鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: アーカイブス

母の浴衣の記事から、思い出したことがあります。アタクシは18歳まで、兵庫県宝塚市仁川で育ちました。関西にお住まいの方には、おわかりでしょうが、ショッピングは、梅田に出るか、三宮に出るかでした。梅田は、阪急百貨店、地下鉄に乗って心斎橋大丸。そこまで行っても欲 ...

今朝、頂いたコメントに返信をしていたとき、思い出したことがあります。在宅介護中に起きた、アタクシ自身の怪我。怪我と言えば、右手首を骨折したし、その前に数針縫う切り傷も負いました。あれは、母が乳がんの手術をするために入院する日の前夜のこと。なんで、そういう ...

ときどき、銭湯に行っています。アパートのバスタブが深めなもので、お湯を溜めるのが大変。特に、冬は、銭湯に行ってしまうほうが簡単。昨日は、母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を届けて、荷物もなし。そういうときは、山の上のアパートに帰ると出て行くのが億劫に ...

認知症とは、それが一つの病気ではなく、脳の神経細胞が減って脳が小さく委縮してして起こるアルツハイマー型認知症や、レビー小体の変化によるレビー小体型認知症、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によって起こる脳血管性認知症等の病態のことを言います。ここで、認知症と ...

認知症初期の母の言動を残しておいたはずのヤフーブログを不注意にも、移行せずに消えてしまった・・・。だから、思い出したときに、残しておこうと思います。あれ?、ちょっとおかしいかも?と思ったのは、平成16年頃のこと。その内容は、一昨日のブログに記しました。おか ...

このページのトップヘ