鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 特養にて

母の施設(特別養護老人ホーム)の定員は100名で、他に同じ建物内に20名のショートステイがあります。特養のユニットは、10名で1ユニット。犬の居るユニットが、2-1と2-2。猫のユニットが2-3と2-4。一般のというか、普通のユニットが3-1、3-2、3-3、3 ...

或る日、施設(特別養護老人ホーム)の母の面会へ行ったとき、リビングに居たミック君のお母さんから声を掛けられました。ねぇ、聞きたいことがあるのよ。聞けば、いつも、お腹が空いているのだそう。ミック君のお母さんは、クリアな方だけれど、年齢からくるというか、ちっ ...

母のいるユニットに、新しく入所された方がいます。このユニット、犬の好きな方でないと入所することが出来ません。いやいや、好きだけでは無理だと存じます。とにかく、6匹もユニットで暮らしていますから、色々なことがあります。6匹の中のM.ダックスのジローは、もっとも ...

(先日、あまりの猛暑で、母の集団リハビリのあとで散歩に連れて行くつもりでした。散歩、まだなの?と言いだげな文福です。)母の居る施設(特別養護老人ホーム)は飼っている犬や猫を連れて一緒に入所出来るユニットがあります。1ユニットが10人単位で、犬のユニットと猫の ...

母が入所している施設(特別養護老人ホーム)には、犬と猫がいるユニットが4つあります。母がいるユニットでは、施設の保護犬3匹と、入所さんと一緒に暮らしている犬3匹、計6匹がいます。食事時は、それぞれ、ケージや部屋に居て、ユニットのリビングには出てきていません。 ...

このページのトップヘ