鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 徒然に想うこと

先日、夜勤担当のスタッフさんと立ち話をしました。洗濯物を家で洗っておられるんですね。母の居る施設(特別養護老人ホーム)では、専用の洗濯室があり、頼むと手洗いもしてくれています。洗濯物を家に持って帰る理由には、二つあります。一つは、施設の洗濯だと綿100%だと ...

テレビの天気予報で、「この連休の~」という言葉で、ああ、15日の敬老の日と翌日の振替なんねとわかりました。いやいや、現在、15日は普通の日曜日で、9月の第3月曜日が敬老の日だそうで。「敬老の日」の由来は諸説あるものの、593年9月15日に聖徳太子が身寄りのない老人の ...

突然に・・・。介護に関しては、殆どの事例が「突然に」で始まることが多かったと思うし、これからも多いのだろうと推測します。施設(特別養護老人ホーム)に居る母は、現在、立ち上がることは出来ても、歩行は出来ないという状態です。しかし、まだ、内容的にはよくわから ...

9月に入っても、日差しは真夏と変わらず、バス停から母の施設(特別養護老人ホーム)に着くと、汗びっしょり。ユニットのリビングで一休みしてから母の部屋に行くも、暑さが抜けていないようで。アナタの様子では、外は暑そうね。そうや。9月だけれど、まだ、真夏や。まあ ...

海外ドラマのなかで、認知症を患う母親を息子が引き取って同居するシーンが出てきました。治療薬を飲みやすいようにとジュースに入れ、母親に渡すと、飲みたくないという。よく効くからと、無理やり飲むように勧めると一気に飲んで、そのあと、口をアーンする。そこまで要求 ...

このページのトップヘ