鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

午後6時現在のテレビの天気予報によると、静岡県に上陸しそうな様子です。こうしている間も、ヒューヒューと風の音がします。一昨日、施設(特別養護老人ホーム)に居る母に台風が来ることを話しました。第一声が、アタシはどうなるの?大丈夫!、ここ居るのが一番安心なん ...

昨日、母の施設(特別養護老人ホーム)では2年に一度の監査が終了し、作業療法士さんもやっと、集団リハビリに戻ってきました。なんで、アタシがこんなことをしなきゃ、なんないのよぉ!!いつものように、大声で悪態をつく母。それを聞いて、あらら、と笑う猫の佑介君のお母 ...

約1年前に、施設(特別養護老人ホーム)の自分の部屋でベットから立ち上がって転倒し、右膝を強打した母。その後、なんとか、立つことは出来るものの、完全に車椅子生活になってしまいました。それまでは、昼間は、リビングに座っていることが多い生活だったのが、今は、食事 ...

夕方5時過ぎになると、母の居る施設(特別養護老人ホーム)では、夕食の配膳が始まります。母のユニットでは、寝たきりの症状の方はおらず、リビングに集まって食事になります。アタクシの面会も、その5時を目途にしています。今日も、午後4時50分に、さ、お夕飯やから。ちゃ ...

いつもの時間に、施設(特別養護老人ホーム)に居る母のところへ面会に行きました。午後4時過ぎ、ベットに横になっている母の子守りはテレビ。そのときの番組の内容は、「幻の里いも」の収穫が明日から始まるというもの。神奈川県の開成町で取れる「開成弥一芋」アタクシが思 ...

このページのトップヘ