鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 鬼娘

「薬を服用したかを憶えていない・・・」のは、母のことではなく、鬼娘であるアタクシのこと。昔、亡くなった義姉の実母が、施設に入所したきっかけは、過剰に薬を飲んで救急車騒ぎになったらからです。義姉によると、当時、独り暮らしをしており、風邪を引いて具合が悪くな ...
| 鬼娘

初めて入る病院の、会計を待つ待合は、朝、9時半だというのに、すでに超満員、それも、殆どがお年寄りばかり。総合受付で、内科の初診申し込みを済ませて、待合に行くと、これまた、息子、娘が同行し、順番を待っている老夫婦が多い。アタクシの隣にも、父親を連れた男性がい ...
| 鬼娘

母の居る施設(特別養護老人ホーム)では、毎日、洋服は取り替えて下さっています。先日、母の靴下にアイロンを当てていて思いました。色褪せもしていますし、全体にクタクタ感も出てきました。靴下の中には、施設に入所する前、大腿骨を骨折して入院した5年前の物もあり、少 ...
| 鬼娘

「やっちまった」鬼娘でございました。母の施設(特別養護老人ホーム)のある横須賀も今日は、午後4時過ぎに雷雨でした。母の集団リハビリで、施設に来ていたアタクシは犬の文福の散歩をリハビリ終了後にしました。雨はあがり、道路は水たまりだらけ。文福は水たまりも躊躇な ...
| 鬼娘

若い頃、自宅で料理教室を主催し、今は趣味で同級生を始め、友人・知人のそのまた友人にと友達の輪で、振る舞いランチを月一で開催してくれるクラスメイトがいます。6月の或る日、その月一のランチに参加したときのことです。その時は、彼女の中・高校時代の茶道の先生もお ...
| 鬼娘

このページのトップヘ