鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 病気

施設(特別養護老人ホーム)に居る母の薬のことが気になったのは、ユニットのスタッフリーダーさんからの減薬の話しからでした。在宅介護中は、母の健康に関することには、地域提携医との相談の上で処方されていました。大腿骨骨折で入院して以来、老健(介護老人保健施設) ...
| 病気

今日、水曜日は施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会には基本、行きません。何故なら、毎週火曜日は施設のボランティアで行くので、必然的に翌日はお休み。友人とのランチなど、用事があると水曜日に充てています。しかし、今日はワンコのお散歩ボランティアとして施設 ...
| 病気

施設(特別養護老人ホーム)にいる母が、夜中ポータブルトイレへ移ろうとして、転倒したらしく、右膝を強打して、約1ヶ月になろうとしています。昨日、整形外科へ受診したそうでした。やはり、一番最初の診断名と同じ「偽痛風」ということでした。初めて聞く、「偽痛風」・・ ...
| 病気

一日、リビングで過ごされるとお疲れが出るみたいです。昨日、ユニットリーダーさんと話をしました。今回の発熱は、体力が少し落ちて疲れたかららしいのです。熱が収まった今でも、お食事の後、入浴の後、など、日に2回ほど、ベットで横になって頂くようにしました。すっかり ...
| 病気

なんとなく、しんどいと言って、ベットで寝ているのだろうかと思いつつ、母のユニットに入りました。母はリビングに復帰していました。横須賀の、この特養(特別養護老人ホーム)に入所して、2回目の発熱でした。前回は、「お熱が出ました。」と言われてから面会に行く度に、ク ...
| 病気

このページのトップヘ