鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: 日々の出来事

今回は、最初にアタクシのことを。今日は、久々の血液内科の診察の日でした。昨年12月に耳鼻科で好酸球性副鼻腔炎と判明し、これで、異常な好酸球の数値の理由になって、血液内科とも、おさらばかと期待していました。現在、週に一度、いつものクリニックで治療をしてもらい ...

アタクシも還暦を過ぎて、未来より過去のほうが、長くなりました。記憶がある子供の頃からのことを、つらつら、思い出していくと、フタを開けたくないことが、いっぱい。青春期あたりにあるはずの反抗期が、社会人になってからで、ハメを外しまくりました。母に相当の心配を ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の餅つきのあった日のことでございます。お餅を丸めるて、餡にからめるというボランティアをしていました。写真のように、エプロンをして、バンダナを三角巾にしてマスクをしておりました。作業が一段落して、母を餅つきの会場へ連れてこよう ...

施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行って一番困るというか、大変なのは、会話。母は、エンドレスなことは言うけれど、まだ、アタクシが言ったことに返事が出来ます。だからと言って、会話はピンポン的にはいきません。アタクシが期待するような答えが出てこない場 ...

今日は火曜日。施設(特別養護老人ホーム)のイベントである「喫茶 山科」のボランティアの日。それを済ませて、犬の文福の散歩へ行き、戻ってくると集団リハビリの開始時間の4時近く。あら、アナタね。よかった。このまま、寝ていてもいいのよね?こういう母を、起こすには ...

このページのトップヘ