鬼娘の介護日記

認知症で96歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で6匹の犬達のいる特養で5年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、今はコロナ禍で面会禁止。思わぬ展開にオロオロしている鬼娘の日々の日記です。

カテゴリ: 徒然に想うこと

トイレットペーパーが少なくなったとき、母と同じようなことをやっているアタクシがいました。と、書き出したのですが、ふと、違うことを思い出しました。トイレが間に合わない母が、リハビリパンツを勧めても、嫌がっていた時期がありました。それじゃあ、尿取りパットはど ...

「認知症は100人いれば、100通り。2人と同じケースはない」最期まで一人暮らしができる人とは?認知症であってもひとり暮らしができる人には、いくつか共通点があるという。Webで婦人公論.jpのこの一文を見て、興味を持ちました。独居ができる人に共通するポイントは?長年、 ...

母と同じ施設(特別養護老人ホーム)に入居した知人のお母様がおられます。母と同じ96歳になられるのですが、90歳を過ぎても、アメリカにいる孫娘のところへ単身、遊びに行かれていました。しかし、歩行が徐々に出来なくなり、車椅子生活となり、親子(母と息子)が話し合い ...

テレビの街頭インタビューを聞いていたとき、違和感というか、そういう言い方はないのではと思った言葉がありました。何の話題についてかは忘れてしまいましたが、「痴呆」何の話題で、そんな言葉が出てきたのか、覚えていないのですが、テレビの街頭インタビューで、中年の ...

このところ、「マンガ認知症」を読んでいます。今日は、耳鼻科で花粉症今シーズン最後のゾレアという注射を打ってきました。往復の電車の中で、読んでいるのですが、本にカバーをかけず、そのままで。少し前まで、「認知症」という文字が見えないように本にカバーをかけたも ...

このページのトップヘ