鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: 特養にて

昨日は、先日、亡くなられたナナちゃんのお母さんの娘さんがユニットに来られました。ジローの訃報を聞いたのと、外部の整体院との精算もあったからです。ナナちゃんを引き取るのかどうか、気になったので聞いてみました。母が亡くなってから、ここにくると、ナナは、私を避 ...

(母を今の施設に入所させるために、見せていた写真4年前のジロー)母の施設(特別養護老人ホーム)にいる犬達6匹。うち、3匹は施設に保護されたワンコ。そのうちの、M.ダックスのジローが昨夜、突然、虹の橋へ逝きました。アタクシも昨日は、母の集団リハビリがあり、ユニッ ...

この頃、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットのドアをあけると、すっ飛んでくるのは、マルキーのミック君。スタッフさんに聞くと、お母さんが入院され、ミックは、ただいまのところ、お留守番中。ドアを開ける、お母さんが帰ってきた!と、ばかりにやってくる。母の部 ...

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会で、ユニットに着く午後3時過ぎ、いつもリビングにミック君のお母さんと母と同郷のOさんがいます。ところが、ここ2週間ほどミック君のお母さんがリビングに出てきていません。そして、先日、見かけました。部屋の引き戸が少し開いて ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の定員は100名で、他に同じ建物内に20名のショートステイがあります。特養のユニットは、10名で1ユニット。犬の居るユニットが、2-1と2-2。猫のユニットが2-3と2-4。一般のというか、普通のユニットが3-1、3-2、3-3、3 ...

このページのトップヘ