鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

その日、アタクシが母の施設(特別養護老人ホーム)に到着したのは、午後5時のこと。計画では、午後4時からの集団リハビリに参加するつもりでした。そのためにお泊りグッズの中に母の運針用のお針箱を入れておりました。しかし、後で聞くと、作業療法士さんが風邪を引いたと ...

みっちゃんさんは、ウナギがお好きですよね?スタッフリーダーさんから言われました。ウナギは大好きですよ。さいいざんす。在宅介護中も、丑の日にはわざわざ、五反田の鰻屋さんに電話で注文し、お弁当にしてもらっていました。そんなに食べられないから一折でいいだろうと ...

ここは、施設なのよね。母をいつものように、集団リハビリに参加させるために車椅子を押しているとき、突然、ボソッと言いましたアタクシは一瞬ギョッとして、オタオタしてしまいました。はてさて、どう、返事しようかと。うん、まあね。でも、ここにはお医者様がいるからね ...

先日、持っていったサクランボを思いっきりお腹いっぱい食べた母。その際に、ギョッとしたことがございました。食べ終わった母は、サクランボの実の筋のようなものが歯に挟まったらしゅうございまして。指を口のなかに入れて、何とかしようとしておりました。どうしたん?ア ...

今日のことでございます。母の施設(特別養護老人ホーム)では、平日水曜日を除く、平日は午後4時から一階の地域交流ホールで集団リハビリをしています。数人が集まって、それぞれが出来ることをしたり、イベントに合せて工作したりしています。最初、母は折り紙を、それが ...

このページのトップヘ