鬼娘の介護日記

認知症で95歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけました。ターミネーターの如く蘇り、今は元気で5匹の犬達のいる特養で4年目を迎え、過ごしています。まだまだ、介護卒業とはいかず、面会時間をなるべく短くと思う鬼娘の日々の日記です。

タグ:リハパン

その日、母の施設(特別養護老人ホーム)に行くも、面会の時間潰し代わりの集団リハビリがお休みとなってしまいました。お昼寝をしていた母の上体を、おやつの時間と称して、ベットの背を立てました。実際に、おやつはプリンでした。午後4時過ぎのテレビの情報番組を見ながら ...

今回は、排泄というデリケートなことを話題としますので、ドン引きされる方もおられると思います。ごめんあそばせ。母の施設(特別養護老人ホーム)では、排泄については、ルーチン化されており、さらに、1日の量と質は、きちんと個別にメモされています。それで言うと、母の ...

認知症であっても、最後まで残る性格がありますよ。みっちゃんさんがお元気なのは、その、気の強い性格にあるかもしれませんね。帰り際に、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんと話をしました。母は施設に入所してから、在宅介護中にあった排泄に関する問 ...

いつものように、おやつの時間に施設に行きました。スタッフさんから、そろそろ、おやつですよとお声掛けをしようと思っていたところです。とのこと。この頃、母は午前中と午後に、小一時間ほど、居室のベットで横になっているようです。覗くと、かなり、本格的に寝入ってい ...

もうじき、シンデレラタイム。洗濯機のスイッチを入れました。ほんの少しのベン君ですが、シーツを汚してくれました。それも、夕飯前と、さっき就寝前の2回。さあ、身体も拭いたし、あとは、リハパンを替えるだけと、母をトイレへ行かせてみると、シーツにベン君が!リハパン ...

このページのトップヘ