、外出すればいいじゃあない。アタシは、家で寝ているだけなんだから。デイやショートステイへ行く日が近づくと、毎度毎度、母と言い争いをしました。ママを一人にして、出かけられへんねんよっ母は何故、自分が一人で家に居てはいけないのかと訊ね ...

このページのトップヘ