鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: 新型コロナウイルス

お仕事が好き過ぎて、勤めた先が給与不払いになっても、ずっと続けた友人がいます。給与が出ないのに、なんで、勤めるん?お人好し過ぎるんとちゃうの?給与は、いずれ貰えるし、自営のご主人と一日中、一緒にいるより、仕事がしたいと言ってました。あ、そうなんや。何をか ...

テレビを何気になく見ていたところ、落語家の立川志らく師匠によく似た、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授の紹介に、思わず、賛同しました。危険なことわからんやつはとっとと感染しちまえ。そんな“過激”な注意喚起のツイートが、話題を呼んだことで有 ...

アタクシが住んでいる、ここ衣笠のアパートの眼下には、規模の大きな介護施設があります。衣笠駅から歩いて帰宅する際は、この施設内を通らせて貰い、端にある100段近い石段を使うとアパートの横にたどり着きます。夜中、ベランダから下を見ると、事務室の電気がいつも、点い ...

今日は、真夏日(最高気温30℃)が全国で299地点もあるという暑い日でございました。コロナ禍がなければ、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行き、冬用のかけ布団と夏用を取り替えていました。入所の際には、「今まで使われていたものをそのまま、持ち込んでも構いません」と ...

週に一度、耳鼻科の治療に外出ているのですが、或る時、四谷に住む友人とかけカツ丼を売りにしているカツ屋さんにランチに出掛けました。まだ、緊急事態宣言が出される少し前だったと存じます。すでに、3密にならないように飲食店はそれぞれ工夫していました。カウンターしか ...

このページのトップヘ